就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがいる家族5人分の防災グッズは?万が一に備えて準備しよう

子どもがいる家族5人分の防災グッズは?万が一に備えて準備しよう

最近は巨大地震などの確立が高まっているため、防災グッズを準備しておいたほうがよいのでは?と感じているママも多いでしょう。しかし家族の人数が多いと、なにをどのように準備すればよいのかわかりづらいですよね。今日は5人家族の防災グッズを準備する方法やいざというときに役立つグッズなどを紹介します。

家族5人で防災グッズはどれだけ必要?

乳幼児がいるママは荷物の重さに注意しよう

持ち出し用の防災グッズを準備するときは荷物の重さに注意しましょう。パパなら重たい荷物を持てるかもしれませんが、ママはそうはいかないことが多いでしょう。

一般的に女性が持って逃げることができるのは10kg程度だといわれています。2Lのお水のペットボトルが5本分なので、結構重たいですよね。

赤ちゃんがいる場合は、赤ちゃんと防災セットの合計が10kg以下になるように調整しましょう。重たすぎると逃げ遅れたり、途中で疲れてしまったりしますよ。

乳幼児期の赤ちゃんの成長は早いものです。どんどん体重が増えていくので、赤ちゃんが重たくなったと感じたら防災セットの中身も見直してくださいね。

持ち出すものは、優先順位を付けて選びましょう。

持ち出し用グッズで用意しておきたいもの

持ち出す防災セットに入れるものがわからないというママもいるかもしれませんね。用意しておきたい持ち出し用グッズを紹介しますので、準備するときの参考にしてくださいね。

・身分証明書
・現金
・ランタン
・ホイッスル
・水
・ビスケットなどの非常食
・ウェットティッシュ

現金は10,000円札より1,000円札や小銭を準備しておきましょう。停電になるとお店のレジが使えず、お釣りをもらえないことがあります。

お水はコップがなくても飲める350~500mlなどのペットボトルを準備しておくと便利です。クラッカーや飴など軽くてカロリー補給ができる非常食も入れておきましょう。

ノンアルコールのウェットティッシュは子どもの手や口を拭くことができます。

リュックが背負えるなら子どもの分も用意

子どもが小さいときは、生活で使うものが多いものです。お箸が使えない年齢ならスプーンやフォークがいりますし、まだコップで飲めない子はストローが必要です。

赤ちゃんがいるときはおむつやミルクも持って逃げなくてはいけませんし、避難所で子どもが退屈しないように、おもちゃやお菓子の準備もしておきたいですよね。

しかしパパとママが持てる荷物には限界があります。先ほどお伝えしたように、一般的な女性が持てる荷物は10kgなので無理はできないものです。

自分で歩くことができる子どもがいるなら小さいリュックを準備しましょう。おむつやお菓子など、軽いものを子どものリュックに入れて背負えるようにするよいですよ。

震災を体験したママが役立ったもの

子ども用マスクと飲み物

避難所に食料や生活用品が準備されていることもあります。しかし、小さい子どもは大人用が使えない場合があるので、各家庭で準備しておきましょう。

たとえばマスクは2~3歳の子どもが大人用を使うのでは大きすぎます。東北の被災地では「子ども用のマスクがほしい」と思っていたママが多かったようですよ。

また避難している人が多ければ、水を飲むコップが足りないこともあるかもしれません。一つのコップで回し飲みするのは衛生的にも心配ですよね。

子ども用に小さい飲み物を準備しておきたいものです。常温でも保存できるボトルや紙パックの飲み物があれば安心です。

お水だけでなく、果物などのジュースも持っておくとよいですよ。食欲がないときに飲むことができます。

まとめてあった保険証や貴重品

銀行のATMが止まってしまったときに「身分証明書」があればお金を引き出すことができる場合もあります。保険証は病院に行くときにも使えますし、身分証明書にもなります。

保険証のコピーを防災グッズに入れておくと、いざというとき役立つでしょう。家族全員の保険証のコピーをまとめておくとよいですよ。

保険証のコピーは、クリアファイルに入れたりジップロックなどのビニール袋に入れたりしておくと安心です。雨などから保険証を守ってくれますよ。

先ほどもお伝えしたように、災害のときは1,000円札や小銭を準備しておくと便利です。お札は雨に濡れると破れやすくなりますので、保険証のコピーと一緒にビニール袋に入れておくとよいですよ。

ラップ、ウェットッテッシュ、レジ袋

震災のときはラップやウェットティッシュ、レジ袋がとても役立ったというママも多いです。普段なにげなく使っているものが緊急のときに役立つのですね。

ラップをお皿に敷いて使うとラップを外すだけでお皿がきれいになります。5人分の食器を洗うにはたくさんの水がいるのでラップを使うと便利です。

ウェットティッシュは子ども手や口を拭くことができるとお伝えしましたが、それだけではなく台ふきとしても使えます。また赤ちゃんのおしりふきにもなります。

レジ袋は汚れているものや臭いのするものを入れるのに便利です。水を汲むこともできますし、汚いものを触るときは手袋の代わりにもなります。

レジ袋とタオルなどを組み合わせると簡易的なおむつとしても使えます。

普段の生活から防災の意識を持とう

いつものバッグに防災グッズをプラス

出かけているときに震災にあえば、外出したまま家に帰れない可能性があります。持ち出し用の防災グッズを準備していても使えないかもしれません。

外出先で地震などが起きたときのために、普段から持ち歩いているバッグにも防災グッズを入れておくとよいですよ。

前にお伝えした家族の保険証のコピーは軽いのでバッグに入れておきましょう。子どもたちの母子手帳も持っておくと安心です。

チョコレートやビスケットなどのお菓子も持っておくといざというとき役立ちます。子ども用の飲み物も準備しておきたいですね。

マスクやおむつ、おしりふきも入れておきましょう。緊急のときは、おしりふきで手足を拭くこともできますよ。

ビニール袋や簡易的なカッパもあると便利です。

自宅で過ごすための備えをしておこう

持ち出し用の防災グッズについてお伝えしましたが、家で過ごすための備えも忘れないようにしてくださいね。避難所に行かず、自宅で過ごすことも想定しておきましょう。

長年常温で保存できる非常食を準備しておくと安心です。そのまま開けて食べられるものが便利です。

5人家族の場合は量が多くなるので、置き場所に困るというママもいるでしょう。置き場所がないときは、普段から食べているものを多めにストックしておく方法もありますよ。

フルーツなどの缶詰や長期保存できるパンもおすすめです。ビンに入った離乳食もそのまま食べられるので便利です。

「災害用の保存食」でなくても大丈夫です。家族が3日程度は食べることができる量を準備しておきましょう。

子どもと一緒に用意して意識を高めよう

防災グッズを準備するときは家族で一緒にするほうがよいです。とくに子どもと一緒に必要なものを考えたり使い方を見たりしておくことが大切だといえるでしょう。

家族の人数が多ければ震災にあったときに、全員で逃げるのは難しいものです。考えたくないことですが、逃げる途中で子どもとはぐれてしまうことがあるかもしれません。

子どもがひとりでも防災グッズを使えるようになっていれば、万が一のときも少しは安心です。リュックに食料が入っていると知っていれば、お腹が空いたとき、子どもが自分で食べることもできるでしょう。

防災の意識を高めるために、防災グッズの準備は子どもと一緒にするようにしましょう。避難する場所や経路も伝えておくとよいですよ。

まとめ

災害が起きたときに慌てないように、防災グッズをしっかりと準備しておきたいものです。

身分証明書にもなる保険証は家族全員分のコピーをまとめて持っておきましょう。いざというときに役立つかもしれませんよ。

歩くことができる子どもがいるときは小さいリュックに防災グッズやおもちゃを入れておきましょう。マスクやおむつは軽いので子どもに持ってもらうとよいですよ。

ラップやウェットティッシュは水が使えないときに役立ちます。防災意識が高まるように子どもと一緒に防災グッズを準備しましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR