就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもには無添加の日焼け止めを!選び方と嫌がられずに塗るコツ

子どもには無添加の日焼け止めを!選び方と嫌がられずに塗るコツ

日焼け止めには肌に影響のある添加物がいろいろ含まれています。そのような添加物の入っている日焼け止めを使用し続けることが肌への負担になり、肌トラブルにもなりかねなません。子どもにはできるだけ安全な日焼け止めを使いたいですよね。選び方とともに、子どもに嫌がられずに塗るコツをご紹介します。

安全な日焼け止めを選ぶポイントを知ろう

子どもの肌に安心な無添加の日焼け止めとは

日焼け止めのなかには肌荒れするものや、塗るとヒリヒリと刺激を感じるものもあるので「子どもに使っても大丈夫だろうか」と不安に思うことがありますよね。子どもには無添加の日焼け止めを使うとよいですよ。

無添加の日焼け止めには界面活性剤や防腐剤、着色料、人工香料、合成ポリマーなど、肌に刺激を与えてしまう成分が配合されていないので、子どもにも比較的安心して使用することができます。

ほかに、ノンケミカルタイプも比較的刺激が少なくおすすめです。ノンケミカルタイプの日焼け止めには、紫外線散乱剤という成分が配合されていて、紫外線を肌の表面で反射して散乱させ、紫外線の吸収を抑えます。

どちらの日焼け止めも肌への負担が小さいので家族みんなで使うとよいですね。

紫外線吸収剤が入ってないものを選ぼう

日焼け止めを選んでいるときに「紫外線吸収剤不使用」と書かれた日焼け止めを見かけたことはないでしょうか。紫外線吸収剤は日焼け止めによく配合されている成分の一つですが、肌への負担が大きいので子どもにはおすすめではありません。

紫外線吸収剤は化学的に合成された成分で、紫外線を肌に取り込んで化学反応を起こさせることで、肌の内部に紫外線が侵入するのを防ぎます。紫外線を防止する効果は高いですが、刺激になったり肌荒れしたりする原因になる場合もあるのです。

子どもに使用する日焼け止めは上記でもご紹介しました、ノンケミカルタイプのものや無添加タイプのように、紫外線吸収剤が入っていないものを使うようにするとよいでしょう。

ナノ粒子なしのものを選ぼう

上記でご紹介した紫外線散乱剤の入った日焼け止めを肌に塗ると、肌表面で白っぽくなってしまうというデメリットがあります。しかし最近では、紫外線散乱剤の成分をナノ粒子にすることで白浮きせず、乳液のように肌なじみのよいタイプが販売されています。

ナノ化された粒子は、肌へのなじみがよいぶん肌の奥まで浸透して体に悪影響を与えるのではないかと考えられているので、安全性は認められていません。

危険だという根拠もありませんが、危険な可能性が少しでもあるなら子どもには使わないほうがよいですよね。また、紫外線散乱剤として配合されている酸化チタンには発がん性があるといわれていますので、肌に浸透しやすいナノ粒子のものは避けたほうがよいでしょう。

日焼け止めについて知っておきたいこと

冬でも毎日塗ることが重要

冬になると日差しが弱くなるため、日焼け止めを塗らなくても大丈夫なのではないかと思ってしまいがちですよね。でも油断しないほうがよいでしょう。多少は紫外線のパワーが弱まりますが、冬でも紫外線は降り注いでいますので、毎日塗ることが重要です。

少しずつでも紫外線を浴びていると、肌の奥にメラニンが蓄積されてしみやそばかすなどの原因になります。子どもは新陳代謝が活発なので、大人のようにすぐにしみやそばかすなどができるということはないようです。ですが将来的にでてくることも考えられますので、日焼け止めで紫外線対策をしてくださいね。

冬は夏場に比べると肌の露出が少なくなりますので、顔や手の甲、首などを塗るぐらいで十分でしょう。

小まめに3時間おきに塗り直そう

日焼け止めは一度塗ったからといって1日安心できるものではないようです。汗や皮脂で落ちることもありますので、できれば小まめに3時間おきに塗り直すようにするとよいでしょう。

子どもは体温が高いですし、動き回って汗をかきやすいので、もし朝に塗っても昼までには落ちています。また、自分の服で腕や顔などを擦ることもよくありますよね。子どもは日焼け止めが落ちないように気をつけようとは思わないので、服について落ちてしまうこともあるでしょう。

外出先で塗り直しが大変なら、スプレータイプやミストタイプの日焼け止めを活用すれば簡単に塗り直すことができます。無添加のものや紫外線吸収剤が入っていないものがありますので、一つ持っておくと便利ですよ。

日焼け止めは出かける30分前に塗ろう

日焼け止めを塗るタイミングを考えたことはありますか。お出かけ前になって慌てて塗っているママも多いかもしれませんね。日焼け止めの効果を無駄にしないためには、出かける30分前に塗ることをおすすめします。

日焼け止めを塗ってすぐは肌にしっかりと定着していないので、とても落ちやすい状態です。塗った直後に着替えたり、腕が壁に当たって壁がべたべたしたりした経験はありませんか。子どもは外で走って転ぶことが多いですし、よくママにくっついて歩くこともありますので、家を出発して1時間もしないうちに日焼け止めが落ちていることもあります。

日焼け止めを塗ってから30分ほど経てば肌に定着しているので、少しぐらい触ったりどこかに当たったりしても落ちる心配が少ないでしょう。

子どもに塗るのを嫌がられるときの対処法

低刺激性のSPFが低いものを使おう

日焼け止めを選ぶときに「SPF20」や「SPF50」などの表示をよく目にしますよね。この数値を参考にして日焼け止めを選ぶママも多いのではないでしょうか。これは、皮膚に炎症をおこさせる紫外線B波をどれぐらいの時間、防御できるかを参考にするための数値です。

数値が大きいほうが長い時間紫外線から肌を守ることができますが、肌への負担も大きくなってしまいます。刺激があると子どもが嫌がりますので、刺激の少ないSPFが低いものを使うようにしましょう。

買い物に行ったり、近所を散歩したりするぐらいならSPF20ぐらいで十分です。海や炎天下の広場など、紫外線の強い場所で過ごす場合は、SPF30を塗って長袖や帽子を着用して紫外線対策をすれば肌への負担を抑えられますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC