就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て中によくあるママ友の悩み。悩んだときの対策をご紹介

子育て中によくあるママ友の悩み。悩んだときの対策をご紹介

ママ友との関係で悩みを抱えるママも多いようです。今回はよくある悩みである「ママ友とのつき合い方」や「ママ友の必要性」などにふれながら、悩みやストレスを軽くするための対策を考えてみたいと思います。ママ友が1人もいないと不安な気持ちになるかもしれませんが、焦る必要はありませんよ。

ママ友との関係でどんなことを悩む?

ママ友との距離感がわからない

同じ年頃の子どもがいるという共通点はあるものの、年齢や価値観が様々なのがママ友です。話をするときは敬語がよいのかなど「ママ友との距離感がいまいちわからない」というママも多いと思います。

ママ一人一人の性格は異なり、誰とでも気さくに話す人もいれば、急に馴れ馴れしくされると引いてしまうママや、気難しいママもいることでしょう。始めはそれぞれのママの性格がわからないので、ちょっと距離を置いて敬語を使って話をした方が無難でしょう。

しかし、気の合うママとは一緒にでかけるなど、どんどん仲良くなりたいというママもいます。ママ友といえども、一生おつき合いできる友達に出会えるかもしれないので、距離を置きすぎるともったいないかもしれません。

プライベートに踏み込んでくる

ママ友の中には、人のプライベートにもお構いなしに踏み込んでくるママもいます。夫の職業や学歴、住んでいる家は持ち家か賃貸かなど、やたらと詮索されたら嫌な気持ちになりますよね。

このようなママはうわさ話が好きで話のネタをさがしていたり、自分と比較して優越感を得たかったり、中には「ママカースト」と呼ばれるママ友のランクづけをして、低いカーストのママに嫌がらせをするようなママもいるようなので注意が必要です。

プライベートを詮索してくるママに出会ったら、質問には真面目に答えず、「用事があるので」と早急に立ち去りましょう。また、自分の自慢をしたいがために人のプライベートを聞いてくるママもいるので、質問された内容をそのまま相手に返すことも、効果的です。

自慢話が多くてうんざりする

こちらが質問していないにもかかわらず、自ら子どもや夫、身につけているブランド品などの自慢をしたがるママがいます。会うたびや、長々と自慢話をされたらうんざりしてしまいますよね。

ひたすら自分のことを自慢する人は周りから認めてほしい、一目おいてほしいという気持ちが強いようです。そんなママには絶対に張り合わないようにしましょう。

なるべく同じ土俵にはあがらず、「すごいね!」と相手を認めてあげるようなリアクションをとってあげると相手の心も満たされるのですが、調子にのって話がエスカレートする場合は「それって自慢話?」と聞いてみるのも効果的です。自慢話をする人は自尊心が高い傾向があるので、恥ずかしくなって話をやめてくれるかもしれませんよ。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

ママ友との関係に悩んだときの対策

日記など文字にして気持ちを整理する

ママ友から気分を害するようなことをいわれたり、行動にイライラしたりすることもあるでしょう。しかし、そんなときにほかのママ友にグチをこぼすのはトラブルの原因になるので、やめましょう。

どんなに仲良しのママでも、つい口がすべってしまうことや、自分と同じように問題のママ友のことを悪く思っているとは限らないからです。

そんなときにおすすめなのが、ノートに原因や自分の気持ちなどを書いてみることです。自分のノートであれば、思っていることをそのまますべて書き留めることができ、スッキリしますよ。また、自分の気持ちを文章にすることにより、客観的に状況を把握することができるので、問題を解決するためのよいアイデアが浮かぶかもしれません。

1人で大声で泣いてスッキリさせる

泣きたいときは我慢せずに思いっきり泣きましょう。我慢をしては、さらにストレスを溜め込んでしまいますよ。

自分の気持ちを叫んでみたり、泣いたりすることで気持ちを落ちつかせることができるようです。「悔しい」「悲しい」などの感情によって流れる涙の中には、プロラクチン、コルチゾールといったストレスから分泌されるホルモンが入っています。涙を流すことは、このようなストレスホルモンも一緒に排出する効果があるようですよ。また、涙を流すことは幸福感を感じさせる効果もあるといわれています。

大声で泣きたいと思っても、近所や子どもの目が気になりできないというママは、子どもが寝てからクッションを顔に押しつけて泣いたり、車の中で泣いたりするとよいでしょう。

夢中になる何かに没頭する

自分の好きなことなどに夢中になっているときは嫌なことは忘れてしまえるものです。没頭できる何かをみつけましょう。

多くの方が実践しているのは、大声で歌うことのようです。カラオケボックスや運転中、お風呂場などで大声で歌うと気持ちがスッキリしますよ。

体を動かすのが好きなママはスポーツや運動するのもおすすめです。ダンスやボクササイズなど体を思いっきり動かすのもよいですね。また激しい動きはありませんが、ヨガもストレスを軽減するのに効果的のようですよ。

また掃除も定評のあるストレス解消法です。掃除は適度に体も動かし、集中できます。掃除することによって部屋の中がきれいになると、気持ちが落ち着き、達成感や充実感も得ることができるでしょう。

無理に焦ってママ友を作る必要はない

ママ友関係で悩む親を子どもはみたくない

36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND