就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園入園後の転職は大丈夫?行う手続きや保育園の連絡などを解説

保育園入園後の転職は大丈夫?行う手続きや保育園の連絡などを解説

子どもの保育園が決定して仕事復帰したものの、「思っていたように働けない」「スケジュールが厳しい」などの理由で転職を考えているママもいるのではないでしょうか。しかし、保育園入園後に転職しても大丈夫なのでしょうか。今回は保育園入園後に転職するときの手続きや、園への連絡などについて解説します。

保育園入園後に転職したいときはどうする?

基本的に仕事をしていれば保育園継続は可能

保育園は「家庭で保育ができない状態」であれば利用することができる施設です。

家庭での保育ができない理由としては「出産」「介護」「保護者の傷病」「就労」などがあり、内容によって優先度が変わります。なかでも「就労」は優先度が高く、保育園利用の理由としてはもっとも多いようですね。

入園後転職した場合、就労先や働いている時間などは変わるものの、「就労」という状態が変わるわけではありません。基本的に仕事をしていれば、保育園は継続可能ですので安心してくださいね。

ただし、就労時間が大幅に減ったり、就労形態が変わったりした場合、「家庭で保育が可能」と判断されて退園になることもあります。転職する前に継続のために必要な条件を確認しておくとよいでしょう。

転職活動は期限付きになるので注意

退職してから転職先を探すと、企業側の「明日からすぐに来てほしい」などの要望に応えることができるため、仕事探しを有利に進めることができます。

しかし、保育園には「退職から3カ月以内に就労しなければならない」というルールが定められており、就労できなければ退園となってしまうため注意が必要です。自治体によっては期限がさらに短いこともありますよ。

保育園は求職中でも利用可能ですが優先度は低く、求職中に保育園を利用できるケースはあまりないようです。待機児童が多い自治体では母子家庭などの事情がない限り、求職中の利用は無理だといわれています。

退職してから転職活動をする場合は、退職する前に期限を確認しておきましょう。

短時間勤務になると保育時間が変わることも

保育園の保育時間には「標準時間保育」と「短時間保育」の二つがあり、1カ月当たりの就労時間によって保育時間が決められます。フルタイムの正社員の場合、朝7時頃から夕方6時頃まで預かってもらえる「標準時間保育」になる場合がほとんどです。

しかし、転職して就労時間が短くなると、標準時間保育の認定に必要な基準に満たなくなる可能性があります。短時間保育の保育時間は、朝8時頃から夕方4時頃までが一般的です。

そのため、勤務先と保育園の距離や勤務時間によっては、早朝保育や延長保育を利用しなくてはならないかもしれません。延長保育などの利用で出費が増えるのは避けたいですね。

転職先を探す前に、保育時間の認定条件や保育時間を確認しておくとよいでしょう。

ゆっくり英語を馴染ませる「スカイガーデンプリスクール」の園生活

PR

小学校の英語教育が始まるとともに、子どもに小さな頃から英語を習わせたいと、習い事や園を考える方も多いと思います。今回、英語中心の園生活を通じて、子どもが英語を身につけることができる「インターナショナルプリスクール」の一つを取材してきました。

転職活動時にママがするべき行動は?

退職して転職活動の場合の保育理由は求職に

退職してから転職活動をする場合は、保育理由が「就労」から「求職」に変わるため、役所で変更の手続きを行わなくてはなりません。

保育理由が求職に変わると期限内に再就職しなくてはならないため、転職のめどがついてから手続きをしたいというママもいるでしょう。しかし、退職をしたらすぐに変更手続きを行ってください。

退職や転職の届を提出するときは、離職票などの提出を求められることがほとんどです。変更せずに保育園を利用していたことが発覚すると、最悪の場合、不正利用で即退園となるほか、保育園の再入園が難しくなることもあります。

また、保育理由を求職に切り替えたときは期限をしっかり確認し、求職中に提出しなければならない書類の有無も確認しておきましょう。

転職先が決まったら役所に証明書を提出

退職後・在職中に関わらず、転職先が決まったら、役所に「変更届」を提出してください。また、新しい勤務先で「就労証明書」などの証明書を発行してもらい、提出する必要があります。

在職のまま転職活動を行った場合、変更届の提出は退職後になります。退職から次の勤務開始まで1カ月以上ある場合は、就労証明書の提出予定日を伝え、問題がないか確認しておくとよいでしょう。

退職してから転職活動を行った場合、保育理由が「求職」となっており、就労開始の期限が定められています。手続きが遅れたせいで退園とならないためにも、転職先が決まったら速やかに手続きを行いましょう。

変更手続きに必要な書類は自治体によって異なりますので、事前に確認しておくとよいですね。

保育園には常に新しい情報を報告しよう

保育理由の変更や勤務先の変更などの手続きは役所で行いますが、変更があったときは保育園にも忘れずに伝えておきましょう。

例えば、ママの緊急連絡先が退職した勤務先のままになっていると、ママに連絡が来るまで時間がかかってしまいます。子どもを救急搬送しなくてはならなくなったときなど、連絡の遅れが処置の遅れに繋がるかもしれません。

「緊急連絡先に変更がない場合は報告しなくてもよい」という園もありますが、勤務先が変わったことは伝えておいた方がよいでしょう。

また、以前の職場に迷惑をかけてしまうほか、保育士との信頼関係が崩れてしまう可能性もあります。子どもを預かってもらう園との関係を良好に保つためにも、保育園には常に新しい情報を報告しましょう。

保育園を継続しながら転職できるコツ

有給消化を上手に使って転職活動を

退職してから転職活動を行うと、就労開始の期限が決められているため、ゆっくり仕事を探すことができません。焦って仕事を探した結果、不利な条件で働くことになるというのは避けたいものです。

もし、有給が残っている場合、退職前の有給消化期間中に転職活動を行ってはいかがでしょうか。有給消化中は在職の状態ですので、保育理由を求職に変えることなく転職活動を行うことができますよ。

1週間以上有給が残っているのであれば、気持ちに余裕をもって転職活動を行うことができます。2~3日しか残っていないという場合でも、気持ちの余裕がかなり違いますよ。

また、有給期間中に面接に行くときは、在職中であることや退職予定日をきちんと伝えてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事