就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママでもできるバストアップ方法!正しいケアで産前の胸を取り戻そう

ママでもできるバストアップ方法!正しいケアで産前の胸を取り戻そう

出産するまではハリがある胸だったのに、「卒乳してから胸が小さくなった気がする」と悩むママは多いのではないでしょうか。胸は女性の象徴でもあるので、いつまでもきれいな形を保ちたいですよね。ここでは、胸の形がくずれる原因や、出産後の忙しいママでもできるバストアップエクササイズなどをご紹介します。

卒乳後はなぜバストの形がくずれるの?

ホルモンの変化で胸が小さくなりやすい

卒乳してしばらくしたころに「あれ?前よりも胸が小さくなっていない?」と変化に落ち込むママはたくさんいるでしょう。では、どうして卒乳をすると出産前よりも胸が小さくなったように感じるのでしょうか。

女性は妊娠したときから女性ホルモンの分泌量が増えるので、生まれてくる赤ちゃんに母乳を与える準備をするために乳腺が発達します。乳腺が発達すると胸が大きくなるだけでなく、ハリを出るためママは嬉しいかもしれませんね。

女性ホルモンは出産してからの2~3日がピークに分泌され、そこからは卒乳に向けて少しずつ分泌量が減っていきます。母乳を作る量が減っていくと乳腺脂肪も減少するため、胸にハリがなくなり胸が小さくなるママはたくさんいますよ。

胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまう

先ほどご紹介したように、女性は妊娠や出産をするとプロラクチンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されるため、何もケアしていなくても胸が大きくなったり、ハリが出たりして嬉しいですよね。しかし、ホルモンの分泌によって乳腺が一時的に発達している胸は、卒乳とともに少しずつしぼんで小さくなります。

一時的にでも胸が大きくなると、クーパー靭帯と呼ばれる膨らんだ胸を支えている靭帯が伸びでしまいます。クーパー靭帯は伸びると元になかなか戻らないものなので、卒乳後に胸が小さくなるだけでなく「胸が垂れた気がする」という悩みを抱えるママは多いですよ。

クーパー靭帯が伸びると胸が垂れてハリを失ってしまうので、エクササイズやマッサージで予防しましょう。

ゆったりしたブラに体が慣れてしまった

妊娠中はきつめの下着や衣類の着用は体を締めつけてしまうため、控えたほうがよいですよね。しかし、妊娠中~卒乳するまでのあいだゆったりしたブラをつけていると、卒乳して普通のブラに変えるのに抵抗を感じませんか?

「普通のブラはきつくて体がつらい」「ゆったりしたもののほうが楽」など、締めつけがないほうが楽に感じますよね。しぼんで垂れた胸を元の胸に戻すためには、下から胸をしっかり支えられるタイプのブラがおすすめです。

ゆったりしたものだと支える力が弱いため、自然と胸が下に垂れる可能性が高くなります。少しつらいかもしれませんがずっと着用していると慣れるので、胸をしっかりカバーできるようにワイヤーが入っているタイプのほうがよいでしょう。

バストケアには下着の見直しから始めよう

ブラジャーをつけない生活から卒業

授乳中は昼夜関係なく赤ちゃんのためにおっぱいを出すので、お家の中でブラジャーを着けていないママもいるでしょう。「ブラジャーを着けると寝にくい」「ノーブラのほうが開放感があって過ごしやすい」と感じているママもいますよね。

しかし、家でブラジャーを着けないまま過ごしていると、胸が余計に垂れる可能性があります。ただでさえ授乳で少し胸が垂れている状態に重力がかかるため、先ほどご紹介したクーパー靭帯がさらに伸びてしまいますよ。

ノーブラで家事をこなす、子どもと遊ぶなど、活発に動くと、支えられていない胸は下に垂れるだけでなく横にも脂肪が流れます。いつまでもきれいな若々しい胸を保つためにも、ブラジャーはお家でも着用しましょう。

ナイトブラは授乳中でも使用できる

卒乳後にホルモンのバランスなどによって胸が小さくなるのは仕方がありませんが、少しでも妊娠前のきれいな胸の状態を保ちたいですよね。胸が垂れるのを防げるように、ナイトブラを活用しましょう。

ナイトブラを着用すると、胸が垂れたり、横に流れたりするのを防ぐ、胸を正しい位置で保てる、脇腹や背中のお肉をスッキリさせるなどのメリットがあります。また、ナイトブラは普通のブラジャーと比べて布の面積が広いので、ボディラインをきれいに見せる効果が期待できますよ。

ナイトブラの中にも授乳がしやすいストラップが外しやすいタイプや、前開きのタイプのものなどがあります。生地もお肌に優しいものを選べば、赤ちゃんにふれても安心でしょう。

授乳用ブラはサイズが合っているものを

授乳中のママは赤ちゃんがお腹を空かせたらいつでもおっぱいを出せるように、授乳用のブラジャーを活用する方が多いでしょう。授乳中は妊娠前と比べて母乳を作るために乳腺が発達しているため、胸が大きくなることがあります。

サイズが合ったものを着けられるように、授乳用のブラジャーを購入する場合はサイズを計り直したほうがよいでしょう。また、授乳時期によって胸の大きさが変わる可能性もあるので、ブラジャーのサイズ調整はこまめにおこなうことが大切ですよ。

フィットしていないものを使い続けると、胸の形が崩れたり、胸が垂れやすくなったりします。一度胸の形が崩れると元にはなかなか戻りにくいので、下着選びには気をつけたいですね。

バストアップが期待できる栄養素

女性ホルモンを整えるにはイソフラボン

先ほどご紹介したように、乳腺を活発化させるには女性ホルモンの分泌を促すことが大切ですよね。食事はママの体の健康を整えたり、美容効果が期待できたりするので、食事から様々な栄養を摂取しましょう。

大豆の胚芽に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと構造が似ていることで注目されています。先ほどご紹介したように、卒乳すると女性ホルモンの分泌が減ってしまうので、大豆や納豆、豆腐などを食べてホルモンバランスを整えることが大切ですよ。

イソフラボンの中には吸収されやすいアグリコン型と、吸収されにくいグリコシド型があります。吸収率をよくするためには、サプリメントで摂取すると効果が期待できるでしょう。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC