就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの靴のお下がりはよくない?我が子に合う靴の選びのポイント

子どもの靴のお下がりはよくない?我が子に合う靴の選びのポイント

子どもが歩けるようになると外遊びが増えて、靴を履くことが多くなります。親戚や友達からお下がりの靴をもらうこともあるのではないでしょうか?今回は、子どもの靴の選び方の大切さや、お下がりの靴はどうしてよくないのかなど、分かりやすくご紹介します。

子どもの足の成長と歩く大切さについて

子どもの足の成長は早い

子どもの足の成長は、体の成長と同じで個人差がとても大きいです。「大きいサイズの靴を買ったから、長く履いてもらえるだろう」と思っていても、気づいたら小さくなっていたこともよくあるのではないでしょうか。

友人Aさんは2人の子どもがいますが、上の子と下の子では足の成長の早さが違ったそうです。上の子は成長がゆっくりで、一度靴を買うと長い間使えることが多かったそうですが、下の子は成長が早く、買い換えて何カ月かすると窮屈そうにすることも多く、1歳~5歳くらいまでの間に何回も靴を買い換えたと話してくれました。

また、上の子と下の子では足の形や指の長さも違うので、お下がりを使うこともできずそれぞれに靴を毎回買っていたそうです。ですから、あまり高い靴を購入せずに歩きやすさを重視して、お手ごろ価格のものを選ぶとあまりお金がかからなくて済んだと話してくれました。

最近の靴は見た目を重視しているものが多く、歩きにくかったりすぐに足が痛くなったりすることがあります。子どもの足がすくすく育つためにも歩きやすい靴選びが大切ですね。

「歩く」は健やかな成長を促す

昔は子どもがはだしで、公園や外で遊んでいる姿をよく見かけましたよね。しかし、最近は車社会になったことで道路はほとんどがコンクリートに舗装されて、子どもも外遊びが少なくなり、お家の中でゲームやネットをする子が増えてきています。

歩くことが減ると足の筋力や足のアーチが育たず、体幹バランスが崩れてしまいます。また、最近では運動量の少ない子どもが多いので、小さな頃から肥満になったり糖尿病になったりなど、様々な病気にかかる子も増えてきています。

子どもにとって歩くことは、子どもが健康に成長していくための大切なトレーニングです。運動機能を高めるだけではなく、足裏から様々な刺激を受けることで五感も健やかに発達します。

保育園や幼稚園によっては、はだしで土の上を走ることで、子どもを健やかに成長させるという教育方針で、はだし保育を行っている保育園や幼稚園があります。舗装された道路ではなかなかはだしで遊ぶことができないので、土の上をはだしで歩いたり走ったりする経験も子どもにとってはよい刺激になりますよね。

なぜ靴のお下がりはよくないの?

お下がりの靴は既に癖がついている

大人が1人1人歩き方が違うように、子どもの歩き方にも様々な癖があります。靴底を見ると分かりやすいですが、外側が減っていたり内側が減っていたりなど、履いていた子どもの歩き方によって靴にも癖がついていることが多いです。

数回しか履いていない新品に近いものならば、靴がすり減っていることも少ないのでよいですが、たくさん履いた靴のお下がりは履いていた子の癖がついているので、あまりおすすめできません。また、子どもの足も形が様々で横幅が広い子や、足の甲が高い子など個性があります。

ですから、サイズがピッタリのものでも、靴によっては窮屈に感じたり靴ずれしたりする可能性があります。お下がりではなく子どもに合った靴を選ぶことが大切ですよね。

合わない靴を履くと変形してしまう

大人は多少自分の足に合わない靴を履いても、気に入っていれば我慢して履き続けることもありますよね。しかし、子どもが足に合わない靴を履き続けると、足が変形してしまう可能性があるので注意が必要です。

人の足は26個の骨から成り立っています。子どもの場合は、ほとんどの部分が軟骨と脂肪でできているため、外部からの圧力がかかると変形してしまうなど、とてもデリケートなのです。7歳頃までに少しずつ大人のように硬い骨へと成長していきますが、それまでは正常な骨に成長する大切な時期なのですね。

「もったいないから」といって大きめの靴を履かせていると、しっかり地面を蹴って歩くことができないので、外反母趾や偏平足になる危険性があります。

衛生面でもお下がりの靴は注意が必要

子どもの足の成長は早いので、「親戚や友達などから靴のお下がりをもらったことがある」というママは多いのではないでしょうか?お下がりの靴は先ほどにもご紹介したように、履いていた子の歩き方の癖がついている以外にも、衛生面で注意が必要です。

友人の話では、親戚からお下がりでかわいい靴をもらい、喜んで子どもに履かせていたそうです。すると、数日後に子どもが水虫になってしまい大変だったと話してくれました。水虫は目に見えないので、どんなにかわいい靴でもお下がりを使用するのは危険なことなのですね。

数回履いたくらいのきれいな靴のお下がりは問題ないかもしれませんが、気になる方は中敷きを交換することをおすすめします。

我が子の足に合う靴選びのポイント

0.5サイズ大きめのものを選ぶ

「子どもの靴の選び方が難しい」と悩むママは多いのではないでしょうか。子どもの靴選びの際は、ピッタリのサイズから0.5サイズ大きいサイズにしましょう。子どもの足の成長は早いので、3~4カ月に1回はサイズを測りなおすと正しいサイズが確認できます。

また、子どもの足の形にも合わせて購入しなければなりません。子どもの靴を購入するときは、必ず子どもに試し履きをさせてママがサイズチェックをしましょう。靴を履いてから立ち姿勢にさせて、指先に大人の爪半分くらい(7~10mm)のゆとりがあるとよいでしょう。

また、よちよち歩きのときは、よくつまずくので足にフィットするやわらかい素材のものがおすすめです。1~2歳になると運動量も増えるので吸水性の高いものがよいですね。

かかと周りがしっかりしたものを選ぶ

靴選びで大切なのが靴のかかと部分です。子どものかかとから、くるぶしの辺りまでをしっかりと包んでくれるものがよいでしょう。

また、かかとがやわらかい素材だとかかとを踏んで歩きやすく、歩き方に変な癖がついてしまいます。かかとを踏んでも靴が変形しない丈夫なものを選ぶとよいですね。

友人は、靴を何回買いなおしても、子どもがすぐにかかとを踏んでしまう癖があり、悩んでいたそうです。しかし、サイズだけではなくかかと部分がしっかりしている靴を選ぶようになってから、子どもが靴のかかとを踏んで歩くことがなくなり、靴が今までよりも長持ちするようになってよかったと話してくれました。

サイズが合うことも大切ですが、かかとの素材もよく確認すると失敗が少ないですね。

長靴はジャストサイズを選ぶ

雨の日に長靴を履くと、特別な感じがしてウキウキしますよね。長靴は履く回数は普段の靴よりも少ないので、長く履けるように大きいサイズを選んでしまうママは多いのではないでしょうか。

しかし、大きい長靴を買ってしまうと、カポカポして歩きにくく転倒する可能性があるので危険です。もし、「長靴を購入したけど大きすぎた」という方は中敷きを敷くことをおすすめします。

また、長靴によっては重くて歩きにくいものもあります。歩きにくいと段差に引っかかったり、履くのを嫌がったりすることもあるので、長靴の重さにも気をつけて購入したいですね。雨の日に履くと外にお出かけしたくなるので、歩きやすい長靴を一緒に選ぶと天候が悪くても歩くのが楽しくなりそうですね。

まとめ

子どもの足の成長は「もうこんなに大きくなったの?」と、大人がビックリするくらい早く感じるものです。「すぐ大きくなるから」と、お下がりの靴を使うと、歩きにくかったり足の成長にもよくなかったりします。また、衛生面でもお下がりの靴は注意が必要です。

歩くことが楽しくなりたくさん外で遊べるように、子どもの足に合った靴選びをすることが大切なのですね。また、雨の日も親子で長靴を履いてお散歩を楽しむのも、よいかもしれませんね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018