就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児が親を叩いてくるのは反抗期?成長過程から叩く理由と対処法

5歳児が親を叩いてくるのは反抗期?成長過程から叩く理由と対処法

子どもが親のことを叩いてくるようになった原因は、反抗期なのでしょうか?5歳児とはいえ力も強くなり、叩かれると痛いため、暴力はやめてほしいですよね。この記事では、5歳児がなぜ叩いてくるのか、その理由や対処法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは5歳児の成長や発達の特徴を知ろう

体を使って遊ぶ運動能力が上がる

5歳くらいになると体力や筋力が発達することで、歩くスピードが大人とほとんど変わらなくなるだけでなく、バランスを取る能力が発達し、より複雑な動きが可能になります。

例えば、歩く、走る、蹴る、投げるなどの全身を使う運動だけでなく、鉄棒やうんていにぶら下がる、ボールをキャッチするなど、手の筋肉でコントロールする運動もできるようになるでしょう。

また、体のバランスを維持する機能が発達し、平均台を渡る、ブランコの立ち漕ぎをするなど、複雑な動きや高度なバランスを保つことも可能となります。野球やサッカーなどの球技に面白さを感じる子、スキーなどのバランスを取る遊びを好む子など、子どもによって得意なことや好きなことに違いも出てくるようです。

言葉の数が増え文章で話せるようになる

5歳になると、子どものおしゃべりがグッと上手になったと感じるママやパパも多いでしょう。言語能力が発達して、自分の氏名や住所を言えるようになったり、自分の気持ちを文章的に言葉にすることができるようになったりします。

言葉の意味を理解することから始まって、それが自分で使えるようになることでコミュニケーションが効果的に取れるようになるのです。5歳ごろは、平均して5~6語からなる文章で会話ができるため、人との話を共有できるようになるとされています。

一方で、言い訳や口答えなど、少々生意気に聞こえる言葉を使うときもあるかもしれません。しかし、言葉の数が増えることで言葉遊びも得意になり、しりとりゲームなども一緒に楽しめるでしょう。

相手の気持ちを考えられるようになる

好奇心が旺盛な5歳児は、おしゃべりが上手になるのにともなって社会性が芽生えてくる時期でもあります。幼稚園や保育園に通う中でお友だちを作ったり、生活習慣を築いたりしながら社会性を育んでいくのです。

その過程で周囲の人と衝突することもありますが、そういった経験をとおして、相手の気持ちを考えるようになったり、ルールを理解したりするようになります。人と関わりながら、相手の感情を表情から読み取ることや、その原因や経緯を自分の経験と想像力で考える力を身につけていくのです。

お友だちとのやりとりから、自分の思うようにならなかったとき、意見が食い違ったときの対応方法や気持ちの収め方を学び、感情をコントロールできるようになっていくでしょう。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

5歳児の反抗期の特徴と叩く理由や原因

反抗期とは甘えたい気持ちと自立への葛藤

子どもは、2歳ごろに最初の反抗期が訪れるとされています。いわゆる「イヤイヤ期」の時期です。そして、思春期である中学生ごろにも反抗期があります。

この二つの反抗期の間に「中間反抗期」と呼ばれる時期も訪れます。これは、5歳ごろから始まる反抗期です。5歳児は、まだまだ親に甘えたい気持ちがありつつも、自分でできることも増えてきているため「なんでも自分でやりたい」という思いも持っています。

しかし、まだ子どもであるため当然できないことが多く、親に口うるさく注意されることでイライラして当たり散らしてしまうのです。甘えたい気持ちと自立への葛藤の間で、大きく揺れ動いている5歳児の心が「反抗」として表れるのでしょう。

自分の思いどおりにならず気に入らないから

5歳くらいの子どもにとって、毎日は自分が中心です。そのため、自分の思いどおりにならず、気に入らないことがあるとすぐに泣いて怒って癇癪を起こします。叩いてくるのは、そういったイライラをぶつけるための行動であると考えられるのです。

ところで、周りの大人が、躾として日常的に子どもを叩くようなことはないでしょうか?また、テレビやネットなどのメディアから、子どもが「思いどおりにならなければ、叩いてもよい」と覚えてしまってはいないでしょうか?

手が出やすい子と、まったく手が出ない子とは、もともとの性質の違いもありますが、周囲の環境からの影響を受け、感情表現の仕方として「叩く」という行為におよんでいるケースもあります。

まだ言葉で気持ちがうまく表現できないことも

5歳児は新しい言葉をたくさん覚えて、おしゃべりが上手になります。自分の思いを言葉で説明することができるようにもなりますが、自分の感情を適切に表現する言葉はまだ身についていない面もあります。

そのため、自分の気持ちを、言葉を使ってうまく表現することができない場合があるのです。言葉自体は知っていても、その言葉が自分の気持ちを表現するのに合っているのかがわからないのですね。

しかし、自分の気持ちをどうにか伝えたいという思いから「叩く」ことで、気持ちを表現するようになってしまいます。ママやパパに自分の気持ちをわかってほしいのに、言葉ではうまく説明できないもどかしさも相まって、つい叩くという行為に出てしまうのです。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版