就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとの冬休みの過ごし方とは?親子で楽しめるアイディアを紹介

子どもとの冬休みの過ごし方とは?親子で楽しめるアイディアを紹介

年末を迎えると同時に冬休みがやってきます。冬休みを心待ちにしているお子さんも多いことでしょう。その反面、ママは「毎日何をして過ごそうか?」と悩んでしまうかもしれませんね。この記事では、親子で楽しめる冬休みの過ごし方のアイディアを紹介します。

家の中でも退屈させないおすすめの過ごし方

家にあるものやキットで工作をする

寒い冬、天候が悪いと外で遊ぶことができず、室内で遊ぶ機会が増えてくると思います。でも、冬休みは、インフルエンザなどが流行しだす時期でもあり、大勢が集まる室内の遊び場などに出かけるのをためらってしまうことも多いですよね。お家で退屈せずに過ごすアイディアをご紹介します。

たっぷり時間があるなら、親子でじっくりと工作に取り組むのはいかがでしょうか。空き箱やペットボトル、牛乳パックやラップの芯などを使って、自由に工作をしてみましょう。子どもの発想力の豊かさに驚くこともあるかもしれません。

工作の本を参考にしたり、市販の工作キットなどを利用したりしてもよいですね。おもちゃとして遊べるものを作れば、作ったあとの遊びも広がることでしょう。

親子で一緒にDVD鑑賞をする

家でゆっくりDVDを鑑賞するのもよいですね。普段はママが家事をしている間にDVDを見せている…という家庭もあるかもしれませんが、たまには親子でゆっくり鑑賞してみてはいかがでしょうか。

子どもの喜びそうな映画のDVDを借りてきて、家を映画館のように演出し、特別な気分で観るのもおすすめですよ。カーテンを閉めて部屋を暗くし、映画館のようにポップコーンやジュースなどを手元に置いて、ママもくつろぎながら映画の世界に入り込んでしまいましょう。

子どもは観終わった後も、その映画の世界の話をしたり、登場人物になりきったりすることがあるかもしれません。ママも一緒に、子どもの繰り広げるお話の世界を楽しんでくださいね。

簡単なお菓子作りに挑戦してみる

時間がたくさんある冬休み。親子でお菓子作りに挑戦してみてもよいですね。キッチンが汚れるのは大目に見て、作ることを楽しんでみましょう。

簡単で子どもでも失敗の少ないお菓子といえば、型抜きクッキーや、混ぜて焼くだけのパウンドケーキなどがあります。スポンジケーキを買ったり焼いたりして、デコレーションを楽しむのもよいですね。

クリスマスシーズンになると、いろいろなメーカーから「お菓子の家」を作るキットが販売されます。それらでお菓子の家作りにチャレンジしてみてもよいですね。あらかじめ出来上がっているクッキーを組み立てるタイプを選べば、お菓子作りに慣れていないママでも簡単に取り組めますよ。素敵な飾りつけを楽しんでみましょう。

お出かけでママも子どももリフレッシュ

図書館や児童館など公共の施設を利用する

毎日の遊び場に困るママの強い味方になるのが、近所の公共施設です。図書館や児童館はその代表。無料で利用できるのもありがたいですよね。

図書館では、気になる絵本を片っ端から読んでもよいですし、図鑑などで、興味のあることがらの知識を深めてもよいですね。写真集や絵画集を一緒に眺めてみるのもおすすめです。お話し会などのイベントに行けば、自分たちでは手にとらないような本の中から面白い絵本に出会えるかもしれませんよ。

児童館では、同じ年頃のお友達に出会うことができるので、ママ同士おしゃべりして気分転換ができるかもしれません。親子で楽しめるイベントなどが企画されていることも多いので、気になるイベントに合わせて足を運んでみてもよいですね。

天気がよい日はお散歩で発見遊び

お天気のよい日は、お散歩に出かけてみましょう。冬ならではのものに出会えるかもしれません。

たとえば、寒い日の朝には、水たまりなどに氷が張っているかもしれませんね。霜柱がたっているところもあるかもしれません。霜が降りて凍りついた車のガラスには、雪の結晶のような模様が見えることもありますよ。早起きをして暖かい格好で、珍しいものを探してみましょう。

また、葉っぱの落ちた草木からは、虫たちの繭が見つかるかもしれません。ナンテンの赤い実など冬になる実を探してみてもよいですね。石や落ち葉の下には、集まって冬眠しているダンゴムシやテントウムシが見つかるかもしれませんよ。

身近な自然に触れあいながら親子でお散歩を楽しんでみましょう。

公園などで思い切り体を動かす

冬の晴れた日は、たくさん体を動かして遊ぶチャンスでもあります。夏のように熱中症の心配もほとんどありませんので、思う存分はしゃぎまわることができますよ。

せっかくの冬休みですので、大型遊具やアスレチックのある公園に出かけて思い切り遊ぶのもよいですね。外でたくさん体を動かすことで、風邪に負けない強い体になるのだそうです。

雪が積もれば、思い切り雪遊びを楽しみましょう。水がしみてくると体温が一気に奪われますので、防水のズボンとジャケット、手袋で完全防備して遊びましょうね。

雪合戦をしたり、雪だるまやかまくらを作ったり、雪での遊び方は無限大ですよね。パパやママも童心に返って、ぜひ一緒に遊んでみましょう。

冬の行事で親子のコミュニケーションもUP

クリスマスツリーの飾り付けを一緒にする

子どもが楽しみにしている冬のイベントの一つ、クリスマス。家にクリスマスツリーを飾るというママもいらっしゃることでしょう。お子さんと一緒に飾りつけをすれば楽しみな気持ちも倍増ですね。

クリスマスツリーの飾りを手作りするのもおすすめです。アイディアをご紹介しましょう。

・紙粘土で作るオーナメント
紙粘土を薄くのばし、クッキーのように型抜きします。紐通しの穴をあけ、乾いたら紐を通して完成です。

・松ぼっくりで作るオーナメント
松ぼっくりに、木工用ボンドでビーズをくっつけたり毛糸を巻きつけたりして飾ります。ヒートン金具をつけて紐を通せば完成です。拾ってきた松ぼっくりを使う場合は、虫がわくのを防ぐため煮沸して2~3日乾燥させてください。

年末の大掃除のお手伝いをする

年末の大掃除は、ぜひ子どもと一緒に取り組んでみましょう。年末の風物詩・年末のイベントの一つであることが子どもにも伝わるとよいですよね。

普段と違うことをママと一緒にやる・お手伝いをするとママが喜んでくれる、というだけでも子どもは張り切って取り組んでくれることでしょう。

園児くらいの年代なら、床の雑巾かけや窓ふき、棚のホコリ掃除などをお願いしてみるとよいかもしれません。仕上がりがいまいちだったとしても、手伝ってくれたことを思い切りほめてあげましょうね。

おもちゃ箱の整理もしておきましょう。いるもの・いらないもの・しばらく使っていないのでしまっておくものなど、年に一度はおもちゃを仕分ける機会を設けるとよいでしょう。

お正月は実家に帰省し祖父母と遊ぶ

年末年始に実家に帰省するという家庭も多いですよね。実家が遠方で普段なかなか帰省できない場合、まとまった休みのとれる年末年始は、家族そろって顔を見せに行くよい機会ですよね。

お正月は毎年祖父母の家で過ごすのを楽しみにしている子どもも多いでしょうし、祖父母も、孫が来るのを楽しみにしていることでしょう。また、パパやママも、久しぶりに両親と会えるので嬉しいですよね。

子どものころ、年末年始になると親戚が集まり、いとこ達とたくさん遊んだという思い出があるパパやママもいるかもしれませんね。お正月には祖父母に会いに行き、おせち料理を囲み、神社に初詣に出かける、といったお正月ならではの風物詩を、子どもにも伝えてあげられるとよいですよね。

まとめ

いかがでしたか?親子で楽しめる冬休みの過ごし方をご紹介してきました。冬休みの期間には、クリスマスやお正月など子どもにとって楽しみな行事が盛りだくさんですよね。

パパやママは、大掃除やお正月の準備など、大変な時期でもありますが、子どもと一緒に楽しみながら行事に取り組めるとよいですね。

たっぷり時間のある冬休み。家でゆっくり過ごしたり、近所にお出かけしたり、一緒に行事に取り組んだりしながら、楽しい冬休みを過ごしてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018