就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳児は好奇心のかたまり!子どもの知りたい気持ちを伸ばす方法

6歳児は好奇心のかたまり!子どもの知りたい気持ちを伸ばす方法

好奇心の強い子どもは、知ることへの喜びを知っているため、学習意欲も高いといわれています。子どもの発達に大きく関わる好奇心をどう伸ばすか、気になっているママは多いのではないでしょうか。6歳児の知りたい気持ちを伸ばすためのコツや、おすすめの知育グッズなどを紹介していきます。

好奇心を持つためのコツとそのメリットとは

そもそも好奇心とは何?

「好奇心旺盛な子どもはぐんぐん伸びる」というイメージがありますが、そもそも好奇心とはどういったものなのでしょうか。一般的に、好奇心は三つのタイプに分類されるといわれています。

1)拡散的好奇心
子どもがあらゆるものに興味を持つような、「知りたい」という気持ちをいいます。赤ちゃんが自分の手をじっと見つめたり、なんでも口に入れて確かめたりするのもこの拡散的好奇心です。

2)知的好奇心
拡散的好奇心から一歩踏み込んで、知識と理解を深めていくのが知的好奇心です。

3)共感的好奇心
物事に対してではなく、人の感情や考えに興味を示すのが共感的好奇心です。他人に興味を示すことで、コミュニケーション能力を高められます。

好奇心を持つことはプラスになることばかり

「もっと知りたい、理解したい」という知的好奇心を持つことは、子どもにとってプラスになることばかりです。自分から積極的に情報を得ようとする行動力や、理解しようとする集中力が高まり、脳の発達によい影響を与えるでしょう。

また、好奇心旺盛な子どもは「知ること」の楽しさを知っているため、学習意欲が高い傾向にあります。将来自主的に勉強に取り組む姿勢の土台となるため、ママが「勉強しなさい!」と注意する必要もないでしょう。

さらに、好奇心の強い子どもは常に「面白いことはないか」とアンテナを張って過ごしているため、活動的で生き生きとした印象を持たれやすいですよ。きっといつも楽しそうにしていて、周りから好かれる子どもに成長することでしょう。

子どもが興味を持ちそうな種をまくとよい

子どもの好奇心は無限にあると言っても過言ではありません。しかし、最初の一歩を踏み出すきっかけは、ママやパパが作るというのがポイントです。子どもの好みや性格から、興味を持ちそうな種をまいてみましょう。

そのとき無理強いすることなく、子ども自身が目を輝かせるものは何か、焦らずに一歩引いて見守ることが大切です。そして興味を示したものに対して、さらに詳しい情報を提供できるようにサポートします。

子どもがどんなものに好奇心を抱くのかは、親にも分かりませんし、子ども自身にも分からないことです。子どもと関わる時間は家事やスマホの手を止めて、子どもにしっかりと向き合ってください。たくさんの種をまいて、芽が出てきたタイミングを見逃さないようにしたいですね。

好奇心を伸ばすためにできることと注意点

好奇心の芽を伸ばすように陰で支える

子どもが興味を持ちそうな種をまいて好奇心の芽が出たら、それを見逃さずに芽を伸ばすよう、しっかりと陰で支えましょう。好きなものやこだわりのものができても、子どもはそれ以上に詳しい情報を自分で取得する手段を知りません。

そこで、パパやママがインターネットで一緒に調べてみたり、図書館に行ってみたりして、「知りたい」という欲求を十分に満たせるだけの環境を提供します。

子どもが知りたい情報が、ママやパパが思うポイントと違うかもしれませんが、それでもあまり追求せずに子どものやりたいように見守ることが大切です。子どもの「知りたい」という意欲を奪わないように、子どもの気が済むまでつき合うようにしてみてくださいね。

親も一緒に楽しんで物事に取り組もう

子どもに「ママこれ教えて!これ読んで!これなあに!」と同じようなことを繰り返し言われると、忙しいママは「またか…」とあきれ半分で答えてしまいがちです。しかし子どもの好奇心をさらに刺激するためにも、パパやママが一緒になって楽しむ姿勢を見せることが大切ですよ。

「それは気になるね。調べてみようか!」と親が積極的に関わることで、子どもの好奇心はどんどん伸びていくでしょう。子どもから発信がなくても、気になっていそうなことやおすすめしたいことなどは、パパやママが率先して取り組む姿勢を見せるとよいですよ。

「やってみて」と言うよりも、親が楽しそうに取り組んでいる姿を見せるだけで、子どもは「やってみたい!」という気持ちになりやすいものです。

好奇心が育たなくなるNGな言葉とは

子どもには好奇心旺盛に成長してほしいと願うものですよね。しかし多忙な日々の中で、つい子どもに言ってはいけないような言葉を発してしまうこともあるものです。

幼い子どもは時として、パパやママにかけられた言葉を重く受け止めることがあります。子どもの好奇心が育たなくなるような言葉を発しないよう、意識する必要があるでしょう。

〈子どもの好奇心が育たなくなるNGな言葉〉
・あなたにはまだ無理
・だからできないって言ったのに
・後にして
・この間も教えたでしょ?
・何度言ったら分かるの?

ついつい言ってしまいがちなワードばかりですよね。しかし、子どもはママに拒否されたという印象を持ち、深く興味を持つことを諦めてしまうかもしれません。

6歳の子どもの好奇心をくすぐる知育グッズ

知的好奇心をくすぐるのは「図鑑」

子どもの好奇心を育てる最高の知育グッズといえば「図鑑」です。子ども向けの図鑑なら、ひらがなが読めれば自分で読むこともできますね。また、DVDが付属している図鑑で視覚的・聴覚的に理解を深めることもできるでしょう。

最近はタブレット端末やスマートフォンアプリなどのサービスも充実していて、これからの時代にマッチした図鑑も多くなってきています。パパやママ世代も一緒になって学ぶことを楽しめますよ。

IT技術が進んだ時代に生きる子どもたちなので、なんでもすぐに調べられる便利さは知っています。しかし大切なのは図鑑で調べたことを、後で実際に目で確かめに行くということです。テレビやスマートフォンの画面では分からなかったことも、しっかりと確かめることができますよ。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事