就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーヨガの効果とは?赤ちゃんと自宅でできるやり方をご紹介!

ベビーヨガの効果とは?赤ちゃんと自宅でできるやり方をご紹介!

赤ちゃんとの触れ合いタイムはどうしていますか?言葉を交わしてコミュニケーションをとることができない赤ちゃんのうちは、スキンシップをとって親子の絆を深めることが大切です。そこで今回は、親子の愛情と信頼関係を深める「ベビーヨガ」について、自宅でのやり方や簡単なポーズをご紹介します。

ベビーヨガとは?特徴とメリット

赤ちゃんと一緒にできるベビーヨガ

「ベビーヨガ」とは、赤ちゃんとママ(またはパパ)が親子でスキンシップを楽しみながらできるようにプログラムされたエクササイズです。

ヨガにも様々な種類があり、赤ちゃんにヨガのポーズをとらせるプログラムもありますが、赤ちゃんを抱えてゆらゆらと揺れたり、ママの背中に乗せたりなど、赤ちゃんとママが触れ合いながら一緒にヨガのポーズを行うのが特徴です。

スキンシップを通して親子の信頼関係を深める効果があると言われています。

ヨガのポーズをとるだけでなく、普段なかなか意識して触れることのない赤ちゃんの腕や脚に触れて、全身を使ったスキンシップを楽しみます。ベビーヨガは体を動かして鍛えるというよりも、赤ちゃんとのスキンシップを楽しむものと言えます。

ベビーヨガによる「赤ちゃん」へのメリット

ベビーヨガは赤ちゃんにとって様々なメリットがあります。

【脳の発達を促す】
赤ちゃんは体に触れられることで触覚が刺激され、脳の活性化を促します。また、体を動かすことによって脳が刺激されることが分かっています。

【運動能力の向上】
ベビーヨガでは普段の生活であまり使わない筋肉を動かすので、いろんな動きができるようになり、筋力もついてきます。脳や筋肉の発達によって運動神経を高めます。

【免疫力が上がる】
ベビーヨガで適度に体を動かすことで血液やリンパの流れを促し、体に栄養が運ばれることで免疫力が向上します。体に栄養が行き届けば、内臓も健康的に発達します。ベビーヨガは赤ちゃんの丈夫な体づくりに貢献してくれます。

ベビーヨガによる「ママ」へのメリット

ベビーヨガは赤ちゃんだけでなく、ママにも良い影響を与えてくれます。

【ストレス解消】
通常のヨガ同様、ベビーヨガでも深い呼吸を行っていきます。深い呼吸は副交感神経を刺激して、育児で休まることのないママの心を安定させ、体をリラックスさせてくれます。

【産後のシェイプアップ】
赤ちゃんと一緒にほどよく体を動かすことで妊娠出産で生じた骨盤の歪みをとり、脂肪燃焼にもつながります。呼吸と共に動くことで血液やリンパの流れがよくなり、体の回復にも貢献してくれます。

【赤ちゃんの成長・気持ちが分かりやすい】
ベビーヨガで触れ合うことで赤ちゃんの成長や体の様子がよく分かるようになります。また、コミュニケーションをとることで赤ちゃんの感情を理解しやすくなります。

ベビーヨガを始める前に知っておきたいこと

ベビーヨガは何歳からできるの?

ベビーヨガは生後1カ月頃から始めることができますが、首がすわる前の赤ちゃんは手足を動かすだけでも一苦労なので、ベビーヨガの動きが赤ちゃんにとって負担になってしまう場合があります。

赤ちゃんの成長具合や、ママの体の回復具合にもよるので、赤ちゃんの首すわりが完成してからか、もしくは1カ月健診のときに医師に相談することをおすすめします。

ベビーヨガを楽しめるのは、一人歩きを覚える1歳半~2歳頃までが一般的とされています。それ以降は、親子で一緒にいろいろなポーズをとっていく「親子ヨガ」もおすすめです。

ヨガに限らず、リトミックやダンスなどで親子一緒に楽しめる習い事を始めて、子どもが大きくなってもコミュニケーションをとっていきたいですね。

準備するものは?服装はどうする?

ベビーヨガを行うときの服装に決まりはありませんが、ママは赤ちゃんに合わせて体勢を変えやすいように、Tシャツやサルエルパンツなど体を締めつけない動きやすい服装を選ぶといいですよ。

赤ちゃんの服装は薄手のものを選ぶと動きやすいのでおすすめです。手足を動かしやすく通気性が良ければ普段の部屋着でOKです。

水分補給も必要ですので赤ちゃん用のミルクやママの飲み物などは忘れずに準備しましょう。

部屋は体を動かせる程度に片付けをしてマットや滑らない敷物を敷きます。

ベビーヨガを始める前に赤ちゃんの体を軽めにマッサージをします。「今からベビーヨガをしようね」と声をかけながら、赤ちゃんを寝かせた状態で、手足やお腹、背中などをさすってほぐしてあげましょう。

ベビーヨガを行うときに注意することは?

赤ちゃんの体調や機嫌がすぐれないときは、ベビーヨガを行うのは控えましょう。

お昼寝の前や、授乳・ミルク・離乳食などの食前や食後すぐは避け、食事をとってから1時間~2時間経ってから、赤ちゃんが活発に動くタイミングを見計らって行うといいですよ。

ママも含めてですが、食後すぐに行うと食べ物が消化しきれずに吐いてしまう場合があるので注意してください。

予防接種を受けた場合は、24時間以上経過してからにしましょう。

また、赤ちゃんの食欲がなかったり、普段より便や尿の回数が少なかったり、赤ちゃんの元気がないように感じるなど、いつもとは様子が違うようであれば、ベビーヨガは控え、無理せずゆっくり休むようにしてください。

自宅でできるベビーヨガのポーズ4選

深い呼吸でリラックス「丹田呼吸」

丹田呼吸はヨガの基本的な呼吸方法です。ゆったりとリラックスして行うことで、赤ちゃんとママの精神を安定させます。また、産後の回復を促す効果もあります。

1.ママはあぐらの姿勢で座り、赤ちゃんをママの足の上に座らせます。
2.座骨を立てることを意識して肩の力を抜きましょう。
3.胸を膨らませるように鼻から大きく息を吸います。
4.息を止め、胸からおへその下に空気を落とすようにお腹を膨らませます。
5.お腹をへこませることを意識しながらお腹の空気を全て出し切るイメージで息を吐きます。
6.3~5を繰り返します。

丹田呼吸

バランス感覚を養う「ローリングバック」

ママの背骨を柔軟にしてコアを鍛えます。赤ちゃんの平衡感覚がそなわってバランス感覚の発達にも効果的です。ローリングバックはコロコロと大きく体を動かすので、赤ちゃんが楽しんでいる表情が見られるかもしれません。

1.ママは膝を立てて体操座りをします。
2.ママの足の甲の部分に赤ちゃんを座らせます。
3.赤ちゃんの胸がママのすねに当たるように体をそわせて、赤ちゃんの背中で指を絡ませてしっかり支えます。
4.赤ちゃんを支えたまま、ママは背中を丸めて後ろに転がります。
5.コロコロと体を前後に揺らします。

高橋由紀さんの動画でLesson ローリングバッグ&ブランコのポーズ

骨盤まわりを整える「おしり歩き」

骨盤まわりを整えることができる動きなので、産後のおしりまわりが気になるというママにぴったりです。赤ちゃんのバランス感覚を養いながら、親子の触れ合い遊びとしても楽しめます。

1.ママは両足を伸ばして座り、赤ちゃんは前を向くようにももの上に座らせます。
2.ママは背筋を伸ばし、つま先を天井に向けてかかとをグッとしずませ、両足を伸ばします。
3.骨盤をしっかりと立てて、坐骨を意識しながら左右交互におしりと足を動かして後退・前進を繰り返し行なっていきましょう。

産後のママヨガ ~骨盤調整~ Yogalog

最後の仕上げに「シャバーサナ」

ヨガの終わりと同様、ベビーヨガの最後にもシャバーサナを行いましょう。シャバーサナは体をどっしりと大地に預けるイメージで、ゆったりと深い呼吸を行います。赤ちゃんと一緒に気持ちを落ち着かせ、親子で穏やかな気持ちになっていくポーズです。

1.ママのお腹の上に赤ちゃんが仰向けになるように乗せ、ママも仰向けになります。
2.赤ちゃんが落ちないように体を支えながら目を閉じます。
3.ゆっくり呼吸をしながら体の力を抜いていきます。
4.3分~5分ほど深い呼吸を繰り返したらゆっくりと目を開けて上体を起こして終了です。

まとめ

ベビーヨガは赤ちゃんとママの心と体に良い影響をもたらしてくれます。今回紹介したポーズは自宅で挑戦しやすい簡単なものばかりなので、赤ちゃんの成長やペースに合わせてトライしてみてください。

紹介したポーズ以外にも様々なポーズや動きがありますが、首すわりが完成していない赤ちゃんにとっては負担になるものもあるので、首すわりが完成してから試されるのがおすすめです。

自宅で試してみてもっと本格的にやってみたいと思ったら、ベビーヨガ教室やスポーツスタジオなど通えるところを探してみるのもいいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

野々山 恭江

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018