就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがよく寝る方法を伝授!上手な寝かしつけ方法や環境づくり

赤ちゃんがよく寝る方法を伝授!上手な寝かしつけ方法や環境づくり

赤ちゃんの寝かしつけで苦労しているママは多いですよね。寝たと思っても、またすぐに起きてしまったりするときもたくさんあるでしょう。赤ちゃんがなかなか寝てくれないのには、なにか理由があるかもしれません。ここでは、赤ちゃんが寝ない原因や、よく寝てもらうためのコツなどをご紹介します。

赤ちゃんの寝つきが悪い原因を知っておこう

昼と夜が逆転している

赤ちゃんは普段から寝たり起きたりを繰り返しているので、昼か夜かなんて関係なく過ごしています。また、生まれたばかりのときは、まだ視力もはっきりとしていないので、昼か夜かの区別はあまりできていません。

夜に長く寝てくれる日もあれば、ほとんど寝てくれない日もありますよ。昼のあいだにたくさん寝ていた場合は、夜あまり寝てくれないことが多いでしょう。それでも、生後3カ月頃になると、だんだん生活のリズムが身につくようになるので、夜に寝る時間も少しずつ長くなってきます。

また、おっぱいを飲みながら寝ている赤ちゃんは、しっかりと飲めていない場合があり、すぐにお腹がすいて起きてしまいます。あまり飲まずに寝てしまったら、ちょっとくすぐって起こして飲ませるとよいですよ。

うんちやおしっこでおむつが汚れている

うんちやおしっこでおむつが汚れていると、寝てくれないどころか泣きはじめることも多いでしょう。

寝ているときなら気づかないかもしれませんが、赤ちゃんはちょっとした音や風などでも敏感に反応します。眠りが浅いときに、おむつが汚れて気持ち悪くなったら、すぐに目を覚ましてしまうかもしれません。

寝かしつける前に一度おむつを替えても、寝たあとすぐにうんちやおしっこをすることもあります。とくに、授乳しながら寝かしつけたあとは、すぐにうんちやおしっこをする場合が多いです。目を閉じていても「ちょっとごそごそと動いているな」と思ったら、早めにおむつの中を確認してくださいね。

もし、おしりが汚れたままでかぶれてしまったら、痒さでさらに寝つきが悪くなってしまいます。

寝る直前まで遊んで興奮している

赤ちゃんは寝る直前まで遊んでいると、すぐに寝ようと思っても興奮してしまってなかなか寝ることができません。

大人でも明るい部屋でしゃべって盛り上がっていたあと、急に電気を消して寝ようと思ってもすぐに寝るのはむずかしいですよね。楽しさを思い出して眠くならないのではないでしょうか。

赤ちゃんも、寝る前に遊んでいたことを思い出したり、まだ遊びたいと思ったりと、無意識にいろいろ思っているかもしれませんね。実際に、脳は刺激を受けていますので、神経は興奮しているのでしょう。リラックスして寝るまでには、1時間ぐらいはかかることもありますよ。

また、寝る直前ではなくても、昼間に新しいできごとが起これば、寝るときまで覚えているようで、寝てくれないことが多いです。

赤ちゃんが朝までよく寝る環境作りをしよう

寝る前の部屋は暗く静かにしよう

赤ちゃんを寝かせるときは、寝る前から部屋を暗く静かにすることをおすすめします。

寝る前にたくさん話しかけたり、周りで騒がしくしていると眠気がさめてしまいます。また、寝る前に明るい場所にいたり、大きな音を聞いていたりすると脳が刺激されて、興奮するのでなかなか寝てくれないこともありますよ。

また、明るい部屋だと目を開けたときにいろいろ興味が湧いてしまい、まだまだ起きて遊びたいと思うかもしれません。暗くてあまり見えないぐらいが丁度よいでしょう。

ただ、昼と夜の生活のリズムをつけるためにも、昼間は赤ちゃんが寝ていても部屋を真っ暗にする必要はありません。顔に直接光があたらないように、カーテンを閉めたり電気を消したりするぐらいで大丈夫です。

いつもと同じ場所で寝かせよう

いつもと寝る場所が変わると、大人でも落ちつかないときがありますよね。赤ちゃんも同じように、いつもの場所で寝ることで1番安心できるのではないでしょうか。

夜寝るときはパパ・ママと一緒に寝室で寝て、昼間はママのいるリビングで寝かせているというママも多いですよね。いつも見えるところにいないと心配と思う気持ちもあるでしょう。でも、夜・昼にかかわらずいつも同じ場所で寝かせることで、赤ちゃんが自分の寝る場所として認識するようになります。

赤ちゃんは寝る場所を覚えると、1人でも寝られるようになってきます。また、まとまった睡眠時間をとれるようにもなるので、朝までぐっすり寝てくれることも。ママの負担を減らすためにも、ぜひ試してみてくださいね。

赤ちゃんが寝やすい室温にしよう

室温が肌に合っていないと不快感で、寝ていても目が覚めてしまいますよね。とくに、赤ちゃんは好きなように寝返りをしたり、寝る場所を移動したりして、調節することができないので目を覚ましやすいです。

赤ちゃんが暑そうに汗をかいていないか、寒くて手足が冷たくなっていないかなど、目で見て確認してあげましょう。赤ちゃんは大人に比べて体温が高いので、ママが丁度よい室温だと思っていても、暑いときがあるかもしれません。

また、部屋は涼しくて、赤ちゃんが汗をかいていないように見えていても、抱っこすると背中に汗をかいていることもあります。赤ちゃんは背中を下にして寝ていることが多いので、たまには、少し横に向けてあげるとよいかもしれませんね。

赤ちゃんがすぐに寝る方法やコツ

定番だけど効果抜群!子守唄を歌う

なかなか寝る気配のない赤ちゃんでも、案外子守唄を歌うとパッと寝てくれるときがありますよ。寝る直前のウトウトしているときにも子守唄は効果抜群です。

ただ、歌でもリズミカルな歌やノリのよい歌だと、眠気も覚めてしまうので、寝かしつけるときのためにいくつかスローテンポの歌を覚えておくとよいですね。

友人ママに聞くと、「自分が子どもの頃に、歌ってもらった記憶のある歌を歌っているけど、途中から歌詞が分からなくなる」といっていました。もし、途中で歌をとめると、赤ちゃんがまた起きてしまうかもしれません。歌詞を忘れてしまっても鼻歌で続けることをおすすめします。

寝るときには毎回子守唄を歌ってあげると、その歌を聴くことで赤ちゃんに寝る習慣がつきやすくなるでしょう。

同じリズムで胸などをトントンする

抱っこしながらや、添い寝しながら同じリズムで赤ちゃんの胸や背中などをトントンするのも、赤ちゃんを寝かしつけるのに効果があります。同じリズムで繰り返される刺激は、脳が慣れてくると緊張感がなくなり眠気を誘うからです。

赤ちゃんによって、トントンの強さやスピード、トントンする場所など、好みの場所があるので、日ごろから気持ちよさそうにしているところはないか見つけてあげましょう。

背中をトントンする場合は、意外に「こんなに強くトントンして大丈夫?」と思うぐらい強めにトントンしたほうが、寝てくれる場合もあるようです。また、背中や胸以外のも、おしりのあたりをトントンするとよいという話も聞きますので、いろいろ試してくださいね。

赤ちゃんの横で寝たフリをする

赤ちゃんは夜になって家族みんなが寝るときはあっさりと寝るのに、昼間は眠たそうにしていても寝てくれないときがありますよね。ママが起きていると思うと、甘えたい気持ちになっているのかもしれません。

そうかもしれないと思ったときは、赤ちゃんの横で寝たフリをしてみるとよいですよ。自分1人で寝るよりも安心感があり、自分も寝ようという気持ちになってくれるのではないでしょうか。

寝たフリをするときは、ママの心音を聴かせるように赤ちゃんにくっついて横になると、より効果的です。ただ、この方法はママも一緒になって本当に寝てしまうという話をよく聞きます。気がついたら、赤ちゃんがさきに起きていたなんてことがあるかもしれませんね。

まとめ

赤ちゃんが寝てくれない原因はいろいろありますよね。赤ちゃんをうまく寝かしつけるためには、寝かしつける方法だけでなく、ゆっくり眠れる環境づくりも大切です。

原因が分かれば、今まで時間のかかっていた寝かしつけも、スムーズにすることができるのではないでしょうか。今回ご紹介した方法を参考に、赤ちゃんの寝かしつけに役立ててください。

いろいろ全部試してみても、寝てくれないときもあります。ママは「どうして寝てくれないの~!」と嘆かずに、そのときは開き直ることも必要です。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018