就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の冬の肌着はどう選ぶ?肌着の役割や半袖と長袖それぞれの特徴

幼児の冬の肌着はどう選ぶ?肌着の役割や半袖と長袖それぞれの特徴

朝晩の冷え込みが厳しくなるにつれ、我が子が風邪をひいてしまわないようにと防寒対策には気をつかいますよね。「冬用の肌着はどうすればよいのか?」「半袖か長袖のどちらを選べばよいのか?」など、肌着に関する悩みも多いことでしょう。今回はそんなパパやママのために、冬用の肌着の選び方についてご紹介します。

そもそもなぜ肌着を着るの?三つの役割

汗を吸収して体の冷えを防ぐ

冬が近づくにつれ、子どもが体調をくずしてしまわないようにさまざまな防寒グッズや冬用の衣服の準備をしていかなければなりませんよね。寒い日には分厚い服を1枚着せるほうがあたたかいように思われるかもしれませんが、汗をかきやすい乳幼児には肌着が欠かせません。

吸湿性や通気性にすぐれた肌着にウェアを重ね、部屋の温湿度や汗のかき具合に応じて枚数を調整する方法がベストでしょう。厚着をさせると動きまわっているうちに汗をかき、汗が乾くときに身体を冷やしてしまう恐れがあるのです。

汗冷えが原因で体調をくずしてしまっては大変ですので、汗をかいたときにはすぐに吸収できるように吸湿性のよい肌着を着せておきましょう。

保温効果で4℃も暖かく!

「寒暖差のせいで体調をくずしてしまわないだろうか」「インフルエンザなどの感染症にかかってしまわないだろうか」と、冬の時期はなにかと子どもの体調管理に気をつかうものですよね。

たしかに分厚いアウターや防寒グッズ、暖房器具などによってあたたかい環境を整えてあげることは大切ですが、子どもは動きまわっているうちにすぐに汗をかいてしまうため、極度の厚着は避けたほうが無難です。

汗っかきな子どもの温度調節には、肌着に薄手の服を重ね着する方法が最適。肌着を着ることで服との間に空気の層ができるため、肌着を着ていない状態と比べると4℃もあたたかく感じるそうですよ。重ね着の保温効果を利用した防寒対策をしていきましょう。

肌トラブルを予防する役割も

子どもの肌はすべすべとやわらかいイメージかもしれませんが、実はとても繊細でデリケートなもの。とくに冬の時期は肌が乾燥して荒れやすいため、しっかりと対策をしておかないと肌トラブルを容易に引き起こしてしまうのです。

吸湿性のよい肌着を着せることはただ汗による不快感をなくすだけでなく、肌が敏感な時期の肌トラブルの予防にもつながります。動きまわったときや暖房のきいた部屋にいるとき、授乳後、入浴後など、冬でも汗をかいてしまう場面はたくさんあります。仮に汗をかいてしまったとしても、肌着が汗を吸収してくれれば汗疹などを未然に防ぐことが可能ですよ。

汗をかいたときに素早く汗を吸収して肌トラブルを予防するためにも、冬場でも肌着を活用してくださいね。

冬でも幼児に半袖肌着を着せるメリットとは

半袖の方が動きやすく着替えのときも楽

寒さの厳しい時期になると、子どもにどのような服装をさせればよいのか頭を悩ませてしまうパパやママは多いことでしょう。

しかし「子どもの服装は大人より1枚少なめに着せればよい」といわれるほど、冬でも少し薄着にするのが基本です。あたたかい室内に入ったときや動きまわったときなどはとくに、汗をかきやすいものです。汗をかいたときのために脱ぎ着しやすい半袖の肌着にしておくと、ママもお世話が楽になりますよ。

半袖の肌着であれば袖の部分が分厚くならずに動かしやすい、手を洗うときなどに袖をまくりあげやすいなど、お子さんの生活面におけるメリットもあげられます。お子さんが動きやすいよう、冬でも半袖肌着を選ぶママが多いようです。

幼児のときから薄着の習慣で丈夫なからだに

冬はインフルエンザなどの感染症がはやりやすい季節ですよね。子どもが風邪をひいてしまわないように防寒対策をしたり、手洗いやうがい、温湿度の管理を徹底して感染症への対策をすることもたしかに必要ですが、何よりも大切なことは「子どもの免疫力を高めること」です。

風邪をひく直接的な原因はウイルスですが、それの誘因となるのが寒さです。身体の免疫力が低くウイルスに対して抵抗できない状態では、容易に体調をくずしてしまうことでしょう。

丈夫で寒さやウイルスに対抗できるからだづくりは「薄着の習慣」からはじまります。厚着をして寒さをしのぐのではなく、薄着にすることで人間が本来もっている寒さへの抵抗力を刺激し、丈夫なからだづくりができるようにしてあげるとよいですよ。

半袖肌着に重ね着が体温調節しやすい

「冬場の子どもの肌着は半袖がよいのか、それとも長袖の方がよいのか」と悩んでしまうママも多いかもしれませんが、大人よりも基礎体温が高くて汗をかきやすい子どもの肌着は、たいていの場合は冬でも半袖で十分です。

寒さに強い丈夫なからだづくりのためにも、半袖の肌着が指定されている保育園も多いことでしょう。とくに授乳や食事の後、入浴後、寝入りばな、暖房のきいた部屋にいるときなどは汗をかきやすいため、半袖の肌着にしておくと無難です。

とはいえ、体調管理には気をつかうもの。寒さが気になる日にはウェアを保温性の高いものにしたり、アウターや防寒グッズであたためたりするなど、肌着の上に重ねるもので調整するのがよいですよ。

冬だからこそ長袖肌着を着せるメリット

寒い地域では必須の防寒アイテム

「暑がりな子どもには冬でも薄着が基本」という話はよく耳にするかもしれませんが、やはり冷え込む真冬には半袖の肌着では風邪をひかないか心配になりますよね。

肌着を半袖にするか、それとも長袖にするかの判断基準は、お子さんの様子を見ながら決めることも大切です。子どもによって汗のかき方は異なりますし、寒がりなお子さんもいることでしょう。

同じ冬でも地域によって気温は異なりますから、お子さんの唇が紫色になっている、手や指の血色が悪い、外気温が5℃を下回る寒い日である、などの場合には朝から長袖の肌着を着せておくことも必要です。お住まいの地域の環境やお子さんの汗のかき具合を見ながら、臨機応変に対応してみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事