就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児の特徴に合ったボール遊び!楽しく遊びながらルールを学ぼう

5歳児の特徴に合ったボール遊び!楽しく遊びながらルールを学ぼう

5歳児の運動や学習能力を高めるボール遊び

バランス感覚を養う「ピンポン玉レース」

お玉にピンポン玉をのせ、ピンポン玉を落とさないように運ぶ遊びがあります。友だちとチームを作り、レース形式にしても遊べます。足の速さよりも、ピンポン玉を落とさずに運ぶためのバランス感覚が必要となるため、普段運動が苦手という子どもでも楽しめますね。

チームごとに列を作り、先頭の子と2番目の子にお玉を持たせます。先頭の子のお玉にはピンポン玉を入れてスタンバイします。コースはスタートから折り返し地点を回って元に戻るようにしましょう。スタートと同時に先頭の子がピンポン玉を落とさないように進み、折り返し地点を回って戻ってきます。2番目の子のお玉にピンポン玉を移し、3番目の子にお玉を渡しますよ。早く運び終えたチームが勝利となります。

ドッジボールを楽しむために「中当て」

ママが子どものころにはドッジボールで遊んだことがあると思います。小学生になると多くの子どもが楽しむ遊びですが、ルールがやや複雑で幼い子どもには少し難しいですよね。ドッジボールを楽しむ前に、大まかなルールや遊び方が身につく「中当て」を行うとよいですね。

コートの外に2人の外野(または鬼)を置き、コート内の内野の子どもにボールを当てる遊びです。ボールを狙って投げることや、飛んできたボールを避けることを覚えられます。

中当てにはボールを当てた外野と当てられた内野の子どもが入れ替わるルールと、当てられた内野の子どもがコートを出て、内野が最後の1人になったら勝ちという異なるルールがあります。どちらがよいか話し合って決めるのもよいでしょう。

少し難しい「キック」や「ドリブル」

ボールは投げる遊びだけではなく蹴って遊んだりついて遊んだりもできます。サッカーを楽しむためには、キックや足を使ったドリブルができるようになる必要があり、バスケットボールを楽しむためには、ボールをつきながら進むドリブルをする必要がでてきますね。

投げる動作にくらべると、5歳ごろは足の動きがスムーズにできないことが多いため、蹴る動作やボールをつきながら進むドリブルは難易度が高く少し難しいといえます。うまくできないと嫌になってしまい楽しめませんので、少しずつボールのコントロール方法が身につくようサポートしましょう。

ドリブルは続けることが難しいため、少しでも長く続けられたら褒めましょう。何回ドリブルができたかを数えるのもよいでしょう。

まとめ

5歳ごろの子どもは体つきがしっかりとしてきて、ボール遊びも全身を使って楽しめるようになります。ルールのあるボール遊びを行うことで、ルールを守ることや挨拶を交わすことの大切さを一緒に身につけてゆくとよいですね。

ボールを投げる遊びにくらべると、サッカーやバスケットボールで必要となる、蹴りやつきといった動作をしながら進むドリブルは難易度が高くなります。うまくいかず嫌になってしまうこともあるため、少しできたら褒めて成功体験を重ねることで「もっとやりたい」と意欲が生まれます。繰り返し練習できると上達するでしょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND