就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠線が産後にもできる理由は?状態や時期と目立たなくする方法

妊娠線が産後にもできる理由は?状態や時期と目立たなくする方法

妊娠中に頑張って妊娠線予防のケアを続けていたのに、産後しばらくして妊娠線を発見。「驚いてショックを受けた」というママも少なくないようです。どうして産後に妊娠線ができるのでしょうか。またどうすれば改善できるのでしょうか。今回は産後にできる妊娠線と、妊娠線を目立たなくする方法についてご紹介します。

妊娠線は消せる?状態やケアの時期

妊娠線はいわゆる肉割れの状態

妊娠線は急激に太って体型が変化したときにできる「肉割れ」の一種で、妊娠中にできるため「妊娠線」と呼ばれます。

妊娠線ができる原因は皮膚の構造によるものです。。人間の皮膚は3層構造で、3層とは「表皮」「真皮」「皮下組織」です。そのうち一番表にある「表皮」のみが伸びに強い性質を持っています。

妊娠してお腹が大きくなるにつれ、伸びに強くない「真皮」「皮下組織」は裂けてしまうことがあります。伸びに強い「表皮」は裂けず、その内側で裂けた「真皮」「皮下組織」が透けて見え、妊娠線になるのです。

妊娠で急激に体型が変化すると、お腹以外にもできることがあります。胸や太ももなど、皮膚が柔らかく脂肪がつきやすい場所は注意が必要です。

妊娠線のケアは産後まで続けよう

妊娠線を作らないためには予防が大切です。妊娠2~3カ月ごろから、予防のため保湿やマッサージによるスキンケアを始めましょう。

「出産後はもうお腹が大きくないから、スキンケアは出産まででOK?」と思われがちですが、産後1カ月くらいまではスキンケアを続けてください。

スキンケアを続ける理由は、産後にもできる可能性があるからです。例えば臨月で伸びきった皮膚が出産後に急激に戻るとき、激しい変化が肌に負担を与えます。こうした肌への負担を緩和するためにもスキンケアは大切です。

また妊娠中にできてしまった妊娠線を目立たなくするためにも、保湿などのスキンケアは有効です。産後もスキンケアを行ってしっかり対策をしましょう。

産後、妊娠線は完全には消えない

できてしまった妊娠線は、残念なことに完全には消えません。「産後半年くらいしたら消えた」というママもいますが、これは消えたのではなく目立ちにくくなっただけです。

妊娠線は初めのうちは表面がでこぼこしたミミズ腫れのような赤い線で、少しへこんでしわが寄った状態です。それが次第に赤紫っぽくなり、産後半年から1年くらいで白っぽく目立ちにくくなります。

このように最終的にはある程度目立たなくはなりますが、近くでよく見るとわかります。完全には消えないにしろ、ケア次第でより目立たなくすることは可能です。

効果的なのは予防です。予防のためにはお腹だけでなく、胸やお尻など体形が大きく変化しそうな場所のスキンケアを怠らないようにしましょう。

産後に妊娠線ができる理由について

気づかないうちに出産までにできていた

ママが妊娠線に気づくタイミングは様々です。気づきやすいのは妊娠後期で、大きくなっていくお腹に妊娠線を発見してショックを受けるママは多いですね。

気づきにくいながらも、一番できやすいのは出産時に「いきむ」ときです。すさまじい「いきみ」のタイミングでお腹が最大限に膨らむため、発生しやすいのも頷けます。

一方、出産までに発生した妊娠線の中には、妊娠中には見えにいくいものもあります。見えにくいのは3層の皮膚の真ん中、真皮が少しだけ裂けてできたもので、表皮を通すと見えにくいため症状に気づきにくいのです。

そのような妊娠線は出産後、お腹が戻っていく過程で初めてできていたことに気づき、産後のママをびっくりさせてしまいます。

産後のダイエットによる栄養不足

妊娠線ができるのは、皮膚が裂けてしまうことだけが原因ではありません。血流の悪さや産後のダイエットによる栄養不足が関係するものもあります。

産後は骨盤が開いた状態になっていて、それにより血流は悪くなりがちです。また産後すぐはあまり体を動かさずに横になっていることが多いため、これも血流が悪くなる一因になります。

血流が悪いと、肌に栄養が届きにくくなります。肌に栄養が届かないと、皮膚が裂けやすくなってしまうのです。

ただでさえ栄養の巡りが悪くなりがちな産後に、追い打ちをかけるようなダイエットをしてしまうと、栄養不足は悪化するばかりです。肌の状態を悪くしないためにも無理なダイエットは控え、バランスのとれた食事を心がけましょう。

産褥体操による負荷のかけ過ぎ

産後の体力回復をサポートするために行う運動が産褥体操です。産後の体力回復のために推奨される、大切な運動ですね。

ところがこの産褥体操で肌に負担がかかってしまい、その結果妊娠線が発生する可能性があるのです。産後の回復を早めるために妊娠線ができてしまうとは、なんとも切ない話です。

産褥体操は軽めの運動から開始して、少しずつ負荷を大きくしていきます。この体操をするときに通常かからない負荷が肌にかかるとできやすいといわれています。

ママによっては「妊娠線ができるから産褥体操を控える」と考えがちですが、よい方法ではありません。それよりも予防のため対策用のクリームなどを塗って、産褥体操で受ける摩擦から皮膚を守りましょう。

産後に妊娠線を目立たなくする方法

手術やレーザー治療、ダーマローラーで消す

妊娠線の治療には手術やレーザーによる方法もあり、目立たなくする効果が高いようです。

手術は外科治療で、妊娠線ができている部分を切開し、亀裂の入っている真皮層を縫合して細く目立たない状態の傷に変えます。

レーザー治療は伸びた皮膚を収縮させて目立たなくします。体にメスを入れず、短時間で済ませることができますが、自由診療のため治療費が高額(10万円を超えることも)になるようです。

「ダーマローラー」も有効です。髪の毛よりも細い針が数百本ついたローラーを患部の上で転がすことで皮膚に無数の穴をあけ、肌の傷を治そうとする自然治癒力を利用して妊娠線を薄くします。美容外科で施術を受けるか、また自己責任になりますが個人で購入して施術することもできます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC