就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後の骨盤ベルトが痛いときは注意!正しい使い方をしないと逆効果

産後の骨盤ベルトが痛いときは注意!正しい使い方をしないと逆効果

「産後は骨盤ベルトを巻いた方がよい」という知識は持っていても、正しい位置や巻き具合が分からないというママも多いですよね。帝王切開をしたママは「骨盤矯正を始めるタイミングはいつ?」という疑問もあると思います。今回は骨盤ベルトの正しい位置と巻き方、出産方法別の骨盤矯正の開始時期についてご紹介します。

産後に骨盤ベルトが痛いときに見直すこと

骨盤ベルトを正しい位置に正しく巻く

骨盤ベルトの正しい装着位置と巻き方を確認しておきましょう。

まず「恥骨結合・大転子・上前腸骨棘(じょうぜんちょうこくきょく)」の三つの骨の位置を確認しておくと、骨盤ベルトを正しい位置に装着することができます。

上前腸骨棘は、両手を腰に当てると左右共に人差し指が尖った骨に触れます。その骨が上前腸骨棘です。

恥骨結合は両手を広げた状態で親指をお臍に当て、そのまま下に下げて行くとぶつかる骨です。

大転子は恥骨結合から水平に移動し、身体の側面の太腿の付け根辺りに指先を当て、足を上げると動く丸い骨です。

骨盤ベルトを正しい位置に巻くには、上前腸骨棘にかからず、大転子の出っ張りと恥骨結合のラインにかかるように巻きます。

骨盤ベルトを必要以上にきつく締め付けない

骨盤ベルトの正しい装着位置が分かったら、正しい締め付け具合の確認もしておきたいですね。ここでは正しい位置、正しい締め付け具合ができる方法をご紹介します。

骨盤ベルトを巻く際には、胸よりも骨盤が高い位置になる「骨盤高位」の体勢を取ります。仰向けに寝転んでクッションや枕などをお尻の下に置き、骨盤高位にしましょう。こうすることで骨盤が開いたことで下がってしまった子宮や内臓を正しい位置に戻すことができます。

内臓と子宮が正しい位置に戻ったところで、そのままの体勢で骨盤ベルトを巻きましょう。締め付け具合は、骨盤高位の体勢で、恥骨付近にスッと指先が入る程度の余裕があるかどうかがポイントです。きつすぎる場合は、巻き直しをしてください。

産後に適した骨盤ベルトを使用する

骨盤ベルトについて「ウエストニッパーや腰痛用のコルセットとどう違うのだろう?」という疑問を持つママも意外と多いですね。

ウエストニッパーはウエストを重点的に締め付けて、身体のラインを補正する目的があります。「産褥ニッパー」といわれるウエスト周りと骨盤の一部を固定してくれるタイプであれば、ある程度、骨盤ベルトの役割も果たしてくれます。

腰痛用コルセットは幅が広く、内臓を内側に押して腹圧を高めながら椎間板のサポートをする作用があります。腰の中心辺りから骨盤の少し上までを固定して腰の歪みによる痛みを防止する目的なので、骨盤を矯正する効果はありません。

産後にはしっかりと骨盤をサポートできる骨盤ベルトを使用するようにしましょう。

帝王切開で出産した場合の骨盤ベルト使用法

帝王切開でも骨盤は開くので骨盤矯正は必要

骨盤ベルトについての素朴な疑問のなかには「帝王切開の場合は骨盤ベルトはしなくてよいの?」という声もありますね。実は帝王切開でも骨盤は開くので、骨盤矯正は必要です。

なぜなら、どの妊婦さんでもお腹の赤ちゃんが大きくなってくる妊娠5カ月目頃から、ママのホルモンの変化とともに骨盤を支える靱帯が伸び、骨盤が徐々に広がり始めるからです。妊娠中期から後期にかけて、腰痛や尿漏れ、足の付け根の傷みや恥骨痛が起こることがあります。これは骨盤が開き、赤ちゃんが徐々に大きくなりながら下がってくることで起きる現象です。

つまり、「帝王切開で出産をしたママも骨盤が開いている」ということです。ですから帝王切開での出産後にも、骨盤の開きを戻してあげることが好ましいといえます。

骨盤ベルト使用時期は医師と相談をする

帝王切開をしたママは、正常分娩のママの産後の生活とは少し違いがあります。個人差もありますが、少し動くたびにお腹の傷が痛みますし、体を捻ったり屈んだり、歩くだけでも痛むので「骨盤ベルトなんてできそうにない!」という声が多いのが実情です。

帝王切開の場合は、切開部の傷の回復が最優先になります。傷口を圧迫してしまうことは避けたいので、痛みが残っている間は無理に骨盤ベルトをする必要はありません。

少し痛みは残っているけれど、「産後2~3カ月を過ぎたし、骨盤の矯正をしておきたい」というママは、自己判断で骨盤ベルトをつける前に、医師と相談をすると安心です。傷の傷み具合や治り具合の確認や連続着用時間などの指導をしてもらうとよいですね。

帝王切開で出産後の骨盤ベルトの締めかた

帝王切開での出産後、早ければ1カ月健診時に医師から骨盤ベルトの着用許可が出ることもあります。

「いよいよ骨盤矯正開始だ」と張り切ってしまいそうですが、医師の許可が下りても傷の痛みが残っていることも多いので、骨盤ベルトの位置と締め付け過ぎに注意が必要です。

帝王切開をしたママが骨盤ベルトを着ける際のポイントとして、

1.ベルトが傷口に当たらないよう、細めの骨盤ベルトをする
2.上前腸骨棘は含まず、恥骨結合を閉めるようにする

という点を重視しましょう。

傷を圧迫することや擦れてしまうようなことは避けましょう。少しの刺激でも痛みを感じたり、炎症が起こってしまったりすることもあるので、無理はしないことも大切です。

骨盤矯正は産後いつからいつまでが目安?

正常分娩なら産後1カ月頃から6カ月くらい

次に、骨盤矯正はいつからいつまでするとよいのか、という目安についてご紹介していきましょう。

正常分娩をしたママが骨盤ベルトを着用する際の期間の目安は、産後1カ月頃から6カ月までとなります。特に大切なのは悪露が落ち着いているかどうかです。悪露が続いている間は、排出を妨げないことが先決です。ママの体調によって産後2カ月から着用を始めても大丈夫ですよ。

産後1カ月頃から6カ月くらいという目安ですが、産後1カ月間は子宮の収縮により内臓も元の位置に戻ろうとする体の変化が大きな時期であること。そして産後6カ月頃を過ぎると、妊娠中から分泌されていた「リラキシン」というホルモンの分泌が減り、靭帯が固くなり骨盤矯正の効果が現れにくくなると考えられているからです。

帝王切開なら産後2カ月頃から6カ月くらい

帝王切開で出産をしたママの骨盤矯正の目安期間は、産後2か月頃から6カ月頃までです。先ほどもお伝えしたように、傷口の回復が最優先なので正常分娩のママよりも骨盤矯正の開始時期が遅くなります。

骨盤ベルトをしたことで傷口の圧迫や炎症が起こってしまうと、痒みが出たり傷痕が残ったりすることもありますし、骨盤矯正は産後6カ月以内であれば効果も現れやすいので、まずは焦らずに傷口の回復を待ちましょう。

骨盤ベルトの着用を始めたら、少しずつ着用時間を延ばしていくという方法もおすすめです。傷口に負担がかからないように、最初の数日~1週間は2時間程度から始めて、後から痛みや張りなどの違和感が出ないかを確認して、数日ごとに着用時間を増やしていくとよいですね。

寝るときは骨盤ベルトは外した方がよい

産後のママの疑問の一つには、「骨盤ベルトは1日中着用していた方が、効果が上がるの?」という声も多くあります。せっかく骨盤矯正をするなら、確実に効果を感じたいという気持ちもありますよね。

この疑問についての答えですが、「寝るときには骨盤ベルトは外した方がよい」です。

骨盤ベルトをつけて寝た方が「授乳などで体を起こす動作が楽に感じた」というママの声もあるのですが、骨盤矯正では「ずれてしまった骨盤ベルトは逆効果」というのが医師や看護師の共通の意見として挙がっています。

寝返りなどで骨盤ベルトがずれてほかの部分を圧迫してしまい、体に負担がかかることもあるので、就寝時には外した方が安心ですし、締め付けが無い方が質のよい睡眠がとれるというメリットもあります。

まとめ

骨盤矯正は出産の方法に関わらず、産後6カ月までに取り掛かると効果を実感しやすくなります。

正常分娩のママは悪露が落ち着く産後1カ月以降から骨盤矯正を始め、上前腸骨棘、恥骨結合、大転子の3点を意識して骨盤ベルトで固定をしましょう。

帝王切開で分娩をしたママは産後2カ月以降、悪露が落ち着き、切開部の傷が回復してから「傷に当たらない細めの骨盤ベルトを使用し、恥骨結合の位置に掛かるように骨盤矯正をする」のがポイントです。

効果を高めるためにも正しい位置、正しい巻き方で骨盤矯正をしましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR