就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児の発達を促す遊び方を知ろう!屋内や屋外でできる遊び

5歳児の発達を促す遊び方を知ろう!屋内や屋外でできる遊び

子どもが5歳になり、どんなことをして遊ぶと成長に役立つのか、また屋内と屋外ではどんなことをして遊べばよいのかなど、知りたいと思っているママも多いことでしょう。そこで今回は、5歳の子どもの発達や特徴、発達を促す遊び方などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

5歳の子どもの発達や特徴を知ろう

生活の流れを見渡せて感受性が豊かになる

5歳になるとどのように発達するのか、気になりますよね。今まで、生活におけるあらゆる場面でママの手助けが必要だった子どもも、5歳になるとひとりでできることが多くなり、ママの手がかからなくなります。

出かける前になにをしたらよいのか、寝る前にはなにをするべきかなど、生活の流れを見渡して行動できるようになります。今まで幼稚園や保育園に行く前に、ママが手伝っていた身支度などもひとりでできるようになるので助かりますよね。

他人の役にたって喜んでもらうことに充実感を感じるようになるので、積極的にママのお手伝いをしたり、交通機関で高齢者に席を譲ったりなど、相手の気持ちを考えた行動ができるようになります。感受性が豊かになった証拠ですね。

思考力が備わり大人と変わりなく話せる

今まではたどたどしく話すことが多かった子どもですが、5歳になると思考力が備わってくるので、大人と変わりなく話すことが可能です。今まで以上に子どもとの会話が楽しくなってくる時期なので、子どもの話にゆっくりと耳を傾けるようにしましょう。

知人の5歳になる子どもは、「横断歩道では手を上げて渡らないといけないんだよ。手を上げないと私たちは小さいから、車の人から見えないからね」というように、毎回ママに説明してくれるそうです。

このように、どうしてそうしなければならないのかを考えて行動できるようになります。自分でお話を作り、それを聞かせてくれることがさらに増えてくるかもしれません。お話が以前よりも複雑なストーリー性を帯びてくるので、聞いていると面白いですよ。

目的をもった集団行動ができるようになる

5歳になると、保育園や幼稚園に通っていることでしょう。園内では、友だちと一緒に歌を歌ったり、音楽に合わせてお遊戯をしたりなど、集団行動の中で生活していますよね。

今までは集団の中で、それぞれの子どもが独自に行動していたことが多かったのに、5歳になると目的をもった集団行動ができるようになります。たとえばみんなで遠足に行くとき、各自手をつないで歩くことが多いですよね。

誰かが手を離してひとりで行動しようとすると、ほかの子どもが「◯◯ちゃん、きちんと手をつながないと迷子になるよ」と注意し、「早く歩かないと原っぱまでいけないよ」と別の子が声をかけるなど、先生が注意をしなくても子ども同士互いにルールを守り、遠足の目的地までたどり着くように行動します。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

5歳児の発達を促す遊び方【屋内編】

積極性を養えるかるた遊び

雨の日やママやパパが疲れていて子どもと一緒に公園に遊びに行けない日など、屋内でどんな遊びをしたら子どもの発達を促すことができるのか、悩みますよね。

子どもの積極性を養うことができるかるた遊びがおすすめですよ。お正月の印象が強い遊びですが、普段の屋内遊びにぴったりです。

ママが読み上げる文章を頼りに、そこに関連する絵や文字などを想像して探し出し、さらにできるだけ早くとることが大事なので、子どもの記憶力、理解力、反射神経などを養うことができます。

ママと子どもの2人だけでは遊べないと思ってしまいがちですが、ママがかるたを読み上げたら一度手元に置き一緒に探してみると、子どもの競争心がかき立てられ、楽しく遊ぶことができますよ。

集中力や記憶力が伸びるパズル遊び

パズル遊びが好きな子どもも多いかもしれません。パズルをすると、集中力や記憶力が伸びるといわれています。

元の絵を記憶し、各部位にはまるピースを探し出してはめるという作業は、子どもの記憶力と集中力を養うのにぴったりです。ほかにも、色彩判別能力や図形認識能力の発達などにもよい影響を与えるといわれているので、積極的に取り入れたい屋内遊びの一つですね。

子どもの好きなキャラクターものでもよいですし、日本地図や世界地図などの絵柄なら、一緒に地理の勉強にもなるので一石二鳥ですよ。5歳児なら、50~100ピースのパズルがおすすめです。

パズルに慣れていない子どもならまずは50ピースから始め、達成感を感じ楽しくなってきたら数を増やしてみるのも一案です。

発想力を磨くレゴなどのブロック遊び

レゴなどのブロック遊びなら、子どもの発想力を磨くことができます。様々なサイズのブロックを組み合わせることによって、オリジナルな作品を作ることが可能です。

たとえば、男の子ならブロックをつないで刀を作ってみたり、海賊船を自分なりに組み立てて作ったりすることもあるでしょう。女の子ならお城やお家を作ることもありますね。

知人の5歳になる女の子は、お気に入りの人形が入ることのできるお城を作ったり、椅子などの家具を作ったりして楽しむことが多いようです。このように、既存のほかのおもちゃと組み合わせて遊ぶことができるのも大きな魅力です。

子どもができあがった作品を見せてきたら、「すごい、どうやって作ったの?」など、注目するようにしてくださいね。

5歳児の発達を促す遊び方【屋外編】

36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版