就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の服の選び方を知ろう!サイズや素材、購入場所まで一挙公開

新生児の服の選び方を知ろう!サイズや素材、購入場所まで一挙公開

生まれたばかりの赤ちゃんの服は、どのようなものを用意すればよいのでしょうか?季節によっても用意する服や枚数が違ってきますし、初めての赤ちゃんだとどうしようと悩むママも多いでしょう。そこで、基本的な新生児服の種類や用意するものなどをご紹介します。

新生児に必要な服や肌着の種類と選び方

肌着は4種類!それぞれの特徴を知ろう

赤ちゃんの基本の肌着4種類をご紹介します。

短肌着は、新生児~3カ月ごろまで使う丈の短い肌着です。股下が開いているため、おむつ替えがしやすく、紐で結ぶタイプが多いです。

長肌着は、短肌着と同じ形状で短肌着より丈が長いのが特徴です。寒い時期に短肌着の上に重ねて着せます。最近では長肌着を買わず、コンビ肌着で代用するママも多いです。

コンビ肌着は、裾が長く股下にスナップがついています。スナップがついているため足をバタバタさせてもはだけないので重宝する肌着でしょう。

ボディ肌着は、股下がすっきりしてスナップがついているため、はだけません。また、かぶり、肩にスナップがついたかぶり、前開きスナップ、前開き紐などの種類があります。

服は上下つながったものが基本

赤ちゃん用の服には基本の肌着のほかに、ロンパース、カバーオール、ツーウェイオール、ベビードレスなどがあります。これらはすべて上下がつながった、つなぎタイプの服となります。

上から下までつながっているということは、動いてもはだけませんし、お腹が出る心配もないので安心ですね。股や足の部分には、スナップがついているので、おむつ替えを簡単にできます。

ロンパースとカバーオールの違いが、分かりにくいママもいるかもしれません。ロンパースは、足部分は覆われておらず、肌着としても使用できるものです。カバーオールは、足部分がズボンのように覆われていて、アウターとして使えます。

夏場など、家庭内ではロンパースだけという赤ちゃんもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんは体温調節が苦手

赤ちゃんは、体温調節中枢の働きが未熟なため、体温調節が苦手です。夏は、暑いと外気温に左右されて熱が上がってしまいます。冬は寒いからと服や布団を着せ過ぎたり、室温を上げ過ぎたりすると体温が高くなってしまうでしょう。

体温を測ってみると熱があり、びっくりして病院へ連れて行くなどということもよくあります。病院について着るものを減らして測ると、平熱ということもありますね。産婦人科によっては、真冬生まれの赤ちゃんが自宅に帰ったあとの室温を指定する場合もあります。

赤ちゃんが自分で体温をコントロールすることができない以上、パパとママが気をつけなければなりません。体温調節ができるようになってくるのは2歳ごろですから、それまでは気をつけましょう。

服のサイズは大き目を購入しても大丈夫?

新生児の服の標準サイズは50から60

新生児の平均身長は男の子49.0cm、女の子48.4cmです。生後1カ月には、男の子53.5cm、女の子52.6cmまで成長します。このことから、生まれる赤ちゃんのために用意する服のサイズは50~60cmくらいということになります。

赤ちゃんの服は、縫い目が裏返しやタグが肌に直接当たらないようにしてあります。成長すると中国製のものが多くなりますが、新生児期のものは日本製も多く作られていて、漂白剤や余計な薬剤が使用されていない、ホルムアルデヒドに配慮したものなどが売られています。

また、欧州製やブランド物のなかには、日本のサイズより小さめのものもありますので、サイズをきちんと把握したうえで買うようにしましょう。

大き過ぎる服は赤ちゃんの動きを邪魔する

赤ちゃんはすぐに大きくなりますので、あまり着ないうちに服がサイズアウトしてしまうこともよくありますね。そのため、もったいないから大きめを買おうと考えるのも当然かもしれません。

子育て中のママなら一度は、ぴったりか大きめかで悩むものでしょう。では、どちらの方が赤ちゃんにとって着心地がよいのでしょうか?

欧州製が日本製より小さく作られることには、理由があります。伸縮性のある生地で作った服を赤ちゃんにジャストサイズで着せ、動きやすさを優先させるという考えからです。

赤ちゃんは、動きが未熟です。ぴったりサイズは、事故防止と保温、吸汗性を高めます。そしてぴったりサイズは、成長した赤ちゃんの転倒や汚してしまう可能性を低くする効果があります。

ぴったりサイズは保温性能も高い

赤ちゃんは、体温調節機能が未熟です。そんな赤ちゃんには、外からの力で保温性を確保してあげる必要があります。また、汗っかきな赤ちゃんの汗を吸収してくれることも重要となります。

ぴったりサイズは、吸汗性に優れています。間に隙間があるより、肌に近い方が汗をよく吸ってくれるのは、何となくお分かりだと思います。

保温については、大人の服で考えてみましょう。大人の冬用インナーで保温性を謳っているものは、ぴったりしていませんか?要は、それと同じです。赤ちゃんもぴったりしている方が、保温効果が上がるのです。

では小さいものはどうでしょうか?小さいものもまた弊害が大きいです。血流が悪い、動きにくい、動きにくいから怪我や事故が起こる結果となります。

産まれる季節によって服の枚数を変えよう

朝と夜の気温差が激しい春や秋生まれ

春の昼間はポカポカ暖かい日差しがありますが、夜になると冷えることがありますね。また秋は、9月と11月では全然違います。それでは、どれを何枚くらい揃えればよいのでしょうか。

基本の短肌着は、春秋ともフライス素材のものを5~6枚ほど用意します。50cmと数枚の60cmの両方を用意しておくとよいでしょう。コンビ肌着または、長肌着も4~5枚ほどあるとよいですね。コンビ肌着と長肌着は、短肌着の上に重ね着します。

ツーウェイドレス、カバーオールなどは、2~3枚程度でしょう。赤ちゃんは基本的にあまり家を出ませんが、1カ月健診や急病、どうしても外出しなければならないときのものも必要です。あとは、おくるみか羽織れるものがあるとよいでしょう。

汗をかきやすい夏生まれ

夏の暑さも考えなければなりませんが、最近は自宅でもどこでも冷房をいれていることが多いので、昔のように暑さだけを考えたものでなく、体温調節のできない赤ちゃんが冷え過ぎてしまわないようにすることも大切です。

短肌着5~7枚程度用意します。汗をかくので、春秋より多めの枚数を準備して、すぐに着替えられるようにしておきましょう。サイズは春秋同様、50cmと60cmがよいでしょう。素材は、通気性のよいガーゼや天竺などがおすすめです。通年で使えるフライスも1枚あるとよいですね。

コンビ肌着5枚ほど、外出用にツーウェイドレスやカバーオールを1~2枚用意します。汗をかいたらすぐに着替えさせて、赤ちゃんのデリケートな肌を守りましょう。

重ね着で寒さを防ぎたい冬生まれ

冬生まれの赤ちゃんは、寒さ対策も必要となります。短肌着を5~6枚、サイズも50cmと60cmを用意します。寒さを防ぐために、コンビ肌着や長肌着を重ね着します。長肌着には裾にスナップないため、スナップつきのはだけにくいコンビ肌着を利用する人が多いです。

短肌着などの素材は、通年用のフライス素材か、暖かい素材のスムースなどでもよいでしょう。コンビ肌着にもフライスだけでなくパイルやスムースもありますので、検討してみましょう。

短肌着やコンビ肌着、長肌着の上には、ベビードレスやツーウェイドレスを用意しておきます。また外出用にアウターやおくるみを用意することも忘れないようにしましょう。これらは、退院時にも必要となってきます。

新生児服は事前に買いすぎないようにしよう

赤ちゃんは成長が早く着られる期間が短い

生後1カ月間で身長だけでも平均4~5cmも伸びます。生後3カ月目には生まれたときから、10cm以上も大きくなっています。

1歳ごろには、男の子が約75.0cm、女の子が約73.4cmまで伸びます。そのことから、この1年間で25cmほど伸びることになります。思春期のころですら、1年でこんなに伸びることがないことを考えると、1歳になるまでの期間は、とてつもない伸び率となるのが分かりますね。

そんな短い間に身長が伸びてしまう赤ちゃんの服は、まだ着られるほどきれいな状態であっても小さくなってしまいます。そのため、同じようなサイズのものを数多く揃えていても着ることなく終わってしまうこともありますので買い過ぎないようにしましょう。

基本的に出かけることがない

生後1カ月までの間に出かけるのは、1カ月健診や急病、黄疸などの継続検査などになります。そのため、基本的に出かけることはあまりないでしょう。

赤ちゃんの体調のために急用でないかぎり、できるだけ外出は控えます。どうしても必要な場合は、車などでの移動を選ぶことになるでしょう。

あまり外に出ないということは、外出着の数もそう多くはいらないということです。初めは、ベランダや窓際での外気浴から始めて、散歩は1カ月健診が終えて問題がなければ少しずつ始めます。

用意する外出着は、生後3カ月あたりまで着ることを考えられている60cmサイズを選びましょう。ただし、小さく生まれてしまった赤ちゃんの場合は、50cmサイズも必要になるかもしれません。

足りなければその都度買い足して

よく出産雑誌や専門店には、出産準備品として「短肌着〇枚、長肌着〇枚、コンビ肌着〇枚…」と記載しているリストがありますよね。初めての赤ちゃんだと、よく分からないので書かれているとおりに揃えるママも多いのではないでしょうか。

しかし、リストを見ていると、多くの種類や物を揃えないといけないような気がしてきますね。実は、このリストに書かれているものすべてが必要というわけではありません。買ったものの、使わなかったものもわりと出てくるものです。

そのことを考えると、服も赤ちゃん用品も揃え過ぎない方がよいといえます。出産直後は買いに行けないから産前にという気持ちもわかりますが、足りなければパパに頼むか、通販で注文するという手もありますよ。

新生児の服の取り扱いが豊富なショップ

日常使いならショッピングモール

赤ちゃんの服を選ぶのなら、ぜひ目で見て確かめてからと考えるママも多いかもしれませんね。実店舗なら、素材、手触り、色、形、大きさなど表示だけでは分からないことも実物で確認することができます。

その上で、納得・安心して購入できるのがよいところですね。ショッピングモールなら複数の赤ちゃんブランドを扱っている専門店や特定の赤ちゃんブランド店などがありますので、見比べることは容易でしょう。

同じ綿100%、スムース、フライス、50cmと書いてあっても、ブランドによって大きさ、手触りは違ってくるものです。縫い目やタグの場所なども異なってきます。

肌がデリケートな赤ちゃんには、その辺りも確認できるとママも安心して着せることができますね。

品質にこだわるならデパート

安定の品質を求めるなら、デパートになるでしょう。ただし信頼と品質は確かですが、ほかの店舗で買うより高額になることは否めません。

バイヤーの目で見た有名ブランドの確かなものが商品として並ぶデパートは、年配の方たちには人気があります。ママやパパは、値段や将来の養育費のことなどを考えて「あまり高いものは…」と考えることも多いです。

しかし、孫にはよいものを着せたい祖父母は、デパートで用意するようにと主張することがあります。すると、ときに衝突が見られます。

そのときは、「よいものを買ってあげたいけど、高いので手が出ません」と経済状態などを説明しましょう。そして、援助やプレゼントしていただけるならありがたく受け取ってはいかがでしょうか。

お手軽さなら通販サイト

好きなブランドの店が遠かったり、目的の商品が近くの店に置いていなかったりした場合に便利なのが通販サイトです。

総合通販サイトの利点は、条件で絞ると似たものや同じ商品の値段比較が簡単にできることです。また希望商品があるなら、商品名で検索すると在庫の有無、値段や送料との比較など一目瞭然です。

通販サイトには、デパート、赤ちゃん用品専門店や、オンラインモールなど、さまざまなものが存在します。デパートや赤ちゃん専門店のものは、直接行かなくても服だけでなくほかに必要なものを同じ店で一気に購入できますし、オンラインモールなら欲しいものをピンポイントの最安値で買えたりできます。

欲しい商品を見比べて、どのサイトにするのか選びましょう。

新生児の服を通販で購入するときの注意

肌に優しい素材かチェックしよう

肌がデリケートな赤ちゃんや小さい子どもが着る服は、素材が大切です。赤ちゃんに最も向いている素材は綿、それも綿100%です。新生児用の肌着の多くは、日本製か外国製、フライスやガーゼ、スムースなどの織りの違いはあれど、綿100%が主流です。

また、ねんね時間が長い赤ちゃんにとっては、服だけでなく寝具の素材も重要になってくるでしょう。しかし、寝具にはさまざまな素材があります。

毛布だけでも綿毛布、アクリル、ポリエステル、フリースと種類が豊富です。この中で赤ちゃんへ安心して使うことのできる素材は綿毛布でしょう。

ただ、綿毛布の中にも縦糸は綿糸だけど横糸は化繊というものも含まれますので、できれば綿100%のものを探すようにしましょう。

サイズは月齢よりも体重を重視しよう

赤ちゃんの大きさは同じ月齢でも体重がかなり違い、個人差があります。赤ちゃんの服を選ぶときは月齢や身長ではなく、体重を基準にしましょう。

身長の場合は、50cmや60cmなど10cm刻みです。そのため、身長ではそう違いは出てきません。しかし、お腹周りや肩、腕周りなどの差は体重によって大きく、身長に合わせるとピチピチということもあります。

そのため、身長ではなく体重で選ぶ方が赤ちゃんにとって着心地がよい状態になります。生後3カ月は60cmで6kgという具合に売り場にはサイズ表がありますので、参考にしましょう。

また、日本製より欧州製の方がぴったりに作られていたり、ブランドや生産国によっても大きさが違ったりしますので気をつけましょう。

着替えのしやすさや縫い目にも注意しよう

新生児用の肌着は、メーカーによって縫い目やタグのつけ方が異なっています。肌に当たる内側に縫い目がこないようにすべて表側に縫い目を作っているもの、直接当たりやすい部分だけ縫い目を表にしているもの、縫い目も通常の衣服のように内側にしてあるものなどさまざまです。

この中で一番選びたいのは、すべての縫い目が赤ちゃんの肌に当たらないようにしてあるものです。その次に、重要な部分だけでも縫い目を表側にしてあるものでしょう。

またタグの位置も表側につけて赤ちゃんに当たらないようにしてあるもの、首や脇部分にそのままつけてあるものなどがあります。タグは大人でも痛みをともなうものもありますので、どこにあるのか気をつけて見るようにしましょう。

新生児の女の子に人気のブランド

世界が認める日本ブランド「ミキハウス」

ミキハウスというブランド名は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ミキハウスは、日本のブランド企業です。有名ですが値段も少々お高いので、買うよりもいただきものがミキハウスだったというママも多いでしょう。新生児の肌着から140cmくらいの子どもの服まで揃っています。

ミキハウスの肌着の特徴は、次のとおりです。

1.縫い目とタグはすべて表側
2.脇に縫い目がない一枚仕立て
3.胸元と首元にぴったりフィット
4.ほつれにくく、よれにくいひも
5.着心地を考えた平面縫製
6.腕を動かしやすい立体構造
7.安心安全な日本製

素材も季節によって選べるようにフライス、天竺、メッシュ天竺、二重ガーゼ、ニットガーゼが用意されています。

優しい色使いが人気の「ファミリア」

ファミリアは、戦後の混乱期に4人の女性によって神戸で創業されました。商品は、新生児のものから160cmくらいの子どもの服まで展開されています。ファミリアのこだわりは、素材、縫製、デザインすべてが赤ちゃんのために考え、工夫されたものとなっています。

まず、日本製の糸を使い、筒編みで縫い目のない1枚生地を作ります。そのため縫い合わせのない安全な肌着を作ることが可能となります。編みは伸縮性があり、洗濯に強いフライスを採用しています。

肌着についているワンポイントなども、1枚1枚手作業でつけられています。新生児肌着は、タグと縫い目は表側になるようにしています。月齢や年齢に合わせた裁断は、ていねいに手作業で行われます。

女の子らしい服が揃う「ジェニー」

ジェニーはミキハウスやファミリアと比べ、手頃な値段で販売されています。しかし、メインは子ども服ブランドなので、ミキハウスやファミリアのように小さい子向けのものが多くありません。主なターゲットは130~160cmくらいの小学生です。

そのため肌着などではなく、ロンパースやジャンプスーツ、ポンチョ、ワンピース、スカート、ズボンなどの商品となります。サイズも70~90cmくらいで、少し成長した赤ちゃん用ですね。

なかには日本製もありますが、中国製などが多いです。普段着やちょっとしたお散歩などに使えそうなものが多いのも特徴でしょう。年の離れたお姉ちゃんがジェニーを好きで、統一感のある服を着せようと思うならかわいいかもしれませんね。

新生児の男の子に人気のブランド

シンプルで高級感のある「ラルフローレン」

ラルフローレンは、アメリカ生まれのブランドです。自分では高くてなかなか手がでないけれど、お祝いにいただけると嬉しいブランドの上位に常に上がるのが「ラルフローレン」です。

赤ちゃんの服となると、赤ちゃん・子どもらしさを前面に出したかわいいデザインが多いですが、ラルフローレンはどちらかというと大人っぽいデザインとなっています。赤ちゃんが着るカバーオールのような上下つなぎの服も襟つきが多く、大人が着るシャツの生地で作ったものもあります。

買うときに気をつけなければならないのは、アメリカ直輸入で販売している場合のサイズ表記でしょう。日本の表記とは異なっていますから、対応表などをきちんと確認してから購入するようにしましょう。

かっこいい服が揃う「ディーゼル」

ディーゼルは、イタリアのブランドで生後3カ月のサイズから取り扱っています。ロンパース、ジャンプスーツ、Tシャツ、コートなどが販売されています。生後12カ月以前はロンパースやジャンプスーツなどが少しある程度ですから、1歳を過ぎてからの方が種類も多く、選びやすいでしょう。

1歳以降には、Tシャツやデニムパンツ、ジャンパー、パーカーなども出てきます。胸にブランド名のロゴが大きくついているものも多いので、好みが分かれるところかもしれません。

赤ちゃんや小さい子どもの衣服で気になる素材ですが、公式サイトでもそのあたりの情報は公開されていません。素材が気になるママは、問い合わせるか直接店舗などで購入する方がよいかもしれませんね。

おしゃれで取り扱いが豊富な「ギャップ」

ギャップは大人の服も取り扱っていますので、知っているパパとママも多いでしょう。ベビー服のサイズは、45cmからあります。

45cmはボディシャツやカバーオールがメインで、50cmのものは、それに加えてフードつきカバーオール、フードつきパーカーなどが加わります。短肌着やコンビ肌着のような新生児が着る肌着は取り扱っていないようです。

フードつきの服がさまざまあり、ホームページにはオンライン限定商品も多く載せられています。シンプルな色合いやデザインのものも多く、組み合わせしやすいものとなっています。

素材も綿100%なので安心ですね。洗濯機洗いOKのものも多いので、ママも気兼ねなく着せることができるのではないでしょうか。

服以上に重宝するおくるみも忘れずに

授乳や寝かしつけにも使えるおくるみ

退院する赤ちゃんが、布にくるまっているのを見たことはありませんか?赤ちゃんを包んでいるその布が、おくるみです。おくるみにもパイル生地、ガーゼ、毛糸、キルトなどさまざまな素材があります。毛糸は、ママや祖母の手作りの場合もありますね。

「うちの子は夏に生まれるから、おくるみは必要ないのでは?」と思うかもしれません。しかし、このおくるみは、素材を変えれば季節問わず重宝します。

夏の冷房がきいた室内も、体温調節が苦手な赤ちゃんにとっては大敵です。そのときにおくるみがあるだけで、身体が冷え切ってしまうのを防ぐことができます。

ベビーカーに掛けることもできますし、泣き止まない赤ちゃんを「おひな巻き」してあげるときに使うこともできますね。

季節に合った素材を選ぼう

季節に合わない素材、分厚さのものを用意すると、せっかくの準備も用をなさなくなります。おくるみは、赤ちゃんが足をバタバタし始めるころまでは使えますので、その季節に合わせたものを準備しましょう。

夏は通気性がよい素材、ガーゼや薄手の綿素材などを選びましょう。冬は、防寒が第一目的となりますので、保温性が大切です。厚手の綿素材やキルトやキルトニットなど暖かいものがよいでしょう。

春秋は、通気性と保温性を兼ね備えたものがよいでしょう。厚手のパイル地や厚手の綿素材、何重にも重ねられたガーゼなどでもよいですね。

ただし、春でも3月と5月、秋でも9月と11月ではかなり気温差がありますので、素材違いを用意しておいた方がよいかもしれませんね。

おくるみの人気のブランド

aden+anais(エイデンアンドアネイ)は、モスリンコットン100%、レーヨン製のシルキーソフトモスリン、オーガニックモスリンの3種類があり、どれも柔らかい肌触りが特徴です。2~4本などセット売りされていますが、1枚ずつでも購入できます。

タオルメーカーのオリヒロのおくるみは、すべて安心の日本製です。ガーゼのおくるみの種類が豊富なのが特徴で、二重ガーゼ、四重ガーゼ、六重ガーゼがあり、季節によって選ぶことが可能でしょう。ふんわり柔らかな肌触りです。

はぐまむは、肌に優しい素材にこだわった日本製です。おくるみの種類は、綿毛布、六重ガーゼ、五重ガーゼ、三重ガーゼ、漂白を避けた無添加綿毛布があり、それぞれ選ぶことができます。

洗濯の洗剤は赤ちゃん用を使うべき?

新生児の敏感な肌に合った洗剤を選んで

「赤ちゃんの肌着は、どんな洗剤で洗えばよいの?お店には赤ちゃん専用も売っているけど、高いから大人用でよいかしら?」と悩むママも多いのではないでしょうか?

赤ちゃんの衣服を洗う洗剤で気をつけなければならないのは、蛍光剤や漂白剤が配合されているものです。特に蛍光剤入りの洗剤は使うのは控えましょう。赤ちゃんの肌に影響が出てしまいます。

それから洗剤の形状ですが、石鹸カスなどが衣服に残る可能性があることから液体洗剤がすすめられています。残存洗剤を吸い込んでしまう恐れがあるからです。

赤ちゃん専用洗剤もありますが、高いと思う場合は、無添加のものや石鹸成分でできたものも売っていますので、ドラッグストアなどで探してみましょう。

洗剤だけでなくすすぎ回数も重視して

添加物の少ない液体洗剤を使用した上で、気をつけなければならないことはなんでしょうか?それは、石鹸カスが残らないように大人のものを洗うときよりすすぎに気をつけることと、投入洗剤の量です。

すすぎは、回数を多くすると溶け残りなどが減ります。洗剤投入はキャップなどで量ると目安になりますが、汚れ落ちがよいようにと多く入れてしまわないようにしましょう。規定量より多く入れても汚れが落ちるどころか、逆にすすぎ残しがあって赤ちゃんの肌や布を傷める原因となります。

また、赤ちゃんの衣服を洗う際は洗剤もですが、パパやママの衣服と一緒に洗うことも避けましょう。パパやママの服についた汚れや菌が赤ちゃんの服に移ってしまい、肌が荒れることがあります。

産まれる前に水通しをしておこう

店舗で売られている服は、見栄えをよくするためにあらかじめノリづけされています。大人でもノリのきいた服が直接肌に当たると違和感があったり、痛かったりするのではないでしょうか。

赤ちゃんの肌は、大人より薄くデリケートです。そのままでは、肌を傷めたり、薬品でかぶれたりする原因となります。また、ノリがついていると吸水性、吸湿性が悪くなります。

水分を吸わないということは、汗をかいても吸い取ってくれない状態となり、肌着や服の役目を果たさなくなります。これでは、赤ちゃんに着せることはできませんね。

そこで一度、水通しすることで肌触りもよくなり、汗を吸い取ってくれるようになりますので、生まれる前に必ず水通しか洗剤で洗っておくようにしましょう。

まとめ

新生児の服選びは、気を遣うものですよね。できるだけ肌に優しいものを着せてあげたいと、ママもパパも考えるものでしょう。

また、赤ちゃんは新陳代謝が活発ですから、家の洗濯機で洗いやすいものを選びましょう。いつも清潔なものを着させてあげられることは、赤ちゃんにとってもママにとっても気持ちがよいものです。

すぐに成長してしまう赤ちゃんの服は、かわいいからと買い過ぎないように注意しながら、素材や形を吟味して選んではいかがでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018