就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと安全に添い寝しよう!添い寝に便利なグッズのご紹介

赤ちゃんと安全に添い寝しよう!添い寝に便利なグッズのご紹介

赤ちゃんと添い寝をしたいけど、うまくできるか心配というママも多いですね。小さな赤ちゃんと安全に添い寝をするには守りたいポイントがあります。この記事では、赤ちゃんとの添い寝が安全にできるコツと、スムーズな添い寝に役立つグッズを紹介していきます。

添い寝するときに防止すべき三つの危険とは

赤ちゃんがベッドから転落する

近年は日本の住宅事情も変わり、畳に敷布団ではなく、フローリングにベッドを置いて生活する家庭が増えました。そのため、増加しているのがベッドからの転落事故です。

布団と違ってベッドは床からの高さがありますので、赤ちゃんが万が一ベッドから落ちるととても危険です。打ちどころが悪ければ、後遺症が残ってしまったり最悪は命を落としてしまう可能性もあります。

基本的にベビーベッドには柵がついているので、転落の心配はほぼありません。しかし、大人用のベッドには柵はついていないので、大人用ベッドで添い寝をするには転落防止に細心の注意を払いましょう。転落事故はベッドならではのもの、ともいえるので改めて気をつけたいですね。

大人の寝返りで赤ちゃんを圧迫する

添い寝をするときに気をつけたいのは、転落事故だけではありません。実は、隣に寝ている大人が寝返りを打つことで赤ちゃんを圧迫してしまう可能性もあるのです。

ママやパパも深い眠りに入ってしまえば、無意識のうちに動く自分の手足の動きや寝返りをコントロールすることはできません。大人の動きによって赤ちゃんが下敷きになり、その状況が長時間続いてしまったら…。大変なことになるのは容易に想像できますよね。

特に首すわり前の赤ちゃんと添い寝する場合、こうした圧迫による窒息には十分注意が必要です。寝ながら添い乳する場合にママが授乳しながら寝てしまうと、そのまま赤ちゃんに覆いかぶさり窒息させてしまう可能性もあるからです。

寝具で赤ちゃんが窒息する

一般的に大人用のベッドは、赤ちゃん用のベッドに比べてマットレスが柔らかいです。そのため、大人用ベッドで赤ちゃんと添い寝をする場合に、赤ちゃんの体がマットレスに埋もれて気道が塞がり、窒息してしまうという可能性があります。

また、大人用の大きい掛け布団や毛布、タオルケットなどが赤ちゃんの顔にかかると同様の危険性があります。

特に、首すわり前の赤ちゃんは、苦しくても自分で顔の向きを変えることができません。また、自分の手を上手に使えない上に力もないので、顔にかかった布団や毛布を自分でどかすということができないのです。

そのため、大人が気づいてあげられなければ、赤ちゃんが窒息してしまうという心配があるのですね。

赤ちゃんのベッドからの転落を防止するには

ローベッドで転落の危険を減らす

生まれたばかりの赤ちゃんは受身がとれないので、40cmほどの高さのベッドからでも転落すると大怪我をする危険性があります。

こうした転落の危険を減らすには、布団を敷いて寝るのが安全です。とはいえ、布団の上げ下げをする必要があったり、床面の高さになるため寒さや埃が舞いやすいというデメリットがあったります。

そこで、転落の危険性を減らすには、ローベッドを使用するとよいでしょう。普通のベッドに比べて低いフォルムになるので、万が一転落しても大怪我をする心配が少なくなります。

寝るときは家族全員で同じ部屋で寝るという場合には、ワイドサイズのローベッドを選べば添い寝しやすく家族みんなで一緒に寝ることができるのでおすすめです。

ベッドガードは使用方法に注意する

大人用ベッドで添い寝をする際、転落を防止するための柵の役割を果たす道具としてベッドガードがあります。これは、大人用ベッドのベッドとマットの間に差し込んで使用するもので、寝返りなどによる転落を防ぎます。

ベッドガードがあれば手持ちのベッドをそのまま使用できるため、コストの面でも便利です。しかし、赤ちゃんがベッドガードとマットの間に挟まってしまうという窒息事故も起きているため、正しい使用方法を身につけることが大切です。

ベッドガードは使用しているベッドのマットレスの厚みや、サイズなどを考慮して適したものを選びましょう。隙間がないように、1枚の幅が短いベッドガードを複数枚組み合わせて使用するという方法もありますよ。

落ちたときの対策も万全に

ベッドガードで対策していても、なにかの拍子に転落してしまう…という可能性も考えて、万が一の落下に備えた対策もしておきましょう。

手軽なのは、ベッドの下に落下の衝撃を緩和する厚手のマットを敷いておくことです。ラグマットや厚めのジョイントマットを敷いておけば、硬いフローリングに比べて怪我の心配も少なくなります。

また、クッションを複数個敷いた上にバスタオルを広げておくという方法も手軽です。バスタオルを敷くことで、もしも落下してもクッションの間に挟まって窒息してしまう、ということが防げます。

ご家庭に余っているマットレスがあればマットレスを敷くのもおすすめです。平らである程度硬さがあるので、そのまま置くだけで使えます。

赤ちゃんの圧迫や窒息を防止できるグッズ

大人の寝返りも怖くないベッドインベッド

赤ちゃんと安全に添い寝ができるように、ベッドインベッドを使用するという方法があります。ベッドインベッドとは、名前のとおり、大人用のベッドに置く赤ちゃん用のベッドのことです。

「ファルスカ」というメーカーのベッドインベッドは、両脇に配置してある三角型のクッションによって赤ちゃんを大人の寝返りからしっかりガードできる形になっています。

クッションタイプなので対象月齢に合わせてサイズの調整が可能です。長期間使えるのもママにとってはうれしいですよね。

また、コンパクトに持ち運ぶことができるため、帰省や旅行先にも手軽に持っていくことができますよ。寝返りができるようになった赤ちゃんのうつぶせ寝も防げます。

大人のベッドにくっつけられるベビーベッド

添い寝による圧迫や窒息を防ぐため、専門家が推奨している方法は大人用ベッドの横にベビーベッドを並べて寝るというシンプルな方法です。

大人用ベッドとベビーベッドでは床からの高さが違ってしまうため、「添い寝」にはならない…という場合には、大人のベッドにくっつけることができるベビーベッドがおすすめです。

「大和屋」の「そいねーる プラス」は、大人のベッドの高さに合わせられるように床板の高さが9段階で調節可能なベビーベッドです。大人のベッドの高さ23~65cmまで対応できます。

大人用ベッドの横につけた状態でも、扉の取り付けと取り外しができるので安心ですね。脚にはキャスターがついているため、ママ1人でも移動が簡単ですよ。

布団での添い寝にはチェンジングプレイス

ベッドを使っていないという家庭で、布団での添い寝を安全にしたいと考えているママも多いでしょう。そんな布団派のママにおすすめなのが、「サンデシカ」の「チェンジングプレイス」です。

これ一つでさまざまな用途で使えるベビーベッドです。周囲を柔らかい素材で囲まれた赤ちゃん用のローベッドのような感覚で使えます。

持ち運びも楽にできるので、昼間はリビングに移動させてお昼寝スペースにもなりますよ。また、ソファーの形にチェンジすることもできるので、赤ちゃんが成長して幼児期になったら子ども用ソファーとして長く使えるのです。

折りたためばコンパクトに収納できますし、分解して洗濯できるから衛生面も安心ですね。

まとめ

赤ちゃんとの添い寝には、赤ちゃんがベッドから転落してしまう心配や、寝具や大人の体による圧迫、窒息といったさまざまな心配があります。

しかし、赤ちゃんがママやパパと一緒に添い寝をすることで、赤ちゃんに安心感を与えることができます。夜中の授乳やおむつ替えがスムーズにできるといったメリットもたくさんあります。

便利なグッズなどを使って赤ちゃんのベッドやベッドの周りを添い寝に適した状態に整えれば、安心して添い寝ができますよ。安全を確保して、家族で楽しいおやすみタイムにしたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR