就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋は綿毛布で赤ちゃん快適!綿毛布の特徴や使い方と洗い方のポイント

秋は綿毛布で赤ちゃん快適!綿毛布の特徴や使い方と洗い方のポイント

お店に行くと、赤ちゃん用毛布がたくさん売られていますよね。綿、ポリエステル、アクリル、ウール、カシミヤ、シルクなど素材もさまざまです。種類が多いとどれがよいのか迷ってしまうママも多いと思います。その中でも今回は、天然素材で馴染み深い綿毛布の特徴や取り扱いのポイントなどを詳しくご紹介していきます。

綿毛布ってどんなもの?特徴を詳しく解説

天然素材の綿でできた毛布で触り心地がよい

昔から赤ちゃんには、「綿毛布」がよく使われてきました。綿毛布は、天然素材で下着にも使われるぐらいやわらかく、蒸れにくいうえ、保温にも優れています。

赤ちゃんの顔にふれたり、知らないうちに口でなめたり、くわえたりするかもしれないことを考えると、合成繊維や毛足の長いものは気になりますよね。そういった場合でも天然素材の綿毛布なら安心ですし、おばあちゃん世代では綿毛布をすすめてくる方も多いのではないでしょうか。

別の素材には、また別のよいところがありますが、安心して赤ちゃんにかけてあげることのできる毛布は綿毛布といえるでしょう。

綿毛布には、一枚仕立てと二枚仕立てがありますが、ベビー毛布は、軽い一枚仕立てになっているものが多いようです。

吸湿性が高く汗っかきの赤ちゃんにぴったり

「赤ちゃんは汗っかき」というフレーズを耳にしたことがあるママも多いと思います。赤ちゃんは夏だけでなく、冬の間も汗をかくことを考慮する必要があります。

赤ちゃんには、熱がこもらない吸湿性のよい素材のものが最適です。毛布や布団をかけすぎたり、服を着せすぎたりして体温が上がってしまった経験があるママも多いかもしれませんね。とくに冬は、寒いとかわいそうと心配になり、こういう状態に陥りがちです。

赤ちゃんは、大人の2倍の汗をかきますから、大人より1枚少なくてもよいのです。枚数が少なくても通気性が悪いと、湿気や熱がこもります。それを少しでも回避するためにも、化学繊維より綿毛布の方が、赤ちゃんは快適な眠りを得ることができるのです。

オールシーズン使える

綿毛布はアクリルなどの化学繊維の毛布とは違い、温度と湿度を適度に調節してくれるため、一年中使える毛布です。保温性だけ見ると、アクリルやウール素材の毛布より低いです。しかし、首回りまでかけても安心なのが天然素材のよいところですね。

また天然素材のため、静電気が起こりにくいのもメリットの一つです。赤ちゃんに使う上では、これは大きな魅力ではないでしょうか。

「春・秋・冬は分かるけれど、夏は必要ないのでは?」と考えるママやパパもいるかもしれませんね。しかし、最近では、夏は24時間冷房をつけたままという家庭も多く、寝ている時間が長い赤ちゃんにとって冷え過ぎてしまう心配もでてきます。その調節のためにも、綿毛布は夏も活躍するといえますね。

赤ちゃんすやすや!綿毛布の使い方と洗い方

かけ布団と相性がよく、1枚あると便利

出産準備として妊娠安定期や後期に入ると、ベビー布団一式を揃え始めるママも多いと思います。

ベビー布団はたいてい、セット売りされています。5点セット、7点セット、10点セット、11点セットなど予算や必要に応じてさまざまな形で売られていますが、敷布団、肌かけ布団(冬用と夏用)、布団カバー、シーツ、まくら、汗取りパッドは入っていても、毛布が入っているものは少ないです。

「冬用と夏用のかけ布団が入っていれば、綿毛布は必要ないのでは?」と思われるかもしれませんが、綿毛布は、冬はかけ布団との隙間を埋めて保温を保ってくれますし、夏は、お腹だけでも掛けておきたいときなどにも重宝します。

そのことからも、綿毛布は1枚は用意しておきたいですね。

綿毛布素材のスリーパーで寝冷えなし

赤ちゃんや子どもは、気づけば毛布を蹴飛ばしていることがあります。昼間はママが確認することもできますが、寝ている夜間だと気づかないこともあるでしょう。そこで、重宝するのが綿毛布素材のスリーパーです。

スリーパーは、寝ていると首や顔にも当たりますので、肌にやさしい綿毛布素材がおすすめです。スリーパーには、チャックとスナップの2タイプがあります。チャックは大きいサイズまでありますので、成長しても使えますが、ねんね期には、スナップの方がよいかもしれません。

スナップはチャックと違い、寝たままでもすべてのスナップが外せ、上半分のスリーパーをはがすことができます。ただ、脚力の強い赤ちゃんは、足の力でスナップを外してしまうこともあるので注意が必要です。

綿毛布を丸洗いしていつも清潔に

羽毛布団やウールの毛布などと違い、気をつかわずに自宅で洗えるのも綿毛布のよい点でしょう。

綿毛布のタグに「洗濯機マーク」「家庭洗濯マーク」「手洗いマーク」がついていれば、家庭で水洗いができます。洗濯洗剤のマークが「中性」や「中性洗剤使用」となっていればネットに入れ、おしゃれ着洗剤で洗いましょう。

普段、赤ちゃんの衣服は赤ちゃん専用洗剤で洗っているというママにとっては、普段は使わない中性洗剤で綿毛布を洗うことに躊躇してしまうかもしれません。

しかし、中性洗剤は一般的な洗剤より刺激が少ないものです。なかには赤ちゃん専用洗剤を使わず、最初からすべておしゃれ着洗剤で洗っているママもいるようです。

秋に使いたい、赤ちゃん用綿毛布4選

秋に使いたい、赤ちゃん用綿毛布4選

名入れが嬉しい「ファムベリー」

「ファムベリー」は、無料で名入れ刺繍をしてもらえる、綿100%商品の綿毛布です。文字はアルファベット(小文字か大文字)か、ひらがなで10文字までとなっています。アルファベットとひらがなの混合名入れは不可です。

サイズは、88×115cmで、毛布の上部と下部にパイピングが施されています。パイピング柄は、ピンク、ブルー、スター、車、水色ぞうさん、いちごうさぎの6種です。

マジックで名前を書くのと違い、刺繍名入れは消えにくいので、保育園で毛布の用意が必要なママにも人気があります。

その名のとおり「ふわふわ綿毛布」

大阪府の渡嘉毛織株式会社の「ふわふわ綿毛布」をご紹介します。

サイズは、70×100cmとなっています。こちらの商品は、綿100%ではなく、表面と裏面で素材が少し違っています。肌に直接触れる部分は綿100%ですが、中心部分の縦糸にポリエステルを35%使用しています。

柄は、ヒツジ(ピンクと水色)、ブタ、スター、ボーダー(水色とネイビー)、ドットなどがあります。また、同じ素材でスリーパーもあり、同じ柄で揃えても、別の柄で揃えてもかわいいのではないでしょうか。

肌に優しい「オーガニックコットン毛布」

赤ちゃんに使うものの素材には、こだわりたいというママも多いのではないでしょうか?そんなママに「オーガニックコットン毛布」をご紹介します。

日本製のオーガニックコットン毛布は各社で製造されています。メーカーによって、70×100cmのもの、85×110cmのものなどさまざまです。オーガニックコットンは、農薬を使わず育てられた綿を使います。漂白剤、柔軟剤、染色剤など余計な薬品を用いずに作られます。

風合いも滑らかな仕上がりとなり、肌触りがよいのが特徴です。

両面違う柄で楽しい「ナオミイトウ」

このシリーズは、表と裏の模様が違うのが特徴です。生産国は、日本・オーストリア・一部のみ中国などで、製品によっても異なります。また、綿100%のものとアクリル35%との混合のものがありますので、柄とともに素材も確認するようにしましょう。

サイズは、ブランケットが73×90cm、綿毛布が90×115cmとなっています。ほかにも、ベビーカーや抱っこ紐に取り付けるためのクリップがあるタイプとスリーパーが売られています。

柄は、カラフルなものや落ち着いたものがありますので、好みで選びましょう。

まとめ

綿毛布は、自然素材でできているため、昔から赤ちゃんに使われている毛布です。寝返りを打つ前なら普通の綿毛布でよいですが、動きが活発になると、はだけたり、蹴飛ばしたりするかもしれません。そんなときは、中に綿毛布のスリーパーを着せていると安心ですね。

合成繊維のものは安価で、ふわふわしているものも多く、暖かそうに感じます。しかし赤ちゃんのうちはできれば、肌に優しい天然素材の綿毛布の使用を考えてみたいですよね。

気に入った綿毛布を取り入れて、赤ちゃんと快適な秋を過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018