就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

半袖のマタニティウェアの選び方とは?妊娠期の春夏を快適に過ごそう

半袖のマタニティウェアの選び方とは?妊娠期の春夏を快適に過ごそう

春夏は気温や湿度が上昇するため、暑がりなマタニティママには過ごしづらい季節となります。今回はとくに、春夏のマタニティ期を快適に過ごすために揃えておきたい半袖のマタニティウェアについて、どのような素材や着心地のものがよいのか、選び方のポイントをご紹介していきます。

半袖のマタニティウェアの賢い選び方とは?

産前産後も着られて長く愛用できる

「妊娠前に着ていた手持ちの服だと締めつけが気になる」「おしゃれなマタニティウェアを揃えて、妊娠中でもおしゃれを楽しみたい」などの理由から、マタニティウェアの購入を検討し始めるママは多いもの。

一口にマタニティウェアといっても下着やトップス、パンツ、ワンピース、レギンスなど多岐にわたりますが、いずれも妊娠中の体に負担がかからないように、さまざまな工夫が施されています。

着用できる期間が限られているので購入をためらってしまうママもいるかもしれませんが、ウエストやバストまわりのサイズ調整ができるものや、授乳しやすいようにデザインが工夫されているものであれば、産前だけでなく産後も長く着られるのでよいですよ。

通気性がよく清涼感が抜群な素材!

妊娠中のママの肌はとてもデリケートですから、直接肌に触れる下着や服は、肌への刺激が少なく着心地のよい素材、汗を吸収しやすく通気性のよい素材であることが大切です。

とくに春夏の暑い時期は、大きなお腹を抱えて少し体を動かすだけでも汗びっしょりになります。かわいらしいデザインの服であるかどうかももちろん気になりますが、肌ざわりがよく、サラッとした素材のウェアを揃えていくのがおすすめです。

綿やガーゼ、スムース、パイルなどの素材のものは通気性が高く、こもった熱を外に放出してくれるので、暑い季節に重宝します。夏用のパジャマに使われることが多い「サッカー」という素材のマタニティウェアも、清涼感があって快適だと人気ですよ。

機能的でママに優しいデザイン

日々大きくなるお腹への締めつけ感がないか、通気性がよく肌への刺激が少ない素材のものであるかなど、マタニティウェアはさまざまな点にこだわって選ぶことが大切です。

体の変化が少ない妊娠初期からマタニティウェアへと切り替えるママは少ないかもしれませんが、つわりで苦しいときや長時間座って仕事をするときなどは、ゆったりしたデザインのマタニティウェアが活躍します。月を追うごとに変化するママの体型や体調に合うような、機能的なデザインの服を選んでいきましょう。

とくに妊娠後期は体が動かしづらくなり、立ったり座ったり、服を脱ぎ着したりするだけでも大変です。前開きのデザインでゆったりしたラインのものであれば、暑い日に汗をかいても脱ぎ着がスムーズにいくので便利ですよ。

コスパがよくお洒落に着こなせるマタニティ

涼しげで上品なワンピースタイプ

先ほども述べたように、「マタニティウェアは長く着られないだろう」と購入をためらいがちですが、一見しただけではマタニティウェアだとわからないデザインのものや、授乳口付きのものは産後長く使うことができるため、コスパがよいと人気です。

一口にマタニティワンピースといってもさまざまなデザインや素材のものがありますが、暑い季節には薄手で通気性のよい半袖ワンピースがよいでしょう。リネン素材やオーガニックコットン100%のものなど、1枚でサラッと着られるような、肌ざわりのやさしいワンピースがおすすめですよ。

ただし、妊婦に冷えは禁物です。エアコンの効いた室内で体を冷やしてしまっては大変ですから、はおりものやレギンス、靴下などで適宜調整するようにしてくださいね。

カジュアルスタイルが魅力的なチュニック

お腹が大きくなってくると、赤ちゃんの成長を感じられて幸せな気持ちになる反面、今まで着用していた服ではお腹まわりや二の腕、太ももが窮屈になり、コーディネートが難しくなることが増えます。

日々大きくなるお腹やおしりまわりをカバーするための定番アイテムといえば、丈が長い「チュニック」でしょう。ゆったりしたデザインで楽に過ごせますし、お腹まわりのシルエットが大きくなってきても服の前がずり上がらずおしゃれに着こなせるので、少なくとも1枚は持っておきたいところです。

きれいめのパンツだけでなくデニムなどのカジュアルなボトムスとの相性も抜群ですので、ボトムスのカラーや素材を変え、さまざまなコーディネートを楽しむこともできますね。

授乳口が目立たない半袖シャツ

産前産後の著しい体型の変化に対応できるようにしたり、ママと赤ちゃんが快適に過ごせるように素材や機能性にこだわったりと、さまざまな工夫が施されているマタニティウェア。

マタニティ用というと「お腹のふくらみに対応した、大きめのシルエットの服」というイメージを持たれるかもしれませんが、最近は妊娠中のママでもおしゃれを楽しめるように、機能的でありながらもデザイン性のある服が多く販売されています。

毎日のコーディネートに取り入れたい定番の半袖シャツも同様に、普段使いしやすいビッグシルエットのものが人気です。腕まわりや腰まわりがゆったりとしたもの、着丈が長めでお腹やおしりをうまく隠せるもの、授乳口が目立たず産後にも活用しやすいものがよいですよ。

着心地が快適な半袖マタニティのパジャマ

部屋着としても活躍!人気のボーダー柄

お腹が大きくなってくるに従って、少しずつ進めていきたいのが出産準備。かわいらしい赤ちゃん用の肌着やベビー布団などのグッズの用意も大切ですが、ママ自身の入院準備もしていかなければなりませんよね。

とくに多くの病院の入院準備品リストに含まれているマタニティパジャマは、妊娠中だけでなく、出産・入院・産後と長く着るものですので、機能面やデザイン性、着心地のよさにこだわって選んでいく必要があります。

パジャマの柄はボーダーが人気。入院中や退院後のママは1日のほとんどをパジャマで過ごすことになりますが、親戚や友人の訪問があったり、写真を撮ったりする機会が多いものです。わざわざ着替えるのも大変ですので、部屋着としても使える定番柄を選んでおくとよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC