就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝るときに快適な服装は?月齢、季節ごとに適切な服装を紹介

赤ちゃんが寝るときに快適な服装は?月齢、季節ごとに適切な服装を紹介

体温調節がまだ上手にできない赤ちゃん。布団も蹴とばしてしまったら自分でかけ直すことはできないし、風邪をひかないようにしっかり着せたら、夜中に汗だくで大泣き!なんてことも。「赤ちゃんに何を着せて眠らせたらいいのかわからない」というママやパパ必見です。

夜寝るときに適した服装と、服を選ぶコツ

赤ちゃんが寝るときは服の着せ過ぎに注意

赤ちゃんは大人に比べて、とても暑がりのように見えます。『子どもは大人より1枚薄着でいいよ』という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

赤ちゃんの平熱は大体37℃前後といわれていて、基本的に大人より高いのです。そのため、風邪をひかないようにと寝る前にたくさん着せたら、逆に汗が冷えて風邪をひいてしまうなんていうことも…着せすぎかな?と迷ったら、大人の服装と比べてみるのもよいかもしれません。

ただ、産まれたばかりの赤ちゃんは汗腺がまだしっかり発達しておらず、また自分では動けないため、体温が外の気温に左右されやすくなっているので注意が必要です。少しずつ自分でも動けるようになってきた生後2カ月頃には赤ちゃんの体温も安定してきます。

寝るときは布団に合わせて服装を調節する

夜、赤ちゃんを寝かせるとき、寒くないようにと布団をしっかりかけてあげますよね。でも夜中には暑くなって、赤ちゃんは布団を蹴とばしてしまったり、布団がない所へコロコロ転がっていったりしてしまいます。

「明け方には布団をかけていないことが多いので、パジャマを厚着させておこう!」と考えるパパやママも多いのではないでしょうか。実はその厚着が赤ちゃんを布団から追い出している原因かもしれません。

寒い冬は特に、厚手のパジャマに毛布と布団をしっかりかけると大人は快適に眠れます。でも隣で眠っている子どもは暑くて寝返りが激しくなったり、枕が汗で濡れていたりすることがよくあります。そんなときはパジャマを少し薄手に調節してあげてくださいね。

服装の調節はママの役目。室温にも注意して

赤ちゃんの様子を見ながら、着るものを調節してあげるのはママの重要な役目です。赤ちゃんは自分で脱ぎ着することができないし、暑くても寒くてもまだうまく伝えることができません。

具体的には赤ちゃんの顔色を見て、赤ちゃんの体にさわってみることです。赤ちゃんの顔が赤くほてっていたり、背中が汗ばんだりしているときはもう少し薄着にしてあげましょう。赤ちゃんの唇が青くなっているとき、お腹や背中が冷たいとき、体を丸めて泣いているときにはもう1枚着せてあげましょう。

赤ちゃんは体の熱を手足で調整しており基本的に靴下は必要ありませんが、寒がるサインが見られるときは靴下を活用してみてください。服装を調節するときに目安として温度計で室温や湿度を確認してみるのもおすすめです。

月齢別!夜寝るときにおすすめの服装

生後2カ月までは無理に着替えなくてOK

そもそも赤ちゃんにパジャマはいつから着せたらよいのでしょう?実は赤ちゃんによって、夜パジャマを着せるようになるタイミングはそれぞれで、特に決まりはないのです。

赤ちゃんの洋服は基本的にはどれも眠るのに快適なように作られているので、そのままの洋服で夜眠ってしまっても問題ありません。特に昼も夜も3~4時間ごとに授乳が必要な新生児の頃は無理に着替えなくてもよいのです。ただ、夜パジャマに着替えることで赤ちゃんは昼と夜を区別できるようになってきます。

だいたい生後3~4カ月頃、授乳の間隔や睡眠時間が安定してきたら、パジャマではなくても夜寝る用の服を決めて着替えさせてあげましょう。夜は昼寝と違ってぐっすり長く眠る習慣がついてきます。

新生児期はロンパース型パジャマがおすすめ

赤ちゃんの洋服やパジャマにはロンパース型とセパレート型があります。

ロンパースはトップスとボトムスが一体になっていて、股の部分がボタンなどの留め具で開け閉めできるようになっており、頻繁におむつ交換が必要な新生児期の赤ちゃんにおすすめです。

まだ起き上がったり寝返りしたりできない赤ちゃんでも、寝たまま着替えやおむつの交換ができます。また、全身つながっているので寝ている間にお腹を出して寝冷えしてしまう心配もありません。

ロンパース型にも、頭からかぶせて着せるタイプや、ボタンやファスナーで前開きになっているものがあります。まだ首がすわっていない赤ちゃんやお座りができない赤ちゃんには、着せるのが簡単な前開きのものがおすすめです。

お座りができたらセパレート型のパジャマも

セパレート型のパジャマはトップスとボトムスが分かれていて、ロンパースに比べると赤ちゃんっぽさが抜けてグッとお兄ちゃんお姉ちゃんらしさが増します。

だいたい月齢6~7カ月ごろ、1人でしっかりお座りできるようになったら、セパレート型のパジャマもおすすめです。寝ている間にパジャマがめくれてお腹が出てしまわないか気になりますが、ボトムスに腹巻がついていたり、ボタンでトップスとボトムスを留められるようになっていたり、いろいろな寝冷え対策がされているパジャマもあります。

上は半袖、下は長ズボンなど季節の変わり目の微妙な調整もしやすいですし、授乳や離乳食などで汚してしまっても、汚れているトップスだけ着替えることもできるようになります。

季節別!赤ちゃんが寝るときおすすめの服装

寒暖差に注意。春、秋の寝る服装の選び方

季節の変わり目の気温の変化には、肌着とパジャマの組み合わせで対応していきましょう。このときも、大人と子どもの平熱の差を意識して、大人より少し薄着を目安に準備してみてください。

具体的に、寝るときの気温別にご紹介すると
●10℃前後...長袖の肌着に厚手のパジャマ(長袖)
●15℃前後…タンクトップや半袖の肌着と薄手のパジャマ(長袖)
●20℃前後...タンクトップや半袖の肌着と薄手のパジャマ(半袖)

日中は過ごしやすい気候が多くなる春と秋ですが、同じ一日の中でも寒暖差が大きく、服装の選び方が体調管理の大きなカギとなってきます。朝方の冷え込みが気になるときは、スリーパーなどもうまく活用して、赤ちゃんを守ってあげてくださいね。

夏は通気性と吸湿性の高い素材の服装を

暑がりな赤ちゃんの夏は、汗疹やおむつかぶれが心配です。特にまだ寝返りができない時期には肌着やパジャマの素材に十分気を付けましょう。綿や天竺(てんじく)、ガーゼなどは寝汗をしっかり吸収してくれて通気性も伸縮性にも優れています。

真夏の暑い夜、赤ちゃんのパジャマは半袖肌着のロンパース1枚だけでも十分です。ロンパース型はお腹が出ることもなく、おむつ交換がしやすいのでおすすめです。下に1枚着せる場合には、メッシュ生地のタンクトップがおすすめです。

ロンパース型を卒業してセパレート型のパジャマにする場合は、夏でもお腹の冷えに気をつけて、腹巻がついているものやトップスとボトムスをボタンで留められるようなものを選ぶと安心です。

厚着に注意!冬の服装選びは保温性重視

寒い冬にはついつい厚着させすぎてしまうことが多いです。寒がりや冷え性のママは特に要注意ですよ。着せすぎは汗疹や寝冷えの原因になるだけではなく、体内に熱がこもってしまうことで熱中症のような症状になり、乳幼児突然死症候群の原因にもなりうるといわれています。

体温がまだ安定していない赤ちゃんには、吸水性が優れた綿素材や、通気性の良いガーゼ素材の肌着やパジャマを重ね着するのがおすすめです。重ね着することで保温性も増し、体温調整がしやすくなります。

また、冬用のパジャマには裏起毛やキルト、フリース素材のものもあります。スリーパーや暖房を使用しない場合や、特に冷え込みが厳しい日のために準備しておくのもよいかもしれません。

まとめ

赤ちゃんのパジャマについてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。服装の目安については参考程度にしていただき、赤ちゃんが暑がったり寒がったりしていないかよく確認してあげてくださいね。

確認するときは、顔色だけではなく背中に手を入れてみるとよくわかります。汗ばんでいたら1枚脱がせてあげましょう。手足が冷たくなっていても、背中が暖かく顔色もよければ赤ちゃんは快適に眠れていますよ。

ぜひ、お子さんに合った寝るときのスタイルを見つけてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018