就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

無理な節約は家族のストレス要因に!我慢しないで生活の無駄を省こう

無理な節約は家族のストレス要因に!我慢しないで生活の無駄を省こう

節約を続けるのは疲れてストレスを感じることが多いですよね。もっと楽に節約できる方法はないかと思うことはありませんか。節約がつらいのは節約の方法が間違っているからなのかもしれませんね。ここでは、間違った節約方法や楽しく節約を続けるためのポイントをご紹介します。

ストレスが溜まりやすい間違った節約方法

1円でも安く買うためにスーパー巡り

毎日チラシをチェックして、1円でも安い食材を買うためにスーパー巡りをしているママもいるでしょう。値段を見比べて、少しでも安いところで買いたいという気持ちは分かりますが、目当ての商品以外もついつい買ってしまうことはありませんか。

「特売」「激安」などというポップを目にすると、今必要のないものでも買いたくなるものです。疲れるわりに結局は一つのスーパーで買ったときと値段が変わらないか、損をしている可能性もあります。

また、車で買い物に出かけた場合、何カ所かのスーパーを巡ることによってガソリンの消費が増えるため、安い商品を買うことができたとしても、そのためにかかったガソリン代のほうが高くなり節約できているとはいえませんね。

暑くても寒くても冷暖房を我慢する

夏や冬になると、冷暖房をつけることによって一気に電気代が増えますよね。冷暖房を我慢すれば大きな節約になるでしょう。ただ、電気代を抑えることはできますが、「日中暑くて掃除をやる気がしない」「夜、なかなか寝つけない」などで、家族みんなのストレスになります。

家では家族みんなリラックスして快適に過ごしたいですよね。暑さや寒さで不快になるぐらいだったら、冷暖房を我慢せずつけたほうがよいかもしれません。家で快適に過ごすことができれば、疲れがよく取れ家事もはかどりますよ。

扇風機と併用したり、家族みんなで一つの部屋で過ごすようにしたりなどの工夫で、電気代を抑えることはできますので、必要なときには冷暖房を活用するとよいでしょう。

欲しいものより「安いもの」を優先

「服や雑貨など、欲しいものがあっても安くなっていないと買わない」「セールになっているほうの服を買おう」などと、とにかく安いものを選べば節約になると考えているママもいるのではないでしょうか。

そういう選び方をしていると、いつも本当に欲しいものを手にすることができないので、ストレスになってしまうかもしれません。また、気に入らないものだと使用頻度が少なくなりがちで、安く買うことができても損をしたような気になりますよね。

高いものでも、長くたくさん使用すれば安い買い物だと思えます。買い物もストレス発散の一つなので、安さばかりを気にかけず好きなものを買って満足感を得ることができればモチベーションが高くなって、また楽しく節約を続けられるでしょう。

キャッシュレスって便利。今の生活に77JCBデビットを!

PR

「キャッシュレス」と聞いて、お金の管理ができずに使い過ぎてしまうんじゃないかと、心配・不安に思う方もいるのではないでしょうか?今回は、宮城県の地方銀行「七十七銀行」の「77JCBデビット」を例にキャッシュレス決済の良さを紹介いたします。

疲れない節約生活を行うために意識すること

そもそも節約とは「無駄を省く」こと

節約というと「買うなら安いものを」という考えを持ちがちですが、そもそもは「無駄を省くこと」が大切です。

たとえば、冷蔵庫の奥のほうを見てみるといつ買ったのか思い出せない野菜や、使いかけの調味料がいくつか残っているということはありませんか。せっかく安いものを買うことができても、残って捨てることになったら無駄になりますし、処理するのも面倒ですよね。

まとめ買いをして買い物に行く回数を減らすことで、無駄なものを買う機会も少なくなりますが、買いすぎにも気をつけましょう。

また、必要のないものを買わないということも大切です。本当に必要なものなのかどうかを考えてから買う習慣をつけて無駄を省いてくださいね。

お金を使うことに罪悪感を感じない

節約ばかり意識した生活を続けていると、必要なものを買うときでも罪悪感を持ってしまうママもいますよね。しかし、必要なものにお金を使うのは無駄なことではないですよ。

たとえば、子どもの好きなお菓子や好きなデザインの服を買ったり、家族みんなで外食したりすることは、節約になっていませんが、子どもの笑顔が見られますしママ自身も楽しめるので、お金を使う価値があります。もちろん、ママ自身がリフレッシュするために、美容院に行ったり友人とランチをしたりすることにお金を使うのもよいでしょう。

どうしてもお金を使うことをためらってしまうママは、自由に使えるお金を決めておくともう少し罪悪感なく使えるかもしれませんね。

ときには自分を甘やかすことも大切

常に節約を意識した生活は楽しくありませんよね。たまにはちょっとした贅沢をして自分を甘やかしてもよいのではないでしょうか。

たとえば、半年に1度は家族で泊まりがけの旅行をする、家族の誕生日はレストランで食事する、有名お取り寄せスイーツを食べるなど、やりたいことをして今を楽しむことも大切です。

友人ママに話を聞くと、「映画のDVDをまとめ借りしてゴロゴロしながら観る」「テーマパークに行ったときは優先チケットを買う」「デロンギのコーヒーメーカーを買った」などの意見がありました。話をしているときの表情はみんな嬉しそうで、よいお金の使い方をしたようです。

後悔しないことにお金を使って、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

我慢しないでお金を貯める節約術は?

固定費の見直しは年単位で大きな節約に

節約を始めるなら、まずは固定費の見直しをすると効果が大きいです。固定費というのは、毎月必要になるものなので1カ月に500円でも費用を抑えることができれば、1年に換算すると6,000円になります。一度の見直しで、節約効果はずっと続くので楽ですよね。

たとえば、電力会社や保険プラン、インターネットの見直し、格安スマホに変えるなどは、どこの家庭でも簡単にできます。特に、スマホやインターネットに関しては、余計なオプションに加入している方が多いです。手続きが面倒だからと初めに契約したままというママは、一度見直しすることをおすすめします。

思い切って、今より安い家賃のところに引っ越しする、車を少し小さいものに乗り換えるといった方法もよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事