就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児とシャボン玉で遊ぼう!効果やおすすめの商品、自分で作る方法

幼児とシャボン玉で遊ぼう!効果やおすすめの商品、自分で作る方法

外で手軽に遊べて、自然と子どもの笑顔が引き出せるシャボン玉。何だか子どもってシャボン玉が大好きですよね!小さなときは親が飛ばしてあげて楽しむものでしたが、幼児となると、軽く教えたら、もう自分で飛ばし楽しめてしまいます。今や飛ばして楽しむだけではないのです。子どもと一緒にシャボン玉遊びの幅を広げましょう。

シャボン玉で幼児と遊ぶときの効果や注意点

子どもと遊ぶシャボン玉の効果を知ろう

シャボン玉ってキラキラして、きれいですよね。キラキラしたものに惹かれる子は多いものです。飛んでいってしまったシャボン玉を追いかけてみたり、自分の背より高く飛んでいるシャボン玉にジャンプして触ろうとしたりします。こうして体が自然と動きますし、気付いたら汗をかくほど楽しんでしまっています。

いざ触ろうとしても、触ったら割れてしまい、キョトンとした表情も目に浮かびます。割ってもよいのだと思ったら、手で叩いてみたり、踏んでみたりと自分なりに考えて割ってみようとするでしょう。その瞬間の思いつきがいろんなことを工夫をしたり、不思議なものへの興味を持ったりすることにつながります。

シャボン玉遊びは、子どもの体と心の発達に効果があるようですね。

自分でシャボン玉が吹けるようになる年齢

市販されている、ストローを吹いて飛ばすタイプのものは対象年齢3歳~とされているものが多いようです。液を誤って飲んでしまわないか心配ですよね。市販のシャボン玉ストローは、安全基準により穴が開いているなど吸い込めない構造になっているはずです。そこを確認してから遊ばせてあげてください。

ストロータイプのものは、ストローを「吹く」動作ができればよいので、特に「何歳から」ということはないようです。ただ、目に見えない「吹く」動作を幼児に教えるのは難しいですよね。

そんなときはほかのことで息を吹く練習をしてみるとよいです。ラッパやハーモニカを吹かせてみると、音が出るので「吹く」という動作が分かります。「フー」と口でいってコツをつかむのもよいですよ。

幼児とのシャボン玉遊びで気を付けたいこと

楽しいシャボン玉遊びですが、気を付けなければならないことがいくつかあります。

まず、誤飲してしまう心配です。慣れないうちは大人が液の入れ物を持っていてあげると安心です。誤飲の危険を考えると、安全基準を満たした証(STマーク)つきの商品を選んでおくことが大切ですね。

子どもは夢中になると周りが見えなくなってしまうことがありますよね。シャボン玉が飛んでいてそれを追いかけているうちに何かにぶつかったり、道路に出て事故に遭ってしまったりする危険もあります。目を離さないようにしてくださいね。

周囲に人が多いときなどは風向きに注意しましょう。洗濯物についたり、公園ではお弁当に入ったりなどのトラブルも気を付けたいですね。

成長のきっかけの子どもの“やりたい”が見つかる習い事を見つけよう

PR

「幼児教育」「水泳」「体操」「英語」など、子ども向けの教室は多様にある中で子どもに合った教室を見つけてあげたいとスクール探しに悩んでいるママも多いかと思います。今回は、子どもの持つ「個」を大切にしたプログラムを組む『仙台YMCA』をご紹介します。

試してみたい!おすすめシャボン玉商品三つ

絶対楽しい「シャボン玉の中にシャボン玉」

バブルガンの「BUBBLEインバブル」はその名のとおり、シャボン玉の中にシャボン玉ができる優れものです。しかも電動なので、まだストローを吹いてシャボン玉が作れない年頃の子どもでも楽しめますよ。慣れるまでは大人の方がそばで付き添っていた方が安心ですよ。

思わず、なんでなんで?といいたくなるような見たことのないシャボン玉が次々と出てきます。子どもがこの商品でできるシャボン玉には、さらに中にもシャボン玉が入っていることに気づけば、もっと近くで見たいとよい笑顔を見せてくれるのではないでしょうか。目に浮かぶようですね。

大人も一緒に楽しめる「触れるシャボン玉」

小さい頃に夢見た触れるシャボン玉という商品が発売されています。大手ホームセンターのカインズから販売されている「さわれる 魔法のシャボン玉」という商品です。

専用の手袋を着用するとシャボン玉に触ることができます。対象年齢は6歳~、60ml入りで¥498とお買い得な価格です。休日や日常の中のイベントで楽しんだりするのにおすすめです。

テレビなどでこのような仕掛けのシャボン玉が作れると見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、自分でシャボン玉液を作るのは少し気が重いですよね。しかし、身近にあるカインズでこの商品を購入すれば、手軽に触れるシャボン玉で楽しむことができます。子どもにとって不思議な体験となりそうですね。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版