就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

楽しい図案で子どものために刺繍を!ママが想いを込める大切な時間

楽しい図案で子どものために刺繍を!ママが想いを込める大切な時間

刺繍は一針一針がどんな図柄になっていくのか、想像しながら手を動かすのが楽しいもの。これから生まれてくる赤ちゃんのことを想像しながら刺繍を作る時間は、ママになる喜びを想像できる楽しい時間になるでしょう。赤ちゃんが生まれてからも、子どもの絵を図案にして刺繍をしたりするなど、無限に広がる楽しみ方があると思いますよ。

子どもが喜ぶママ手作りの刺繍グッズ

赤ちゃんへの手作りギフトにぴったり

赤ちゃんが生まれた記念に作る「ベビーバース・サンプラー」という刺繍を知っていますか?

赤ちゃんが生まれた日付や身長・体重などをステッチして作る刺繍のことです。かわいらしいモチーフも一緒にステッチして、額に入れれば素敵な誕生の記念になります。ご自身の赤ちゃんの誕生記念に作成するのもよいですが、赤ちゃんが生まれた人へのプレゼントにも最適です。

赤ちゃんが生まれるまでに少しずつモチーフや周りの柄をステッチして、赤ちゃんが生まれたら日付や赤ちゃんの名前を入れるとよいでしょう。赤ちゃんの誕生を楽しみに、一針一針想いを込めて刺繍をすることは、プレママ期間の大切な思い出になることと思います。

簡単に作成できるキットも発売されているので、手軽に楽しめますね!

おしゃれ好きな女の子にぴったりのヘアゴム

刺繍にはさまざまなステッチの技法があります。まずは基本のランニングステッチから始めて、クロスステッチ、フェザーステッチ、サテンステッチといろんな種類のステッチを駆使できるようになれば表現できるデザインの幅が広がります。ステッチの技法についてはインターネットの動画でも見ることができるので参考にしてみましょう。

サテンステッチやフレンチノットステッチを使えば、かわいらしい花柄を表現することができます。おすすめはくるみボタンのキットに花柄を刺繍したヘアゴムです。材料は100均でも購入することができ、手軽にかわいいヘアアクセサリーを作ることができます。

いろんな花柄を刺繍したヘアアクセサリーは、女の子なら大喜びしそうですね!

無地の靴下にワンポイント刺繍がキュート

基本のステッチをマスターしたら、無地の靴下にワンポイントを刺繍してみましょう。

靴下に刺繍する場合は、図案を直接チャコペン(時間が経てば消えるもの)で描くか、コピーペーパーを使用して書き写す方法があります。靴下の生地が薄い場合には、接着芯に絵を描いてその上から刺繍をし、あとで余っている部分の接着芯を切り取るという方法もあります。半透明のピーシングペーパーに図案を描けばアイロンで仮接着することができるので、上から刺繍をするときにも作業がやりやすくなります。

靴下に刺繍をするときには、図案の周りに刺繍枠をはめて行いますが、一緒に針を刺してしまうのを防ぐために、刺繍をしない部分はしつけをかけておくか、まとめて丸めておくようにしましょう。

子どもと一緒に刺繍を楽しむコツ

子どもが絵を描いてママが刺繍で仕上げよう

刺繍の楽しさを子どもにも伝えたい…。そんなときには子どもの描いた絵を刺繍にするのがおすすめです。自分の絵が刺繍になって布にデザインされたできあがりを見れば、子どももきっと興味を持ってくれると思います。

子どもの描いた絵を布に転写するときには、布地によってピーシングペーパーや接着芯、チャコペンなどを使い分けましょう。フェルトのような厚手の布や、サテンのような滑りやすい布に刺繍するときには、直接チャコペンで布に図柄を描いた方が刺繍しやすいです。

100均で売っているくるみボタンのキットを使えば、子どもの描いた絵の図柄入りのバッジを作ることができます。また、刺繍した布を適当な大きさに切り取ってフェルトに貼り付ければ、刺繍ワッペンを作ることができますよ。

針を使わないから安心の「紙刺繍」

子どもが刺繍に興味を持ったらぜひチャレンジさせてあげましょう!つまようじと毛糸で紙に刺繍する「紙刺繍」なら針を使わないので安心です。

紙刺繍に必要なものは、図柄を描く画用紙、段ボール、毛糸、つまようじ、穴をあけるためのキリ(コンパスなどでも代用可)、色鉛筆、セロテープなどです。まず、画用紙に大胆に大きく図柄を描いたら、段ボールの上に画用紙をのせて、1~1.5cm間隔で図柄の線上に穴をあけていきます。つまようじの後ろに毛糸をセロテープで固定して穴を通してステッチしていきます。すべての穴を通ったら、逆にステッチして穴を埋めるようにしましょう。

図柄のステッチができたら、色鉛筆などで色を塗ったり、ビーズなどで飾り付ければすてきな作品になりますよ。

【番外編】子どもの絵を刺繍グッズに大変身

子どもの描いた絵を、オーダーでグッズに刺繍してくれる、そんなショップがあります。兵庫県芦屋市のママ友が集まって始めた「mon coeur(モン クール)」。子どもの絵を愛らしいだけでなく、白や銀色の刺繍糸を用いた洗練された刺繍にし、おしゃれなグッズとして仕上げた作品が話題になり、雑誌などでも紹介されるようになりました。

子どもの描いた絵を写真に撮り、メールで送れば希望のグッズに刺繍してもらうことができます。作品の人気は高く、手仕事で一つ一つ仕上げる作品のため、注文から完成まで作品によりますが4週間程度の待ち時間が必要なようです。

子どもの描いた絵を、おしゃれなグッズとして普段使いの雑貨に取り入れたい、そんなママにおすすめのショップです。

刺繍タイムをもっと楽しくするアイデア

刺繍糸をおしゃれにまとめるウッドクリップ

刺繍タイムをもっとおしゃれに楽しむために、刺繍道具の収納にもこだわってみましょう。

刺繍糸は束にまとまっているものを何本どりかによってさばいて使用しますが、数本ずつさばいて使用しているうちにばらばらになってまとめにくくなってしまうもの。また、買ったときに刺繍糸をまとめている紙テープはすぐにどこかにいってしまってまとまらなくなってしまいます。

そんなときには、刺繍用のグッズではないのですが、100均で売っているウッドクリップで刺繍糸をまとめる方法がおすすめです。ウッドクリップなら刺繍糸の端を挟んでほつれないようにしておくことができますし、さまざまな色の刺繍糸を巻き付けたウッドクリップは見た目もかわいらしいですよ。

2色の刺繍ならさっと始めて中断も簡単!

さらに刺繍をおしゃれに見せるには、シンプルな配色の刺繍がおすすめです。2色だけの刺繍糸を使って、レトロでおしゃれな雰囲気のある刺繍を紹介する本も販売されています。

多色を使用する図柄の刺繍には、たくさん刺繍糸を用意しなければなりませんし、図柄が完成するまでいろんな色の刺繍糸を少しずつ使って図柄を組み立てていくので、使いかけの刺繍糸が少しずつ針に残ってしまいます。刺繍糸は微妙に色合いの違うものを使用するので、一度使った糸はまた別の図柄に使うことが少なく、どうしても無駄が出てしまいます。

そんなとき、2色だけの図案なら使う糸の種類も少ないので刺繍糸の無駄が少なくて済みます。また、同じ糸を使うことが多いのでいつでも中断でき、作業も始めやすいのが魅力です。

刺繍の合間にハーブティでリラックス

刺繍はちくちくと細かい針仕事で作るものですから、どうしても目が疲れます。目の疲れはそのままにしておくと肩こりや頭痛の原因にもなってしまうので、疲れを感じたときにはこまめにリフレッシュしましょう。

刺繍タイムの合間のリフレッシュ法としておすすめなのがハーブティーです。ハーブにはいろんな種類がありますが、それぞれに効能があり、マロウやビルベリー、ハイビスカスのように目の疲れによい効果をもたらすものがあります。

マロウやハイビスカスは色も鮮やかで、見た目や香りにも癒されることでしょう。ただ、ハーブは薬効成分が強いものもあり、ものによっては妊娠・授乳中には禁忌とされるものもあります。心配な方は専門家の意見を参考にして選ぶようにしてくださいね。

まとめ

刺繍は手軽な材料で取り組むことのできる手芸です。赤ちゃんが生まれてくる前には、刺繍を楽しみながら生まれてくる赤ちゃんに思いをはせることができるでしょう。

赤ちゃんが生まれたら、お昼寝の時間など、ちょっとした時間に針を進めると、忙しい子育ての日々の中での癒し時間になります。少し子どもが大きくなったら、子どものイラストを刺繍にしたり、一緒に刺繍を楽しんだりして、刺繍を通して子どもとの時間を持つことができるでしょう。

刺繍を通して、子どもとの大切な時間をつむぐ思い出作りができるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR