就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の環境は将来に大きく影響する?子どもへの影響や親の心がけ

幼児期の環境は将来に大きく影響する?子どもへの影響や親の心がけ

家族の一員として子どもも参加する

ママがキッチンに立っていると、子どもが来てママのしていることに興味を示した経験があるママもいるでしょう。そんなとき、ママとしては「忙しいからあっちで遊んでいてね」といってしまいがちです。

もし可能であれば、子どもにお手伝いをお願いするのも名案ですよ。たとえば料理であれば、混ぜる、洗うなどの作業であれば小さな子どもでも手伝えますね。

大好きなママに「これを手伝ってくれる?」といわれると子どもは一人前として扱ってもらった気持ちになり嬉しく感じるものです。ママから信頼されていると感じられれば、子どもの自信へとつながります。

家庭内でママやパパの手伝いをするのが習慣になれば、自然と園や学校でも積極的に先生の手伝いをするようになりますよ。

親が間違ったら素直に謝る

ママもパパも人間なので、ときには間違った言動をとることもあるでしょう。子どもの手前、気恥ずかしくて何か言い訳をしてごまかしたり、そのまま間違いを押し通してしまったりする場面もあるかもしれません。

しかし親であっても、自分の間違いに気が付いたら素直に謝る姿勢を子どもに見せるのも必要ですよ。ママやパパが間違いをごまかしている態度を見て、子どもも間違ったことをしたときにごまかすようになるかもしれません。子どもは親の背中を見ています。

たとえ間違いを犯しても、きちんと謝ることが大切という姿勢をママやパパが例になって教えるようにしたいですね。ママやパパが素直に謝るのを見て、子どもも謝ることを学んでいきますよ。

環境が変化するときに気を付けたいことは?

環境の変化にストレスを感じてしまうことも

幼児期の子どもは非常に敏感です。大小様々な環境の変化にストレスを感じてしまうことがあるので、注意が必要です。

【ストレスのサイン】
・おもらし、おねしょ
・爪かみ、指しゃぶり
・夜泣き、歯ぎしり
・感情の起伏が激しい
・甘えたがる
・便秘や下痢
・食欲減退 など

引っ越しや、家族が増えるなどの明らかな環境の変化であれば、ママも気にかけているかもしれませんが、「ママとパパがケンカ中」「ママが忙しくて、親子の会話が少なくなってきた」「習い事が嫌になった」など、気付きにくい変化もあるでしょう。

様子がいつもと違うなと感じたら、まずは子どもの話に耳を傾けてみてください。ママに受け入れてもらえたという事実が、ストレス軽減につながるかもしれませんね。

幼稚園などへの入園で環境が変化すること

幼児期の子どもが経験する大きな環境の変化としては、「幼稚園・保育園への入園」があげられますね。生まれてからずっと、ママのそばで、ママに守られていましたが、入園することで初めてママと離れて生活することになります。当然、不安や恐怖など、多くのストレスを感じることになるでしょう。

また、初めて会うお友達と集団生活をするということにストレスを感じる子どももいると思います。「いじめっ子はいないかな…」「お友達はできるかな…」「おもちゃをとられたらどうしよう…」など、子どもなりの悩みがあるはずです。

入園してから新生活の環境に慣れるまで、しばらく時間がかかるという子どもも多いようです。そんなときママは、焦らずゆっくりと見守ってあげてくださいね。

ストレスを緩和するために注意したいこと

幼児期に過度なストレスを受けると、大人になってからの健康にも影響を及ぼすということが、医学的な研究で明らかになっています。子どもがストレスを感じていると気付いたら、ママはどんなことに注意すればよいのでしょうか。

子どものストレスを緩和するために必要なことは「コミュニケーション」です。幼児期の子どもは、まだまだママに守ってもらいたい、甘えたいという思いが強いもの。忙しくても家事の手を止めて、子どもの話に耳を傾ける時間を作ってください。

その際注意したいのは子どものいうことを否定しない、ということです。子どもの気持ちになって、共感するように心がけましょう。不安な気持ちをママに話してもいいんだ、ということがわかれば、安心して次の行動に移せるでしょう。

まとめ

幼児期の生活環境が、その後の人生に大きく影響するということがわかりました。もちろん人格には遺伝的な部分もありますが、暮らす環境によっても変化します。家庭、地域、幼稚園や保育園が連携して、子どもにとってよりよい環境を作っていけるとよいですね。

パパやママは、子どもにたっぷりの愛情を注ぎ、いつでも安心して帰ることができる場所にすることを心がけてください。子どもが幸せであることが、きっとパパやママの幸せにもなるのだと思いますよ。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND