就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママが在宅で起業するには?起業方法やメリットとデメリット

ママが在宅で起業するには?起業方法やメリットとデメリット

子どもが小さいうちはママが外に出て働くことは難しいと、働くことをあきらめていませんか?でも、在宅で起業をすれば、子どもの面倒を見ながら収入を得ることができます。在宅で起業するにはどのようにしたらよいのか、メリットやデメリットはどんなことがあるのかをご紹介します。

在宅で起業するにはどうすればよいの?

在宅で仕事を始めれば起業になる

在宅で起業するというと敷居が高いように感じるかもしれませんが、雇用関係を持たずママが自宅で仕事を始めるだけで起業となります。

「起業」とは業(なりわい)を起(おこす)と書き、新しく自分で事業を興すことをいいます。これは必ずしも会社を設立するということではありません。

ママ自身でネットショップを開いたり、不用品を売却したりすることも広い意味でいえば起業といえます。ママ自身が在宅で仕事を始めて収入を得ることで、ママは起業して個人事業主となるのです。

在宅で起業することをあまり難しく考える必要はありません。まずは、ママが得意なことや好きなことの中から、利益を得ることができそうなことを探してみましょう。

人脈やネットで顧客を取得する

飲食店やネイルサロンなど集客を必要とする在宅起業の業種によっては、どれだけ顧客を獲得できるかが起業成功の決め手となります。顧客の獲得が必要な起業をする場合は、人脈やネットを活用して集客することをおすすめします。

ママ友や地域のコミュニティによる口コミを利用するのもよいでしょう。ママが自宅で起業していることを口コミで広げることが顧客の取得につながります。

また、ホームページを作成してメールマガジンを活用したり、ツイッターやインスタグラムといったSNSを活用したりすることで、集客することも手段の一つです。

人脈やネットをうまく活用して、なるべくたくさんの人に知ってもらう工夫をすることが、収入を安定させるためのコツですよ。

自宅でネイルサロンや子育てサロンも

起業するママの中には自宅という場所をうまく活用して、自宅サロンを起業するママも少なくありません。自宅が集客できそうな環境であったり、ママの特技や好きなことと仕事が関連付いたりするのであれば、自宅サロンの起業を検討してみてはいかがでしょうか?

人気のある自宅サロンとしてはネイルサロン、アロマセラピー、ヨガ教室、パン・料理教室、子育てサロンなどがあげられます。

出産前から自宅サロンの起業に向けて資格取得をしたり、勉強したりしているママも増えてきています。自宅サロンはママの特技やスキルを活かせるチャンスですよね。

ただし、ママが好きなだけではなかなか集客が難しいサロンもあります。立地条件や自宅の部屋の広さなども含めて検討してみましょう。

ママが在宅で起業するメリットとは

時間調整ができ、家事や子育てを優先できる

在宅で起業するメリットの一つは通勤する必要がなかったり、勤務時間で拘束されなかったりするので時間を自由に使えるところにあります。いつ働くか、いつ家事を行うかといった時間調整をすることができます。

家事や育児をする合間に働けますので、一日の時間を有効に使えることは最大のメリットであるといえます。子どもが小さいうちは幼稚園や保育園に預けないと、働く時間を確保するのはなかなか難しいところですが、在宅での起業であれば子どもが小さいうちから働けるのです。

子どもが泣いてもすぐに駆けつけることが可能ですのでママも安心して働けますよね。いつ働くか、何時間働くかはママ次第です。時間調整をして家事や子育てと両立するようにしましょう。

特技や経験を活かした仕事ができる

在宅で起業する場合、どんな仕事を選ぶか自由に選べるのが在宅起業のよいところです。ですからママの特技や経験を活かして仕事をしてみてはいかがでしょうか。

得意なことや、好きなことを仕事にすることができれば、楽しみながら続けてゆけそうですよね。

手先が器用でものづくりが得意なママならば、手作りの商品をネット販売するというのも手段の一つです。インターネットが普及していますので、気軽に始めるられるのもうれしい点です。

子育て経験と英語やピアノなどの経験を関連付けて、自宅で英語教室やピアノ教室を開くというのもよいかもしれません。ママの特技や経験と仕事を関連付けると、自宅で起業する道が開けてきますね。

スキルが身につき収入アップの可能性も

自宅で起業するということはママ自身が起業するためにも、事業を継続させるためにも色々なことをママが行う必要があります。

例えば、インターネットで集客したり、経費の管理をしたりすることはママにとって初めての経験かもしれません。このような経験を積んでいくことで色々なスキルが身につくはずです。

インターネットを活用してホームページを作ることができれば、お客さんを増やすことができるでしょう。経費の管理を覚えれば、節税に関するノウハウが身につくでしょう。このように新しいスキルが身につくことで、ママの収入アップの可能性もあるのです。

また、得意なことを仕事にすることで特技にはさらに磨きがかかり、経験もいっそう積むことができますよ。

ママが在宅で起業するデメリットとは

起業詐欺や高額な商材に注意すること

ママが在宅で起業を考えるときに、インターネットで情報を調べてみることもあるでしょう。このときに注意したいのは、在宅で起業したいと考えているママをターゲットにした、起業詐欺や高額商材の販売を目的としたサイトもあるということです。

「誰でも稼げる」「簡単に稼げる」というような甘い言葉には注意が必要です。うまい話はそんな簡単にあるものではありません。起業詐欺はママが在宅で働きたいという気持ちを利用して、言葉巧みにママを勧誘してきますので気を付けましょう。

起業詐欺は起業セミナーを開催したり、高額な商材の購入を勧めたりして、ママにお金を払わせようとしてきます。事前にお金を払うということは起業詐欺の可能性がありますので注意しましょう。

自宅を使うときは開放スペースと時間に注意

自宅を利用して教室を開いたり、自宅サロンを開いたりする場合は、開放スペースと時間に注意が必要です。仕事とプライベートをしっかりと分けたほうが両立はうまくいきますので、開放スペースと時間を仕切るようにしましょう。

パパや子どものいる生活空間と開放スペースが曖昧になってしまうと、家族が落ち着けず嫌な思いをする可能性があります。また、パパが仕事から帰ってきた時間に、まだお客さんがいるようだと落ち着けません。

ここまでが開放スペース、ここからはプライベート空間と明確な線引きをすることで、家族やお客さんも安心して利用することができます。在宅で仕事をする時間は家族がいない時間だけにする、というように線引きしてもよいでしょう。

自己責任で管理しなければいけない

在宅で起業するということは、お金、時間、場所、顧客などの管理について会社のように誰かがしてくれるわけではありません。ママ自身の責任で色々なことを管理する必要があります。

特に、税金については1年を通して管理が必要になりますので、よく確認しておくようにしましょう。

在宅で起業して一定額以上の所得を得ると、個人事業主として確定申告の必要があります。所得とは1年間の収入から必要経費を差し引いた額になりますので、かかった経費がわかるものをきちんと残しておくことが大切です。

また、働くタイムスケジュール、働く場所の整理や清掃、顧客リストの整理などを働きやすいように自己責任で管理しなければいけないので、仕事量も含めて無理のない範囲で調整するとよいでしょう。

まとめ

子どもが小さい頃はなかなか外に出て働くのは難しいものです。そのため、在宅で起業すれば育児や家事を優先しながら、時間調整して働けることは大きなメリットといえます。

ママが特技や経験を活かして働ける仕事があるのであれば、チャレンジしてみてもよいかもしれません。自分次第でさらにスキルアップできる可能性もありますよ。

ただし、ママひとりで税金含め色々なことを管理する必要がありますので、無理のしすぎには注意しましょう。起業詐欺にも注意が必要です。

やりたいことを仕事にして、誰かに喜んでもらえると幸せですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR