就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

地震から赤ちゃんを守る準備を!震災前後の対応策や防災グッズを紹介

地震から赤ちゃんを守る準備を!震災前後の対応策や防災グッズを紹介

地震の多い昨今、もし今大きな地震が起きたら赤ちゃんとどう避難したらよいのか、赤ちゃんの安全をどうやったら守れるのかを考えることがありますよね。今回は、赤ちゃんを守るためにできる地震が起きる前の対策、地震が起きたときの行動のしかたなどをご紹介します。万一に備えて準備する助けになればと思います。

地震が起きる前にやっておきたいこと

避難経路や連絡方法を事前に確認しておく

日中はママと赤ちゃんが一緒に過ごし、パパは会社にいることが多いです。もし大きな地震が起きたときは、パパとなるべく早く会えたら一安心できますよね。

そのために、パパとの集合場所を話し合っておきましょう。いつも家にいるとは限りません。家から少し離れた病院や実家など、普段よく行く場所で被災した場合の集合場所も話し合うことが必要です。

打ち合わせていた集合場所にいられないこともあります。その場合、ポストに行先のメモを入れておく、災害用伝言ダイヤル「171」を利用するなど、連絡方法を決めておきましょう。

地震の後、狭い道で古い家や塀が崩れてくる場合があります。パパと一緒に、赤ちゃんを抱いて逃げやすい安全な避難経路を調べておくことも大切ですね。

防災グッズと備蓄品を買いそろえておこう

かつては地震の備蓄品は3日分といわれていました。しかし、現在では巨大地震が起きると、3日では支援が届かない場合が予想され、7日分以上備蓄することが推奨されています。

被災直後の3日間は、避難できなくなっている人たちの救助が中心になり、その後、避難できた人たちへの支援が行われるからです。以前は水と食料があればよいともいわれましたが、今は地域で自活する備えが必要とされています。

とはいえ、避難するときは7日分の備蓄品をすべて持ち出すのは難しいです。震災直後には当座に必要な水や食料などの「防災グッズ」を持って逃げます。その後、避難生活が続く場合に必要な水や食料、携帯トイレや充電器、カセットコンロなどの「備蓄品」を分けて保管するとよいですよ。

家具や家電の落下および転倒対策を

地震が起きたときに家の中で怪我を負う原因の多くが、家具や家電の転倒や落下です。家具の下敷きになるだけでなく、飛び散ったガラスの破片も危険です。

家具の固定で行政が推奨するのは、L型金具をビスで壁に固定する方法です。しかし一般的な住宅の壁の場合、工務店に依頼するなど費用や手間がかかります。壁に傷を付けずに対策として取りやすいのは、家具の下に耐震マットを敷いた上で天井と家具に突っ張り棒を取り付ける方法です。

薄型テレビやパソコンは地震で飛んでくる可能性があります。これらもベルトや耐震マットなどで固定する必要があります。

また、窓ガラスの前にテレビなどが置かれていると、ぶつかってガラスが飛散し危険です。ガラスの近くに家具を配置しないことも大切ですね。

地震が発生した際に赤ちゃんを守る方法

揺れを感じたら瞬時に赤ちゃんの元に行く

大きな地震が起きる直前に小さな揺れを感じることがあります。しかし、地震が多いこの頃は、小さな揺れのままおさまることも多いので、様子を見たり、とりあえず玄関を開けたりすることがあるかもしれません。

しかし、小さな揺れの後に大きな揺れがきたときは、赤ちゃんに近寄りたくても身動きができない状態になります。少し揺れたときや緊急地震速報が鳴ったときでも、すぐに赤ちゃんの元に行くようにしましょう。

また、直下型地震の場合は最初の小さな揺れがなく、いきなり大きな縦揺れがきて身動きがとれません。緊急地震速報も間に合わない場合があります。

赤ちゃんが寝ている場所の地震対策を入念にして、普段からなるべくママの近くで遊ばせるようにするとよいかもしれませんね。

落下物に注意しながら抱っこをして守る

大地震では家具などが飛んできたり、外では看板などが落ちてきたりする場合があります。ママは赤ちゃんを抱っこして守りましょう。

家の中では、赤ちゃんが寝ていたら覆いかぶさる、遊んでいたら抱っこして赤ちゃんの身を守ることが必要です。ベビーカーで外にいて抱く余裕がなければ、そのまま覆いかぶさります。

普通に抱っこすると赤ちゃんが飛び出す可能性があります。ある程度大きくなった赤ちゃんは、ママと向かい合わせ、赤ちゃんの頭のてっぺんがママのお腹にくるようにします。そしてママは、赤ちゃんのお尻を抱きかかえるように覆いかぶさって体を丸めるとよいですよ。

ママが大ケガをすると赤ちゃんを助けられません。極力、家具やガラスから離れ、自分の頭を守るようにしましょう。

ケガがないか確認し安全な場所へ避難しよう

地震がおさまっても赤ちゃんから離れず、抱っこして行動しましょう。万が一赤ちゃんが大きなケガを負っても、救急車がすぐにこないことがあります。

大声や防犯ブザーで助けを呼びつつ、ママが応急処置をする可能性があることも考えて、救急箱を準備するだけでなく、人工呼吸や心臓マッサージを習っておいた方がよいでしょう。ご近所との関係を作っておくことも大切です。

家の倒壊や火災で危険な場合を除き、慌てて外に飛び出ず、ラジオやテレビの正確な情報を元に避難するかどうか決めます。外にいるときは、塀など余震で物が落下しそうな場所からはすぐに移動しましょう。

商業施設などでは、出口に殺到すると赤ちゃんがおし潰される恐れもあります。係員の誘導に従った方が安全といえます。

地震が起きたときの対応策とは?

火の元を確認し電気のブレーカーを落とす

揺れがおさまったら火の元を確認します。その後避難する場合は、火災防止のために電気のブレーカーを落としガスの元栓を閉めます。鍵も忘れずにかけましょう。

玄関が開かなければ窓かベランダから避難しますが、高層階の場合、赤ちゃんを抱えてベランダから逃げるのは大変です。地震で玄関が開かなくなるのを防ぐ装置があるので、施工を検討してもよいかもしれませんね。

火を使っていた場合、すぐそばにいれば揺れた瞬間に消せるでしょう。しかし、揺れている最中は赤ちゃんを守ることで精一杯ですし、火に近づくのは危険です。

消火は揺れがおさまった後にします。ただし、天井まで広がるような自力で消せない火の場合、無理をして逃げ遅れることがないようにし、周りの人に助けを求めましょう。

水をできる限り確保しよう

地震の直後はまだ断水していないことがあります。すぐに避難が必要なときは難しいですが、揺れがおさまり水が出るようなら、可能な限り浴槽に水をためておきましょう。断水後、給水車がくるのは数日後と考えた方がよいからです。

体を拭く、衣服や食器を洗う、傷を洗い流すなど、生活するにはなにかと水が必要になります。赤ちゃんがいればなおさら、体を清潔に保ち、衛生に注意する必要がありますよね。

飲み水の確保も大切です。バスタブだけでなく、清潔な蓋のついた容器などにも水をためられるとよいですね。

赤ちゃんのミルクにも使えるペットボトルの水を多めに常備する、非常時にも水が出せるウォーターサーバーを使い、多めにボトルを備蓄しておくのもよい方法ですね。

ラジオや携帯で正しい情報を集めよう

避難するかどうか、どこに逃げたらよいのか、津波の危険などの情報は大切です。防災無線が街に流れると思いますが、聞き逃したり聞こえなかったりするときもあります。

ラジオやテレビ、スマホの防災アプリなどで正確な情報を入手できるようにしましょう。ラジオの電池やスマホのモバイルバッテリーを常備し、停電しても使えるようにしておきます。特にスマホの電池はなくなりやすいので注意しましょう。

大地震の後、ネットで人々の不安をあおるような嘘の情報が流れたこともあります。スマホの情報は拡散されていても、発信元がしっかりしていない場合は本当かどうかはわかりません。

普段から信頼できる防災アプリをダウンロードしておくなど、発信元が信頼できる情報を選びましょう。

準備しておきたい赤ちゃん用防災グッズ

常に準備しておきたい必須アイテム

外出中に被災する可能性もあります。ふだんから赤ちゃんとの外出で携帯しておきたい、必須アイテムをご紹介します。

【母子手帳】
赤ちゃんがケガをしたり病気にかかったりしたときに、アレルギーや既往症などがわかる母子手帳があれば、素早く適切な治療が受けられます。
【レジ袋】
おむつの代わり、支援物資を入れるなどいろいろな用途に使えます。避難所で赤ちゃんが泣いたときにカサカサ音が効果的なことも。窒息すると大変なのでママが管理してくださいね。
【おむつ・おしりふき】
数枚多めに持っているとよいですね。
【ミルク・哺乳瓶・お湯】
重くて大変にならないくらいで少し多めに持ちましょう。
【防犯ベル】
閉じ込められたときなどに助けを呼べます。ホイッスルでも大丈夫です。

万が一のときのために備えておきたいもの

赤ちゃん用の備蓄品をご紹介します。備蓄は7日分用意しましょう。

【おむつ】
低月齢の頃は、10~12枚/日として70~84枚、7カ月過ぎの子は8枚/日で56枚くらいと考えます。
【おしりふき】
1~2パックです。
【ミルク】
新生児は授乳回数が1日7回、生後1カ月からは6回、3カ月からは5回くらいとして用意しましょう。キューブや分包タイプが便利です。
【哺乳瓶】
使い捨てタイプがよいですよ。
【離乳食】
大人の食事をアレンジして食べられる場合は不要です。
【衣服】
下着7日分、ロンパースや靴下も2日分ほど。

避難所生活に便利なおもちゃやおしゃぶりも入れておきます。またママがストレスで母乳が出なくなる場合があるので、母乳の子にもミルクを備えましょう。

あれば助かる一般的な防災グッズ

一般的な防災グッズをご紹介します。7日分を備蓄します。

・水は大人1人3L/日
・乾パンなどの防災専用食3日分、レトルトや缶詰の食事4日分(離乳食にアレンジできるものを選ぶ)
・貴重品
・救急用具
・タオルは1人3枚/日、赤ちゃんのために多めに用意する
・衣料品
・乾電池・充電器
・太陽光で発電できるような発電用品
・生理用品
・ティッシュペーパー
・簡易トイレ
・調理器具(カセットコンロなどは、寒さ対策にも便利)

被災直後に赤ちゃんを抱いてたくさんの荷物を持つのは危険ですし、全部持っていくのは難しいです。1日分の赤ちゃん用品と、大人の食糧や水など必要最低限の物を別のバッグに分けておき、それを持っていくようにしましょう。

地震で赤ちゃんと避難するときの注意事項

抱っこ紐を使用して避難しよう

避難するときは、抱っこ紐で抱っこしてママが赤ちゃんの頭と体を守るのがよいですよ。ママと密着すると赤ちゃんは安心しますし、ママは赤ちゃんの様子がわかります。

防災バッグはリュック型にすると両手が空いて、赤ちゃんを守りやすいです。ただし転ぶと赤ちゃんが危険なので、慌てないように足元に注意しましょう。

おんぶはママが転んだときは安全かもしれませんが、赤ちゃんの様子が見られないことが少し心配ですね。幼いきょうだいがいるなど、状況に合わせておんぶ、抱っこの判断をしましょう。

ベビーカーで外出したとき被災し、がれきや人混みの中でベビーカーに赤ちゃんを乗せたままにするのは危険です。抱っこ紐を常備して、万が一のときは赤ちゃんを抱っこして逃げましょう。

上からの落下物に十分注意して避難を

屋内でも家具や窓ガラスなどの落下に注意しますが、屋外では、瓦、ブロック塀、看板、ビルの窓ガラスなどが落下したり崩れてきたりする場合があります。

赤ちゃんの頭や体を包み込むように抱っこし、持っているかばんなどでママや赤ちゃんの頭を保護しましょう。ベビーカーに乗せていて抱っこが間に合わない場合は、ママは頭をかばんなどで保護しながらベビーカーに覆いかぶさるようにします。

揺れがおさまったら頭を守りながら、広めの公園や空き地などに避難します。近くに広い場所がないときは、ビルなどからなるべく離れた歩道の中央などに避難します。

それも難しいときは、新しく、倒壊の危険がなさそうなビルの中に入ったり陰に隠れたりして、落下物をよけた方が安全ともいわれます。

風邪やノロウイルスなどの感染症対策を

避難所ではたくさんの人たちが一緒に過ごします。知らない人、いつもと違う寝床など、環境の違いにストレスを感じた赤ちゃんは、不安を感じたり眠れなかったりする可能性が高いです。

そして、ストレスから風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなることもあります。赤ちゃんを病気から守るために、ママはうがいと手洗いで自分が感染しないように注意しましょう。

ノロウイルス対策も必要です。トイレの後、ミルクや離乳食の準備をするときは念入りな手洗いや手指消毒が必要ですね。

防寒対策としては、床に段ボールを敷くと直接体に冷気が当たることがなく、冷たさが緩和しますよ。また、いつも以上にスキンシップをして、赤ちゃんが安心できるような接し方を心がけましょう。

まとめ

地震で赤ちゃんを守るには、ぐらっときたらまず赤ちゃんに駆け寄る習慣をつけることが大切です。避難は抱っこ紐で抱っこして、できるだけママの体から赤ちゃんを離さないほうがよいですよ。

赤ちゃんがいると防災用品が多くなります。1日分の防災グッズと、長期の避難生活で必要な備蓄品を分けておいて、震災直後は、無理をせず1日分を持っていくようにしましょう。

大きな地震が起きると誰でもパニックになります。しかし、赤ちゃんのことを考え、なるべく落ち着いて、正しい情報を得て行動するように心がけたいものですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj