就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夜赤ちゃんが転がると泣くのはなぜ?夜寝付けない理由と対処方法

夜赤ちゃんが転がると泣くのはなぜ?夜寝付けない理由と対処方法

赤ちゃんがスヤスヤと寝ている姿は、見ていると幸せな気持ちになります。ですが、急に転がって泣き出したりすると、ママは慌ててしまいますよね。そんなママのために、ここでは赤ちゃんが寝付けない理由と、快適な睡眠をとるための対処方法をご紹介します。赤ちゃんの夜の眠り方が心配なママは必見です。

夜赤ちゃんが転がったり泣いたりする原因は

体内時計がうまく機能していないため

体内時計が機能していると、朝の目覚めがよく、活動的になり、夜はぐっすりと眠ることができます。これは生まれながらに機能しているわけではありません。生まれてから生活していくうちに、身についていきます。

生まれたばかりの赤ちゃんは、朝も夜もわかりません。昼夜関係なく泣かれた経験のあるママも、多いのではないでしょうか。

ママと一緒に朝起きて、ママと一緒に夜眠る、これを繰り返していくことで、体内時計がだんだんと発達していきます。これは生後2カ月ごろから、機能し始めます。

ですから体内時計が発達していない赤ちゃんは、夜の寝付きが悪く、眠れない不快感から泣くことが多くなります。そして昼にたくさん眠ってしまうため、体内時計のリズムは崩れていくのです。

赤ちゃんは眠りが浅く目が覚めやすい

赤ちゃんは、ぐっすり眠っていると思ったら、ちょっとした音で起きて泣き出したりしますよね。実は赤ちゃんの眠りは浅いということを知っていましたか?

睡眠には浅い眠り(レム睡眠)と、深い眠り(ノンレム睡眠)の2パターンがあります。大人はこれを、およそ90分間隔で繰り返しながら寝ています。

ところが赤ちゃんの睡眠では、大人の半分のおよそ45分間隔で繰り返しています。そしてレム睡眠の方が眠りの大半を占めています。ですので赤ちゃんの眠りは浅くなり、少しの物音でも起きてしまうのです。

レム睡眠が多いと脳が休まず活動しているので、転がったり、起きやすくなったりします。また赤ちゃんは眠りたいのに、体が起きてしまうことで泣くこともありますよ。

寝ていても動いてしまう寝言泣きの可能性も

夜に眠っていた赤ちゃんが、突然転がりだしたり、泣き出したりしたら、「うちの子も夜泣きが始まったのかしら?」と思いますよね。でも、それが毎夜何度も繰り返されると、一緒に寝ているママとしてはとてもつらいです。

夜泣きだと思っていたものは、実は寝言泣きの可能性があります。「寝言泣き」はあまり聞きなれない言葉ですが、大人の寝言と意味は同じです。

赤ちゃんはしゃべることができません。すべて泣くことで表現します。赤ちゃんが発する寝言も、泣くことで表現されるので、「寝言泣き」といいます。

寝言泣きは、眠りの浅いレム睡眠のときに起こります。レム睡眠のときは夢を見ることが多く、夢の中での感情が泣くことで現れたり、体が動いて転がったりするのです。

赤ちゃんが夜眠れるようになる方法とは

なるべく規則正しい生活を心がけるのが大切

赤ちゃんの生活リズムは、ママの生活リズムとほぼ一緒になります。ですので、ママはなるべく規則正しい生活を心がけましょう。

規則正しい生活を送るには三つのポイントがあります。

・朝は日の光を浴びる
・毎日決まった時間にご飯を食べる
・暗くなったら早めに就寝する

この三つを守ることで、まずは赤ちゃんの体内時計を機能させます。そして、生活リズムを整えることで、規則正しい生活を送ることができるようになります。

生活リズムが乱れると、赤ちゃんは夜になかなか寝付けなくなります。これはなぜかというと、赤ちゃんの体内時計はもともと25時間だからです。規則正しい生活を送って、体内時計の時間を正すことで、昼夜の区別がつくようになるのです。

赤ちゃんが快適な室内環境を整えよう

赤ちゃんが過ごす環境を整えることで、夜の寝付きがよくなる場合があります。赤ちゃんが夜にぐっすりと眠ってくれることは、ママにとっては重要ですよね。ぜひとも室内環境を見直してみてください。

赤ちゃんが夜に寝るときは、お部屋を暗くしてください。電気がついてお部屋が明るいままだと、赤ちゃんは夜になっていることに気づかず、寝付きが悪くなります。

お部屋の温度は、季節によって調節しましょう。寒かったり暑かったりするだけで、赤ちゃんは起きてしまいます。快適な室温の目安は、

・夏は27℃前後
・冬は22℃前後

といったように、夏は冷やしすぎず、冬は暖めすぎずという温度です。快適な室温を保ち、赤ちゃんの睡眠を妨げないようにしたいですね。

決まった時間にお昼寝の習慣を

夕方などの遅い時間にうたた寝してしまい、夜になっても眠れなかった…といった経験、ありませんか?これは赤ちゃんも同じです。

赤ちゃんのお昼寝の時間がまちまちだと、夜になっても眠ることができず、泣き出してしまう原因にもなります。夜の睡眠の質を上げるために、決まった時間にお昼寝をする習慣をつけましょう。

赤ちゃんのお昼寝の時間は、

・午前に一回1時間ほど
・午後に一回2時間~3時間ほど

が、目安になります。

午前はだいたい10時くらいからお昼寝を始めます。午後は13時から16時までが、お昼寝をしやすい時間になります。午後は16時以降にお昼寝をしてしまうと、夜の寝付きに関わってくるので気を付けましょう。

赤ちゃんの寝言泣きの見分け方と対処方法

40~60分ごとに泣く場合は寝言泣き

寝言泣きと夜泣きはどちらも泣くことに変わりがないので、判断に困るママも多いと思います。ではどうしたら区別がつくのでしょうか?

寝言泣きは、赤ちゃんが眠りについてから40~60分ごとに発生します。赤ちゃんが夜泣きを始める時期の、睡眠のリズムはおよそ50~60分なので、寝言泣きの睡眠リズムは少し短くなります。

また、夜泣きは赤ちゃんの要求を表しています。お腹が空いたこと、おむつが汚れていること、赤ちゃんがして欲しいことを泣いて表現します。

寝言泣きは、泣いていても寝言になります。その多くは夢を見ながら発することが多く、強いストレスを感じた、いつもとは違う行動をした、などのときに現れやすいです。

寝言泣きは何かしても泣きやむものではない

寝言をいっているパパに何か話しかけても、たいていは会話にならずに終わると思います。赤ちゃんの寝言泣きも、パパの寝言と状況は同じですので、ママがお世話をしたからといって、泣きやむものではありません。

夜泣きとの違いは、寝言泣きは何かしても泣きやまないという点です。

また、夜泣きは赤ちゃんがお世話をして欲しい、ママが恋しいという気持ちから、泣いて起きてしまいます。このとき眠りからは覚めた状態です。

一方、寝言泣きは寝言をいっているだけなので、目は覚めていません。

がんばって夜に寝かしつけても、寝言泣きでお世話をしてしまうと、赤ちゃんを無理やり起こすことになってしまいます。ママの負担を減らすためにも、間違った判断は避けたいですよね。

転がったり泣いたりしても優しく見守って

寝言泣きが始まると、赤ちゃんが転がったり泣いたりします。どんな場合でも、ママは優しく見守ってあげてください。寝言をいっているだけですから、しばらくしたらまた静かに眠りにつく可能性があります。

赤ちゃんが転がっていくと心配になりますし、泣いてしまったらお世話をしたくなりますよね。ですが、夜泣きなのか、寝言泣きなのか、見分けることができると、ママの夜の負担はぐんと減ります。

赤ちゃんが転がってベッドから落ちたり、布団から離れたりして心配な場合は、タオルなどの柔らかい物で囲いを作って、赤ちゃんを守ってあげてください。

赤ちゃんの寝言泣きは、自然に出てしまうものです。見守ることで、よりよい眠りについてもらいたいですね。

まとめ

寝言泣きは、赤ちゃんが夢を見ている証拠です。夜に泣いていたり、転がって動いたりするとママは心配になりますよね。

ですが、赤ちゃんがどんな夢を見ているのかな…と考えると、寝言泣きもなんだか愛おしく感じます。

もちろん、寝言泣きでも泣きやまない場合があります。そんなときは背中を優しくさすってあげたり、頭をなでてあげたり、なるべく体を起こさないで、赤ちゃんを安心させてあげてください。

寝言泣きの対処法を知っておくと、ママも夜に眠りやすくなりますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018