就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳の注意点を知ろう!赤ちゃんやママが受けるリスクについて

添い乳の注意点を知ろう!赤ちゃんやママが受けるリスクについて

添い乳は寝かしつけが楽だと聞くけれど、危なくないかな?と不安を感じているママもいるのではないでしょうか。今回は添い乳をするときに注意したいことや、添い乳したまま寝てしまったときのリスクについてご紹介していきたいと思います。きちんと理解して今後の子育てに役立ててくださいね。

添い乳で赤ちゃんが受けるリスクや注意点

虫歯になりやすくなる

添い乳をすると赤ちゃんがよく寝付くという経験をしたママは多いのではないでしょうか?しかし、歯が生えてきた赤ちゃんには「虫歯になりやすくなる」というデメリットもあります。

母乳の中に含まれる糖分が虫歯の原因だと考えられがちですが、そうではありません。歯が生え始めると離乳食を食べ始めます。

そのため、口の中では細菌が繁殖しやすくなります。つまり、添い乳をして眠ることは、歯磨きをしないまま眠りにつくことと同じため、結果として虫歯になりやすくなるということにつながってしまうのです。

添い乳を行う場合は、離乳食を食べた後にかならず歯磨きをして、虫歯を予防するようにしましょう。歯垢を落とすように丁寧に行えば虫歯のリスクも軽減しますよ。

中耳炎になる恐れがある

添い乳のとき、赤ちゃんは仰向けや横向きの状態でおっぱいを飲みます。この状態でおっぱいを飲むと、母乳が耳の中に流れ込んで中耳炎を引き起こす可能性があります。また赤ちゃんの口からこぼれたミルクが耳に入り、中耳炎になることもあります。

赤ちゃんがおっぱいから口を離したら、できるだけおっぱいを赤ちゃんの耳から離すようにすることでリスクを軽減することができます。さらに添い乳をして赤ちゃんが眠った後に、赤ちゃんの耳に母乳が垂れていないか確認しましょう。

特に生後6~20カ月の赤ちゃんがなりやすいといわれています。早期発見が難しく、1度なるとなかなか治りにくい病気です。赤ちゃんは症状を訴えることができないので、中耳炎にならない配慮をしてあげましょうね。

添い乳なしでは寝られなくなる

ママにとっては楽な寝かしつけ方法かもしれませんが、次第に添い乳をしないと眠れなくなるという、悪い癖が赤ちゃんについてしまう恐れもあります。さらに横になればおっぱいをもらえると赤ちゃんが思うようになってしまい、卒乳も遅れてしまいます。

ママのおっぱいがないと眠れないと、パパにお願いしたくても眠ってくれないということもしばしば起きてしまいます。「ママのおっぱいがない!」と、そのたびに泣かれては、ママも疲れてしまいますよね。

添い乳が癖になってしまった場合、早めに寝かしつける方法を別のものに変える必要があります。大きくなってから変えようとしても、眠りが浅く、数時間おきに目覚めるようになってしまいます。

添い乳でママが受けるリスクや注意点

乳腺炎になるリスクがある

添い乳のリスクは赤ちゃんだけではありません。実はママにも悪い影響が出てしまうこともあります。その一つが乳腺炎です。

こっちの方がよく眠るからと、あげるおっぱいが偏っていませんか?常に同じ方のおっぱいをあげていると、飲み残した母乳がおっぱいに溜まって、そこから乳腺炎になるリスクが高まってしまいます。

また、添い乳では座った姿勢での授乳に比べ吸い方が浅くなってしまうことも、乳腺炎になりやすい原因といわれています。一度乳腺炎になったことがあるママは特に再発しやすいので注意してくださいね。

ついつい楽な姿勢を選んでしまいますが、ママの体のことも考えると、左右まんべんなくおっぱいを吸ってもらうようにしましょう。

睡眠不足になってしまう恐れがある

楽に寝かせられるからといって、添い乳に頼りすぎていると、赤ちゃんが大きくなってからも、一緒に寝ているとおっぱいを探すようになり、赤ちゃんの眠りが浅くなってしまいます。夜中になると、新生児以上に短いスパンで目覚めておっぱいを求めてくることもあります。

赤ちゃんが目覚めるとママも一緒に起きなければならないので、次第にママも寝不足になってしまうかもしれません。日中の子育てや家事の疲れを夜にぐっすり眠ってリフレッシュしたいですよね。

もし赤ちゃんが夜中に起きる回数が増えてきたと感じるようになったら、入眠儀式を早めに違うものに切り替えていきましょう。もちろん夜中に起きる回数も赤ちゃんによって個人差があります。ママが負担に感じてきたら、検討してみてくださいね。

腰痛などの関節痛に悩まされる可能性がある

実は産後の腰痛の原因が添い乳というケースも少なくありません。横になった状態での添い乳は楽に感じるかもしれませんが、実は横向きの姿勢で長時間いることで背骨や骨盤に歪みが生じているのです。

ほかにも、同じ姿勢を取り続けるため、肩や首、手首に痛みを感じていませんか?添い乳をした姿勢でそのままママも眠ってしまうと、朝起きたら寝違えてしまったということもあります。

子育てを行うママの体が朝から不調では元も子もありませんよね。朝からすっきり過ごせるように、寝るときの姿勢には注意していきたいですね。

また、歪んだ体を整えるために子育ての合間にストレッチや柔軟体操を取り入れてみましょう。添い乳をするときはママの体もいたわってくださいね。

添い乳をしたまま寝るときの注意点

窒息してしまう危険性がある

添い乳による1番悲しいリスクといえば、窒息死ではないでしょうか?添い乳のときにママがうとうとしてしまい、寝返りを打った拍子におっぱいで鼻が塞がり、息ができなくなって死んでしまったというケースがごく稀にではありますが起きています。

新生児の窒息死の原因でも、ママやパパが寝返りを打ったとき、赤ちゃんに覆いかぶさって窒息させてしまったというケースは少なくありません。実際にこのような事件は報告されていて、赤ちゃんを失って辛い思いをしているママやパパもいます。

また赤ちゃんがうつ伏せで寝るのも窒息の危険を高めてしまいます。添い乳、添い寝をするときは、赤ちゃんだけでなく、ママが寝返りを打っても安全な体勢になるように配慮しましょうね。

赤ちゃんの吐き戻しに注意しよう

添い乳では赤ちゃんが眠ったままおっぱいを飲んでいるため、吐き戻しをしてしまい、これが原因で窒息してしまうということもあります。赤ちゃんが吐き戻しをしやすいのは胃が「とっくり」のような形をしているせいでもあります。

また、おっぱいを飲み過ぎることによる吐き戻しもよくあります。ママのおっぱいの出がよすぎると飲みすぎてしまい、寝ているときに吐き戻すというケースもあります。

このときは、赤ちゃんにあげる前におっぱいの圧を抜く程度に絞っておくことが効果的といわれています。

吐き戻しの量や回数、原因は赤ちゃんによってさまざまです。もし吐き戻しを繰り返し、体重が増えないなら、勝手に判断せず、かかりつけの医師に相談してくださいね。

ゲップをさせないまま寝ないようにしよう

赤ちゃんがミルクを飲んだ後にどうしてゲップをする必要があるのかご存知ですか?前述の通り、赤ちゃんの胃はまだ未完成でとっくりのような形をしています。このため吐き戻ししやすいのです。

ゲップはおっぱいと一緒に飲み込んだ空気を吐き出し、「吐き戻し」を防ぐ役割があります。ゲップをしないまま寝てしまうと、吐き戻したときにミルクが気管に入り、窒息してしまうリスクが高まります。

そのため添い乳のときにもゲップをさせてあげてくださいね。もしゲップが出ないときは、しばらくは縦抱きをしてあげるようにしましょう。また赤ちゃんが眠ってしまったときは顔を横向きにしてあげると、吐き戻ししたときに気管へ詰まるのを防ぐことができますよ。

まとめ

添い乳にはここで紹介したリスクだけでなく、赤ちゃんがママの肌に触れて安心を感じることができるといったメリットもあります。安心できるからこそ、赤ちゃんも寝付きやすいのでしょうね。

添い乳はママにとっては楽に思えるかもしれませんが、実は赤ちゃんとママの両方にさまざまなリスクがあります。添い乳に頼りすぎないように、授乳のルールを決めておくといいかもしれません。

添い乳をするときはリスクや注意点をしっかり理解して、安全対策をきちんと行ってからにしましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018