就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳子どもの集団との関わり方!身につくことや集団に入る働きかけ法

2歳子どもの集団との関わり方!身につくことや集団に入る働きかけ法

公園や児童館でママから離れなかったり、逆に積極的すぎておもちゃを取り合ったりと、お友達となかなかうまく遊べない子どもにモヤモヤしてしまうこと…ありますよね。2歳の子どもが、どのくらい社会性や協調性を持っているのか、パパやママはどんな働きかけをしてあげればよいのかをご紹介いたします。

2歳の子どもの集団への関わり方は?

2歳前半は他の子の遊びをただ見ている

2歳前半になると、言葉がどんどん増えるとともに、ママや周りの人にますます興味を持ちはじめます。ママの動作をよく観察していて、それが「自分もやってみたい!」「もっと見てみたい!」という気持ちにつながります。

遊びに関しても同じことがいえます。お友達が遊んでいるのをじっくり見ていて、「なにをしているんだろう?」「おもしろそうだなぁ」と、興味の芽を育てているのです。

また、ブロックなどを「もしもし」と電話にしたり、「ブーブー」と車にしてみたりと、見立て遊びをする様子が見られるようになります。見立て遊びは想像力を育み、2歳後半くらいから見られる、平行遊びへつながります。さらに3歳以上になると、見立て遊びに役割や設定が加わり、ごっこ遊びへと発展します。

2歳後半は平行遊びをするようになる

同じ空間で同じおもちゃで使っていても、一緒に遊ぶのではなく、同時並行で違う遊びをしていることを「平行遊び」といいます。

真似をしてみたり、自分の中で遊びを発展させたりする姿は見られますが、あくまでも個々で遊んでいるのであって、「隣のお友達と一緒に遊んでいる」という共同の意識はありません。このため、おもちゃの取り合いが生じることがあります。

まだ「お友達と一緒に遊ぶ」ということが難しい段階なので、交わって遊ぶことを無理に促したりはせず、たたく、押すなど危ない場面以外は見守ってあげるのがよいでしょう。平行遊びをしながら、子どもは周りにも遊んでいる人がいるのだということを段階的に学んでいくのです。

2歳児は他の子と仲良く遊ぶ方法を知らない

2歳児にとっては、まだまだ自分が中心です。公園や児童館でも、「自分以外にも遊んでいる人がいるなぁ」とやっと認識しはじめたくらいで、「一緒に遊ぶ」「仲良く遊ぶ」という発想も、それが「楽しい!」と思える気持ちも、これから芽生えていくものです。

もし隣のお友達と衝突したとしても、どうやって解決すればよいのかわかりません。言葉が増えてきたとはいえ、自分の気持ちを上手に伝えることや、順番を守るなどの自制や我慢が必要なことは、2歳にとっては困難なことなのです。

周りへと意識が向くようになり、その子にとって外の世界が広がってきたばかり。2歳の時期は、ルールやコミュニケーション力、社会性を身につけていく、あくまでも「準備段階」に入ったところといえるでしょう。

子どもが集団行動で身につけることは?

ルールやマナーを守り協調性が身につく

「他人を思いやって行動する」「相手の気持ちになって考える」という協調の気持ちが芽生えるのは、実は5~6歳頃といわれています。ですが、2歳のうちから、集団の中でのルールやマナーを教えていくことによって、協調性の根を育てることができます。

周りをよく観察する時期です。ママやパパの姿を見て、子どもは少しずつ学んでいきます。「この子にこうなってほしいなぁ」という思いをこめて、元気に挨拶するなど、ぜひお手本になってくださいね。

また、「順番を守る」「おもちゃは独り占めせずにみんなで使う」など、子どもにとって我慢が必要なことは、自制できない2歳には難しいことです。すぐできるようにはなりません。根気強く、その都度伝えてあげましょう。

コミュニケーション力が高まる

2歳は、一人遊び・平行遊びの時期なので、自発的にほかの人に関わっていくことは多くありません。ですが、公園や児童館へ出かけると、「こんにちは」と挨拶されたり、年上の子に「遊ぼう!」と声をかけられたりすることもあるでしょう。また、周りのことに興味津々の時期なので、ママたちや自分より年上の友達が、どんな風にコミュニケーションを取っているのかをよく観察しています。

おもちゃの取り合いが生じた際には、たとえまだ理解するのが難しくても、譲り合って使うことや「どうぞ」「ありがとう」という言葉のやりとりが発生することを教えてあげてくださいね。

このような集団の中での一つ一つの経験が、今後のコミュニケーション力の形成につながることでしょう。

相手のことを考える社会性が育つ

公園や児童館など公共の場は、これまで家族以外の人と触れ合う機会がなかった子どもにとって、社会を知るチャンスの場です。挨拶をする、ルールを守る、譲り合う…どれも集団の中で自然と遭遇するシーンです。

もちろん、まだまだ自分が中心で当たり前の年齢なので、ルールを守ったり、相手の気持ちを理解したりできるのは、まだ先のことです。ですが、社会性を育むポイントは、たくさんの人と関わること。日々、集団と触れ合う中で、「自分以外の人がいるんだ」と知っていくことでしょう。それだけでも、2歳の今にとっては大きな一歩です。

また、自分からほかのママに話しかけたり、よく会う友達の名前を覚えて呼んだりすることもあるようです。これは、社会性が芽生えた証拠といえるでしょう。

2歳児が集団にうまく入る働きかけ法は?

子どもの気持ちを聞き無理強いしないこと

活発で積極的な子は、友達が使っているおもちゃを取ってしまったり、手がでてしまったりと、ママやパパとしてはハラハラすることもありますよね。どちらも、自分がどうしたいのか言葉で伝えられないためです。

「これが使いたいのかな?」と代弁することで、「『使いたい』って言えばいいんだ」ということを知り、言葉が増えるきっかけにもなります。「今はお友達が使っているよ。順番だよ」とルールを教えてあげることもできます。

「ほら、貸してあげなさい!」と無理強いすることは、その子の自尊心を傷つけることにつながりかねません。ほかのママの手前もあり、つい頭ごなしに怒ってしまいがちですが、言葉でうまく伝えられない子どもの気持ちに寄り添って、冷静に対応してあげたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC