就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児で悩んだら電話相談!相談窓口のメリットや注意点を知ろう

育児で悩んだら電話相談!相談窓口のメリットや注意点を知ろう

育児中の悩みをだれかに相談して、少しでも解決したいと思うことはありませんか。でも、相談する相手がいない、だれにどうやって相談すればよいのか分からないというママも多いでしょう。そんな悩みを解決できるのが電話相談窓口です。相談内容や知りたい情報などに合わせて利用してみましょう。

ママたちが電話相談したいのはこんなとき

周りに相談できる相手がいないとき

育児雑誌やネットを見ても、自分がいざ育児をはじめてみると、いろいろな悩みが出てきますよね。そんなときに電話相談できるところがあると安心です。

結婚後も地元に住んでいて、近くにいる家族や友達などの相談相手がいるママもいるかもしれませんが、地元を離れていたり、近所にママ友がいなかったりして、相談できる相手がいないママもたくさんいますよね。相談相手がいないと思うだけで、今はなにか悩みがなかったとしても不安になることでしょう。

ほかにも、親とはあまり仲よくなくて相談しづらいときや、友達はいるけど育児の経験のない友達ばかりで相談できないときなどにも、電話相談が役立ちますよ。周りに相談できる相手がいないからといって不安にならないでくださいね。

離乳食のことなど専門的な相談がしたいとき

赤ちゃんが生まれたら、はじめはミルクや母乳だけで大丈夫ですが、成長に合わせて離乳食をはじめていく必要があります。この離乳食ですが、はじめての子育てだと分からないことだらけではないでしょうか。

たとえば「だいたい、いつごろから離乳食をはじめればよいの?」「10倍粥って聞くけどどのぐらいの固さなんだろう」「離乳食に取り入れるとよい食材はなに?」など、はじめてみると知らないことがたくさんありますよね。

赤ちゃんの健康のためにも、離乳食の正しい知識があると、スムーズにはじめて進めていくことができます。離乳食についての詳しい情報を教えてもらったり、不安な気持ちを相談したりしたいときの電話相談もありますよ。

夜でも時間を気にせずすぐに相談したいとき

夜だと家族や友達に電話したり、来てもらったりして相談するのは、迷惑かもしれないと思って気軽に相談できないときもありますよね。

たとえば、夜遅くに子どもが急に体調不良になりどうすればよいのか分からないとき、だれかに相談したいけど「かかりつけの病院はもう閉まっているな」「救急車を呼ぶほどのことでもないだろうし」というときもあるでしょう。そんな、夜困ったときにも電話相談で解決できますよ。

ほかにも、相談したいことはあるけど、仕事や家事が終わってからでないと、電話する時間を確保できなくて、夜遅くなってしまうというママも多いですよね。

24時間受け付けしている電話相談もありますので、夜でも安心して電話相談で、悩みや不安を解消してください。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

電話で育児の相談をするメリットと注意点

匿名で相談できるなどメリットがたくさん

電話相談では、顔を見られることはありませんし、匿名で相談することもできますので、そのほかの個人を特定できるような情報が漏れることがありません。安心して、家族や友達にも話しにくいような悩みも相談できるというメリットがあります。

家族や友達などは、自分や子どものことを知っているからこそ相談できることもありますが、悩みを知られることで、心配をかけてしまうのではないかと、相談できないママもいるかもしれませんね。

電話相談の相談員は、多くの知識がありますし、さまざまな相談を受けた経験のある専門家です。一人ひとりの相談をしっかりと聞いてくれて、安心できる意見をくれたり、役立つ助言をしてくれたりします。

相談する前後に内容を書きとめておくと便利

子育て中にいろいろ悩んでいるといっても、電話相談で話そうとすると具体的に思い出せなかったり、忘れてしまっていたりすることもあります。順序よく要点をまとめて相談できるようにするためにも、相談する前に内容を書きとめておくと便利ですよ。

「子どもの夜泣き」「授乳」「子どもへのイライラ」など、おおまかにメモするだけでもよいので、自分が分かるようにしておいてください。頭のなかで考えていることを人に伝えるのは案外むずかしいですし、メモを見ながら電話しているほうが落ち着きますよ。

相談で得られた意見や情報も、相談が終わったあとにメモしておくとよいでしょう。メモをしておくことで、今後また同じようなことで悩んだり不安に感じたりしたときに、読み返すことができます。

相談員と合わないこともあると知っておこう

電話相談は、自治体や民間企業、助産師会、ボランティアなどが運営していて、相談内容に合わせた窓口を選ぶことができます。
相談員は助産師や保育士、栄養士、社会福祉士などの専門家が多く、相談の経験も豊富なのですが、相談員と合わないこともあると知っておいてください。

たとえば、深刻に悩んでいることを相談しているのに、あまり親身になって聞いてくれなかったり、相談して参考になるアドバイスをもらいたかったのに、見当はずれのことをいわれたりすることもあります。

相談員にもいろいろな考え方や話し方の人がいますし、話の受け止め方は人それぞれ違いますので、あまり期待しすぎず、相性が悪ければ、また別の窓口で相談してみるとよいですよ。

無料で利用できる育児の電話相談窓口3カ所

相談相手は保育のプロ「ママさん110番」

日本保育協会は、家庭児童相談所に乳幼児の子育てに関する無料育児電話相談「ママさん110番」を開設しています。

日本保育協会は、保育に関するさまざまな問題についての調査研究、質の高い保育士の育成、保育園に対する情報提供活動、保育実践書の出版など、民間保育園と協力して、保育の発展や充実に関わる活動を行っている保育のプロです。

相談には、保健師や小児科医などの専門家が相談に応じてくれますので安心してください。「子どもの体重が最近あまり増えないので心配」「赤ちゃんの目によく目やにが溜まる」など、専門的な知識が必要な相談でも正しい意見を聞くことができます。

相談時間 月・火・水・木・金 10:00~16:00
電話番号 03-3222-2120
42 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版