就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育ては親の体力勝負!体力が落ちる原因と回復方法を紹介

子育ては親の体力勝負!体力が落ちる原因と回復方法を紹介

子どもがいると、自分のペースで行動することが難しくなります。疲れていても遊びに付き合ったり、習い事に連れていったり、子どものために動いている時間がほとんどではないでしょうか。風邪をひいたときは、何をするにもきついですよね。元気に子どもと向き合えるように、体力が落ちる原因と回復方法を紹介していきますね。

子育て中に「体力勝負」と思うときは?

抱っこやベビーカーでの買い物

出産前は一人で歩いて行動していたのが、出産後には子どもと一緒に行動することになるので、抱っこ紐やベビーカーでの移動が多くなります。

抱っこも最初のうちは軽いので、数時間の買い物も大丈夫だと思いますが、月齢が3カ月を過ぎてくると、ずっしりと重さを感じるようになってきます。歩く度に重さが体にかかり、肩や足腰が痛くなることもあるでしょう。

ベビーカーは抱っこ紐のように重さを感じることはありませんが、行きたい場所へ最短距離で行くことが難しくなります。エレベーターや階段の無い所を探し遠回りすることも少なくありません。

重たい、疲れたという理由で子どもを置いていくわけにはいきません。子育てが「体力勝負」と思うのは、こんなときかもしれませんね。

公園で走り回る外遊び

子どもが歩けるようになると、暖かく天気のよい日には、公園でも行こうかなと外出する機会が増えると思います。徐々にヨチヨチから色々な所に行けるようになると、ママも目で追えない範囲に行動が広がります。

子どもはいろいろなものに興味を持ちますが、すぐに飽きるのも特徴であり、その都度子どもの後を付いていかなければなりません。休むことを知らない子どもですから、家に帰るまでは動きっぱなしということもよくあるお話です。子どもよりも大人の方が先に疲れてしまい、子育ては体力勝負だなぁと感じる機会ではないでしょうか。

いつまで続くのか心配になるパパとママもいると思いますが、小学校3年生くらいまでは続くと思ってくださいね。日頃から体力作り頑張りましょう。

反抗期のイヤイヤ状態

子どもが大きくなるにつれて、魔の2歳(または3歳)児という言葉を聞いたことがあるでしょうか。今まで楽しく子育てをしてきたママも、最初にぶつかる壁がイヤイヤ期ともいわれています。

子どもによって、イヤイヤ期のある子もない子もいて、そのイヤイヤの仕方もそれぞれです。

1.泣き続ける子
2.怒って物を投げる子
3.場所構わず仰向けになってバタバタする子

イヤイヤされてしまうと、ママもドッと疲れが出てくることでしょう。まだ上手に言葉で伝えることができない子も多いですが、ほとんどの子がママのいうことを理解していると思います。先に「〇〇してよい?」とママから声をかけてあげると、イヤイヤが減るかもしれませんね。

なぜ子育ては体力が落ちやすいの?

まとまった睡眠がとれていない

子育て中に体力の落ちやすい原因の一つとして、睡眠不足を感じているママは多いのではないでしょうか。子どもがある程度大きくなり、寝る場所も別であったり、自分のことを自分でできたりする年齢であれば、少しはゆっくり眠ることが可能かなと思います。

小さい子どもを育てているママに関しては、まだ夜泣きがあったり、夜中にトイレや水飲みで起きたりと、その度に付き合っていると思います。自分のペースで、就寝や起床をしているママは少ないのではないでしょうか。

やはりきちんと睡眠をとらないと、頭も心も体もリセットされず、次の日に影響が残るといわれています。それが数カ月蓄積されると、体力が落ち、体調を崩すことに繋がっていくのではないでしょうか。

休みがなくて疲れがとれていない

子育てやママ業というのは休みがありません。毎日子どもと遊んだり、食事を作ったり、掃除洗濯をしたりと休みたいのに休めないのが実情かもしれません。

パパが帰ってきても食事の準備や洗い物があり、夜中は夜中で子どもが起きたときに付き合って起きなければなりません。結果、ママはゆっくりと休みを取ることができないということが分かりますね。自分の時間も無く、休みも取れないと疲れが取れませんよね。

一人で子育てをすることにならないように、パパと協力しておこないましょう。休みの日にご飯をつくってもらう、子どもと外に遊びにいってもらう、などパパにもできることはたくさんありますよね。その間に少しでも休みを取って、疲れを回復するようにできたらよいですね。

きっちりした性格も原因のひとつ

子育てには、正解も不正解もないと聞いたことありませんか。何をしたから正解、何をしなかったから不正解ということはありません。誰も、子育てに評価をする人はいないのです。

子どものやりたいことやわがままをすべて付き合っていたら、ママの体力はもちません。それでは体がいくつあっても足りませんね。できる限り、子どもの要求を叶えてあげたい気持ちは分かります。しかし、その想いが強いために、育児・家事に対してきっちりやらないと気が済まないのも、体力が落ちる原因の一つなのですよ。

譲れないところは頑張って、手が抜けるところは上手に抜くなどするとよいですね。子どもと向き合うことが苦にならないためにも、メリハリをつけて育児をすると楽になるかもしれません。

子育てママの体力を回復させる方法

睡眠時間をしっかり確保

夜に子どもに起こされて、なかなかまとまって寝られないというママは、子どもがお昼寝をしている時間に一緒に寝たり、子どもが帰宅する前にお昼寝をしたり、うまく時間を作って睡眠時間を確保するようにしましょう。

1時間でも2時間でも睡眠をとることで、心身ともにリフレッシュされます。ママが疲れていては、子どもに優しく接することも、一緒に遊ぶこともできませんよ。子どもはママが一緒に遊んでくれることや、笑顔でお話をしてくれて聞いてくれることが、とても嬉しいのです。

ママには子どものため、家族のためにしなければならないことがたくさんありますが、やはり何よりも睡眠時間は大切です。ママが元気だと、パパも子どもも、家族皆が笑顔になると思いませんか。

バランスのよい食事を摂る

子育てで日中から疲れてしまうと、食事も簡単な物になってしまいがちだと思います。しかし、そういうときこそ、好きな物でもよいので美味しく食べられる食事を作りましょう。

好きな物を食べるとき、気分が高まりませんか。体力を回復するには、気分の高揚も大事なのですよ。好きな物ばかりでは栄養がかたよってしまうかもしれませんから、ほどほどに取り入れつつバランスのよい食事を心がけてみましょう。

そして体力回復のために、普段食べていないデザートを楽しむのもよいでしょう。疲れていて体力がないときこそ、普段と違う楽しみをするとよいですね。子連れでの外食、カフェでの休憩などはなかなかゆっくり楽しめないと思いますので、子どもの寝た後の楽しみにするのもおすすめですよ。

家族に協力してもらって息抜きをする

日曜日から土曜日まで、朝から晩まで365日、ママ一人が育児を頑張ればよいものではありません。疲れたときは疲れた、一人の時間が欲しいなど、要望をしっかりと家族に伝えることが大事です。

たまには家族と離れて、自分の好きなことを少しでもやると、パワーがみなぎるものです。友達と会ってたわいもない話をしたり、カフェでまったりしたりと、普段の生活と違ったことをして楽しみましょう。

月に一度でもよいと思います。家族に協力してもらって息抜きをしましょうね。パパに数時間でも育児をしてもらうことで、子育ての経験にもなりますし、普段のママの子育ての大変さや楽しさを知るよい機会にもなるのではないでしょうか。お互いの大変さを理解すると、もっと思いやりが増えると思いますよ。

まとめ

子育ては体力勝負だと昔からいわれてきました。しかし大家族だった昔より、現在の核家族の方が、子育てのほとんどをママがやる状況にありますので、ママの体調と体力が本当に大事になってくるのではないでしょうか。

常に子どもと向き合うことも大事ですが、ママが毎日元気でいるためには、息抜きも必要です。人それぞれ息抜きの仕方は異なりますが、子どもと笑顔で楽しく接するためにも、頑張りすぎずパパの力を借りるなどして、休憩をとり、しっかり体力を回復してくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018