就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがしゃべる時期と歩く時期はいつ?遅いときの対処法と注意点

赤ちゃんがしゃべる時期と歩く時期はいつ?遅いときの対処法と注意点

赤ちゃんが歩けるようにうながす練習法と注意点

歩けるようになるための練習は基本的に不要

赤ちゃんの1人歩きが遅い、伝い歩きはできるのに1人歩きがなかなかできない場合、ママは「歩く練習をしたほうがよいのでは?」と考えるかもしれませんね。

しかし、赤ちゃんがつかまり立ちや伝い歩きをしているのであれば、特別な練習をする必要はありません。伝い歩きなどを通して体が発達すると赤ちゃんは自然と歩くことができるようになりますよ。

また、体に十分な力が備わっていない状態で無理に歩かせようとすると転んでしまう可能性があります。赤ちゃんは頭が重いため、転んだときに頭や顔をぶつけるかもしれません。

転んだことがきっかけで歩かなくなってしまうこともありますので無理に歩かせようとせず、赤ちゃんが自然に歩くのを気長に待ってくださいね。

歩く練習をする前に部屋の環境を整える

赤ちゃんにとって一番の歩く練習法は、なんといっても伝い歩きをたくさんすることです。しかし、伝い歩きをすると行動範囲が広がり危険も増えてしまうので注意が必要です。

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになったら、伝い歩きを始める前に部屋の環境を整えましょう。

まず、赤ちゃんが自由に行動してよい範囲をベビーフェンスなどで区切ってください。赤ちゃんが過ごすエリアを囲んで作ってもよいですし、入って欲しくないエリアにフェンスなどを立ててもよいですね。

次に、赤ちゃんの手が届く範囲にハサミ、ボタン電池、電気ケトルなどの危険なものを置かないようにしましょう。また、キャスター付きの家具はキャスターをはずしておくと安全です。

足腰の力とバランス感覚を鍛える

1人歩きのために必要な足腰の力とバランス感覚は手押し車のおもちゃを使って鍛えることができます。

押すとおもちゃがカタカタとなるものやキャラクターものがあるほか、組み立て方を変えると三輪車のようになるタイプもあります。赤ちゃんがつかんでも倒れない安定性があるものを選んでくださいね。

また、ママやパパが赤ちゃんの両手を引いて歩いてみてもよいですね。「いっちに!いっちに!」と声をかけたり、行進のように足ぶみすると赤ちゃんも喜んで歩こうとします。

伝い歩きが上手になったら、つかまり立ちをしているときに少し離れた場所から呼んでみましょう。最初はすぐに尻もちをついてしまうかもしれませんが、繰り返すうちに1歩出るようになります。

まとめ

ママ友の赤ちゃんがしゃべったり歩いたりしているのを見ると「うちの子はいつになるかな」と不安になったり、体に異常があるのではないかと心配になったりするかもしれませんね。

しかし、赤ちゃんの発達は個人差があるため、同じ時期に産まれた赤ちゃんだからといって同じ時期にしゃべったり歩いたりするわけではありません。

ほかの子に比べて発達がゆっくりでもあせらずに成長を見守り、発達で気になることがあるときは保健師や医師に相談してくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND