就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

毎晩赤ちゃんに添い乳してもよい?良し悪しを知り寝かしつけをしよう

毎晩赤ちゃんに添い乳してもよい?良し悪しを知り寝かしつけをしよう

毎晩添い乳をしながら、赤ちゃんを寝かしつけているというママは多いでしょう。ママにとって授乳の負担を軽減できるスタイルとされていますが、デメリットがないわけではありません。そこで今回は、添い乳に関するママが知っておきたいメリットとデメリットをご紹介していきます。

ママが赤ちゃんに添い乳をするメリット

ママと赤ちゃんのスキンシップになる

添い乳をする際は、ママが赤ちゃんに寄り添う姿勢となるため、赤ちゃんを間近で見守りながら授乳することができます。赤ちゃんにとっては、お腹を満足させるという生理的な欲求を満たすだけでなく、ママがすぐ側にいるという大きな安心感を得ることができます。そのため、赤ちゃんの精神状態が落ちつくでしょう。

添い乳している間、ママが赤ちゃんの頭をなでたり、背中やお尻を優しくトントンしたりするのもよいですね。寒い時期などはお互いの温もりが伝わって、心身ともに温まることができます。

添い乳をすることによって、ママと赤ちゃんのスキンシップの時間になります。赤ちゃんだけでなく、ママにとっても精神的な充足感が得られることでしょう。

産後のママの身体への負担が軽減される

生まれたばかりの新生児期は、授乳を頻繁にする必要があり、それは昼夜関係ありません。しかし、この時期は、産後のママの体調が回復しきっていない時期でもあります。

さらに、慣れない育児や睡眠不足によって疲れも溜まっているものです。そうした状況の中で、夜間に赤ちゃんが泣くたびに、布団から起き上がり授乳をするのは、ママにとって大きな負担となるでしょう。

夜間授乳の回数は、赤ちゃんの成長とともに少なくなるといわれます。しかし、中には月齢が上がっても頻繁に目を覚ます赤ちゃんもいるため、長期間大変な思いをするママも少なくありません。そういった場合に、添い乳なら起き上がらずに授乳ができるため、ママの夜間の負担が軽くなるでしょう。

せっかく寝ついた赤ちゃんを起こしにくい

赤ちゃんの中には、背中をトントンと軽く叩いたり、授乳後にそのまま布団に寝かせたりするだけでスムーズに寝つく子がいます。一方で、ママやパパが何十分も抱っこし続けなければ、なかなか寝つけない子もいます。

「ようやく寝ついた赤ちゃんが、布団に置いた途端に泣き出した」という経験はありませんか?寝つくまで時間が掛かると、ママやパパの身体にも負担が掛かりますね。しかし、添い乳であれば、赤ちゃんが横になった状態で、ママの温もりを感じたまま寝つくことができます。

抱っこでの寝かしつけと違うので「赤ちゃんを布団に置く」という動作がありません。寝ついた赤ちゃんを大きく移動させるようなことがないため、赤ちゃんを起こしてしまう可能性が低くなります。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

添い乳を毎晩することはデメリットもある

赤ちゃんの窒息や病気の心配

添い乳をすることで心配なのは「赤ちゃんの窒息」です。添い乳中にママが寝入ってしまうと、無意識で赤ちゃんに覆いかぶさったり、腕などで圧迫したりすることがあります。特にママが深く寝入っていたら、赤ちゃんを圧迫していることに気づけず、赤ちゃんが窒息してしまうかもしれません。

歯が生えてきたら「虫歯」も心配です。これは母乳そのものではなく、離乳食の食べかすが口に残っていることが原因で、食べかすが残ったまま授乳すると、虫歯リスクが上がるといわれています。

また、寝ながらの授乳となるため、うまくゲップができずに授乳後に吐いてしまうことがあります。吐いたり口からこぼれたりした母乳が耳管に流れ込み「中耳炎」を起こすケースもあるため注意しましょう。

赤ちゃんの寝かしつけや断乳が難しくなる

ママにとって負担の少ない添い乳ですが、赤ちゃんが添い乳で寝つくことに慣れ過ぎると、ほかの寝かしつけの方法では寝られなくなってしまうことがあります。そうなると、ママの体調不良時や単独でのお出かけなどで添い乳をお休みしたいと思っても、パパや家族に赤ちゃんのお世話を任せることが難しくなるかもしれません。

また、断乳や卒乳を考える時期が来ても同様です。寝かしつけには必ず添い乳であった赤ちゃんの場合、ほかの寝かしつけの仕方では眠り方が分からず、断乳や卒乳がスムーズにいかなくなる可能性があります。

そのため、添い乳以外の寝かしつけも試しながら、赤ちゃんがほかの方法でも眠りにつくことができるようにしたいですね。

ママが乳腺炎になるリスクも

誰にでも、寝ているときに「向きやすい左右どちらかの方向」があるでしょう。そして、その方向に合わせていつも添い乳をしてはいませんか?

決まった方向を向いて添い乳をしていると、同じおっぱいばかりで授乳することになります。すると、反対側のおっぱいは母乳が詰まったままとなるため、乳腺炎になるリスクが高まります。添い乳はつい楽な体勢をとりがちですが、左右満遍なく授乳するようにしてください。

また、添い乳だと赤ちゃんの乳首の咥え方が浅くなりやすく、しっかり母乳を吸うことができません。その際に飲み残した母乳が原因で、乳腺炎が起こることもあります。乳腺炎になりやすいかどうかは体質なども関係するようですが、誰にでもなる可能性はあるため注意したいですね。

添い乳での授乳をやめるタイミングは?

ママのタイミングでやめどきを決める

添い乳を続ける中で、ママの方が添い乳での寝かしつけを負担に感じたり、夜中に何度も添い乳をすることが辛くなったりする場合もあるようです。添い乳は「いつまでにやめなくてはいけない」という決まりはありません。したがって、赤ちゃんとママにとって負担のないタイミングを見計らい、ママが決めるとよいでしょう。

例えば、生後8~10カ月ごろ、夜間断乳のタイミングでの添い乳卒業や、歯の生え始める生後5~8カ月ごろに虫歯リスクを減らすため添い乳を卒業するケースなどがあります。

また、2歳ごろまで添い乳をしていたケースもあり、人によって違います。なお、1歳くらいまで夜間授乳するのは普通のことなので、無理矢理やめようとしなくても大丈夫ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事