就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと安全に添い寝しよう!添い寝の危険性や便利グッズのご紹介

赤ちゃんと安全に添い寝しよう!添い寝の危険性や便利グッズのご紹介

赤ちゃんと添い寝をしたいけれど、うまくできるか心配というママも多いですね。小さな赤ちゃんと安全に添い寝をするには守りたいポイントがあります。この記事では、赤ちゃんとの添い寝を安全にするコツと、スムーズに添い寝をするために役立つグッズをご紹介します。

赤ちゃんとの添い寝にはメリットいっぱい

夜のお世話がしやすくなる

赤ちゃんは夜泣きが多く、授乳やおむつ交換をしたりあやしたりなどが必要で、ママの負担は大きいものです。添い寝にはそういった夜のお世話の負担を少しでも軽減できるメリットがあります。

例えば、おっぱいが飲みたくて赤ちゃんが泣いているとしたら、すぐ隣で寝ているママは立ち上がって歩くことなくすぐに授乳をすることができますよね。どうしても起き上がりたくない場合は、添い乳という手段もあります。

同じ部屋ですぐ近くに寝ている場合に比べて、ママへの負担はあまり変わりがないようにも思われますが、このちょっとした距離の違いがお世話の負担を軽くしてくれるのです。赤ちゃんのお世話グッズを寝ているすぐそばに置くとより楽になりますよ。

スキンシップがしやすく安心感を与えられる

添い寝はママと赤ちゃんのスキンシップの時間となります。この時期にしか味わえない赤ちゃんのふわふわとした肌に触れると気持ちがよいですよね。ママがすぐ近くにいるということで、声や体温、鼓動などを感じられ赤ちゃんも安心感を持つことができ、ぐっすりと眠れるのではないでしょうか。

また、赤ちゃんの小さな息遣いはママにとっても癒しです。泣いてばかりの赤ちゃんにイライラすることもあるかと思いますが、寝ているときの赤ちゃんは見ているだけでも癒されますよね。隣で眠る赤ちゃんの寝顔とともに寝息の癒し効果で、毎日の疲れやストレスも吹き飛ぶでしょう。

スキンシップはほかにも赤ちゃんの成長ホルモンの分泌を促す効果があるようです。

寝苦しそうなときに早めに気づき対処できる

添い寝をしていると、赤ちゃんが寝苦しそうにしていたり、たくさん汗をかいていたりなどの目で見て分かる変化に気づきやすいですね。何かあれば必要な対処をすぐに行うことができます。

例えば、安心感を与えるために、背中を擦ったり抱きしめたりなどをしたいときはママが起き上がることなく対処することも可能です。

少し手を伸ばせば触れられるので、体温の確認もすぐにできます。ママも寝てしまうと、赤ちゃんの微妙な変化にすぐ気づけない場合もありますが、近いと気づけることも多いでしょう。

特に、生まれて間もないころの赤ちゃんは泣き声が小さいので、疲れて眠ってしまっているママに声が届きにくいです。添い寝が赤ちゃんの不快感を減らすことになるでしょう。

ママのお悩み・子育ての疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

添い寝するときに防止すべき三つの危険とは

赤ちゃんがベッドから転落する

近年は日本の住宅事情も変わり、畳に敷布団ではなく、フローリングにベッドを置いて生活する家庭が増えました。それもあって、増加しているのがベッドからの転落事故です。

布団と違ってベッドは床からの高さがありますので、赤ちゃんが万が一ベッドから落ちるととても危険です。打ちどころが悪ければ、後遺症が残ってしまったり最悪は命を落としてしまったりする可能性もあります。

基本的にベビーベッドには柵がついているので、転落の心配はほぼありません。しかし、大人用のベッドには柵はついていないので、大人用ベッドで添い寝をするときは転落防止に細心の注意を払いましょう。転落事故はベッドならではのものともいえるので改めて気をつけたいですね。

大人の寝返りで赤ちゃんを圧迫する

添い寝をするときに気をつけたいのは、転落事故だけではありません。実は、隣に寝ている大人が寝返りを打つことで赤ちゃんを圧迫してしまう可能性もあるのです。

ママやパパも深い眠りに入ってしまえば、無意識のうちに動く自分の手足や寝返りをコントロールすることはできません。大人の動きによって赤ちゃんが下敷きになり、その状況が長時間続いてしまったら…。大変なことになるのが想像できるのではないでしょうか。

特に首すわり前の赤ちゃんと添い寝する場合、こうした圧迫による窒息には十分注意が必要です。寝ながら添い乳する場合にママが授乳しながら寝てしまうと、そのまま赤ちゃんに覆いかぶさり窒息させてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

寝具で赤ちゃんが窒息する

大人用の寝具にも、赤ちゃんを窒息の危険にさらしてしまう可能性があります。一般的に大人用のベッドは赤ちゃん用のベッドに比べて柔らかく、赤ちゃんがうつ伏せになった場合に顔が埋もれ、気道が塞がるためです。

また、大人用の大きな掛け布団や毛布、タオルケットなどが赤ちゃんの顔にかかると同様の危険性があります。

特に、首すわり前の赤ちゃんは、苦しくても自分で顔の向きを変えてうまく空気を吸うことができません。自分の手を上手に使えない上に力もないので、顔に掛かった布団や毛布を自分で動かすということができないのです。

そのため、大人が気づくことができなければ、赤ちゃんが窒息してしまうという心配があります。
39 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版