就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

「マタニティコルセット」って何?必要な理由や様々なタイプを知ろう

「マタニティコルセット」って何?必要な理由や様々なタイプを知ろう

「マタニティコルセット」とはどのようなもので、どのような効果があるのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、マタニティコルセットの説明やその種類、妊娠中のママを悩ませる腰痛など、さまざまなトラブルとの関係性についても詳しく説明していきます。

「マタニティコルセット」について知ろう

マタニティコルセットは妊婦帯のこと

コルセットと聞くと、固くて頑丈な矯正下着のイメージがあり、妊娠中のママには適さないと思われる方も多いのではないでしょうか。実はマタニティコルセットとは、妊娠中のママがお腹に巻く妊婦帯や腹帯のことをさします。

妊婦帯は腹帯とも呼ばれ、近ごろはさまざまなタイプのものが販売されています。そのため、お腹の大きさやその日の活動によって、異なるタイプの妊婦帯を使い分けたり、複数同時に着用したりと、数種類お持ちの方もいるようです。

日本では昔から、安産を願って妊娠5カ月目の戌(いぬ)の日に妊婦帯を巻くという風習があります。この時期から妊婦帯を着用して、ママのお腹をしっかり守り、腰痛などのトラブルを回避できるとよいですね。

妊婦帯を着ける理由を知ろう

ママのお腹が大きくなってくると、前傾姿勢にならないよう体が自然とバランスをとり、上半身を反らせてしまう傾向があります。すると、背中や腰に負担がかかり、腰痛を引き起こす原因になってしまうのです。

妊婦帯はそんな大きくなったママのお腹を支えて、背筋や腰への負担を軽減してくれる役割があります。また、少しずつ緩んでくる骨盤を支持する働きがあるため、骨盤の歪みや恥骨痛を防ぎ、骨盤まわりを安定させることができるでしょう。

ほかにも、妊婦帯はお腹の冷えを予防する効果があります。妊娠中は血流が悪くなることが多く、体が冷えやすくなっているため、妊婦帯を着用してお腹を保温し、ママと赤ちゃんを冷えから守ることが大切です。

妊婦帯にはメリットとデメリットがある

妊娠中のママのお助けアイテムともいわれる妊婦帯。この妊婦帯にはメリットとデメリットがあるのをご存知ですか。

妊婦帯を着用するメリットとしては、ママの大きくなったお腹を妊婦帯で支えることにより、骨盤が安定して歩きやすくなります。また妊婦帯でお腹をホールドすると、保温効果が得られて冷えから体を守ることができるでしょう。

反対に、妊婦帯を着用するデメリットとしては、妊婦帯でお腹を圧迫する可能性があり、血行不良の原因となる場合があります。血液の循環が悪くなると、むくみや妊娠高血圧症の原因にもなりかねないため、産院によっては妊婦帯を推奨しないところもあるようです。

妊婦帯の着用は、自分の体とよく相談して決めることをおすすめします。

マタニティコルセットの種類は?

昔ながらのさらし布タイプは調節が利く

近ごろは妊婦帯の種類が豊富で、どのタイプのものがよいのか悩みますよね。人によって体型が異なるように、ママのお腹のかたちはそれぞれ違います。さらし布はそんな個人差のあるお腹に合わせて、無理なく調節して巻くことができるところが嬉しいですね。

さらし布は白くて長い綿素材のものが多く、そのまま1枚の状態でも二つ折りにしても使うことができます。生地が綿のため、吸水性に優れていて肌の弱い方でも安心して着用できるのが特徴です。

ただし、さらし布の巻き方にはコツがあり、慣れるまでに時間がかかる場合があります。うまく巻くことができないと、お腹をしめつけてママや赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるため、十分に気をつけてくださいね。

お腹を冷やさない!腹巻タイプ

腹巻タイプの妊娠帯はお腹の保温効果があり、着脱しやすいのが特徴です。このタイプは伸縮性に優れているものが多く、お腹をしめつける心配がないので、就寝中も安心して着用することができるでしょう。

しかしその反面、伸縮性があることにより、ママのお腹が大きくなってきたときに腹巻タイプの妊娠帯では、お腹を支えて骨盤まわりを安定させることができない場合があります。そのため、腹巻だけではもの足りなく感じる方もいるかもしれません。

そんな方向けに、近ごろは腹巻にサポートベルトが縫いつけられて一体化した妊婦帯が販売されています。このようなタイプのものだと、簡単に着脱ができてズレた場合もすぐに元の状態に戻すことができるのでよいですね。

動いてもずれにくいガードルタイプ

ガードルタイプは、たくさん種類がある妊婦帯の中でももっともズレにくく、体にフィットするのが特徴です。大きいお腹を下から支えられるよう、骨盤周辺に特別な縫製がされていたり、マジックテープで調整が可能なベルトが付いていたりします。

こちらのタイプは、下着を着用しなくても一枚で下着とガードル両方の機能があるため、夏場の暑さ対策に重宝するでしょう。またトイレのときの着脱がスムーズに行えるところも嬉しいポイントですね。

しかし、ガードルタイプはほかのタイプのものよりホールド感があることから、血流が悪くなる場合があります。お腹や足の付け根に圧迫感を感じるときや、就寝するときは着用を控えることをおすすめします。

腰痛対策にはマタニティコルセット!

体勢の変化や骨盤の緩みから起こる腰痛

お腹が大きくなるにつれ、重いお腹を支えるために自然と上体を反らせて、体のバランスをとっていませんか。するといつの間にか腰に負担がかかり、腰痛の原因になることがあります。

また、出産に向けてリラキシンというホルモンが分泌されることにより、ママの骨盤は徐々に緩み始めます。骨盤が緩むと、その骨盤を支えている筋肉やじん帯に負担がかかり、最終的に腰痛を引き起こす原因になってしまいます。

ほかにも、骨盤の緩みから骨格の歪みに発展する場合があり、それが原因で腰痛に悩まされる方もいるようです。腰痛はさまざまな原因から起こり得るので、マタニティコルセットを着用して、できるだけトラブルを回避したいものですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版