就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

転がるおもちゃは赤ちゃんの知育玩具!メリットや選び方を紹介

転がるおもちゃは赤ちゃんの知育玩具!メリットや選び方を紹介

数あるおもちゃの中で、どのおもちゃを赤ちゃんに買ってあげようか迷いますよね。そんなママにおすすめなのが、転がるおもちゃです。ころころ転がるおもちゃは楽しいだけでなく、なんと知育玩具でもあるのです。ここでは転がるおもちゃで遊ぶメリットや、転がるおもちゃの選び方を考えてみます。

転がるおもちゃのメリットはなに?

つかんで離す動作は指先の器用さにつながる

ころころ転がるおもちゃは、しっかり握らないと、手から落ちてどこかに転がっていってしまいます。赤ちゃんはおもちゃが逃げないように、がんばって手でつかもうとしますね。

ぱっと手を開くとおもちゃは落ちて転がります。手で握る、手を開く、単純な動作ですが、それだけでおもちゃが動くので、赤ちゃんはおもしろくなります。夢中になって遊んでいるうちに、握る、離すの動作が何度も繰り返されています。

赤ちゃんのころはそれほど指先は器用ではありません。ものをつかんだり離したりして遊んでいるうちに、自然に手や指の力がつき、動きもなめらかになってきます。手を動かすことは脳の発達にもつながりますから、手を使うおもちゃは赤ちゃんの知育玩具ともいえるのです。

「追視する」機能を遊びで発達させてくれる

赤ちゃんはおもちゃが転がると、目でそれを追います。ときには家具の下に隠れてしまったおもちゃを「あれ?どこに行ったの?」と探しにいこうともしますね。

大好きなおもちゃを見失わないように見続けることで、自然にものを追視する力が育ちます。この追視する力は、様々な能力を発達させます。

その一つに本を読む力があります。文章を読むには上から下に、左から右にと文字を目で追いますね。文字を追う力がある子は、本を読むのが得意になるでしょう。

サッカー遊びで、ボールをしっかり見続けている子と、見ずに好きに走っている子がいますよね。ボールを見ている子はゲームの流れを予測し、自分がどう動けばよいのかわかるようになります。遊びを楽しむことができ、集中力もついていくのです。

赤ちゃんの好きな「繰り返し動作」ができる

転がるおもちゃは、何度でも繰り返して遊べます。おもちゃをつかんで、手を離したらおもちゃが転がりだして、止まったらまたつかんで転がして。赤ちゃんは同じことを飽きずに繰り返します。

例えば、玉が下に転がっていくようすを楽しむ「スロープトイ」は、毎回同じように玉がスロープを転がっていくだけなのですが、赤ちゃんにとってはおもしろくて、何度も玉を転がそうとします。

大人にとっては当然な玉が転がるという現象ですが、赤ちゃんにとっては新鮮で、観察したくなるのでしょう。これは実験や研究と似ていますよね。同じような作業を繰り返して観察することで、新しい発見ができます。赤ちゃんはおもちゃで繰り返し遊ぶことで、観察する力を養っているのです。

転がるおもちゃの選び方を知ろう

安全基準の「STマーク」があるかどうか

おもちゃに「STマーク」がついているのに気がついたママもいるでしょう。STと大きく表示されていますよね。

これは日本で販売されるおもちゃの安全性を高めるために、1971年に定められた制度により表示するようになったマークです。機械的安全性、可燃安全性、化学的安全性をチェックし、深く安全について考えられていると認められたおもちゃにだけ表示されます。

検査内容の一つに、玉の大きさチェックもあります。3歳未満の子どもが飲み込んでしまう可能性のあるサイズの玉は危険だとみなされ、直径44.5mm以下の玉があるおもちゃにはSTマークはつけられません。

STマークのついているおもちゃを選ぶことで、赤ちゃんを危険から遠ざけることができるのですね。

口に入らないサイズのおもちゃを選ぶ

赤ちゃんは何でも口に入れてしまいます。積み木もボールも絵本も、口に入れて味や噛み心地を確かめているかのようですね。

上にも書いたように、赤ちゃんが間違って飲み込んでしまう大きさのおもちゃは、安全だと認められません。ママも自分の目で判断して、危険だと思うおもちゃは渡さないようにしましょう。車のおもちゃでも、小さな部品が外れるようなおもちゃは、赤ちゃんが飲み込んでしまう危険があります。渡す前に必ずチェックしましょう。

大きさだけでなく、素材や色にも気をつけます。紙は口に入れたら溶けて食べてしまう可能性が高いですし、色が剥げて口に入ってしまうような積み木もよくないですね。

赤ちゃんは何でも口に入れるということを前提にして、おもちゃを選びましょう。

長く使えるシンプルなデザインを選ぶ

おもちゃはいろいろな遊びができて、長く使えるおもちゃがよいです。例えば積み木は、積み上げて崩すという遊びから始まり、大きくなると並べて街を作ったり、家を作ったり子どもの想像でいくらでも遊びが広がります。

赤ちゃんだから可愛らしい絵がついたおもちゃもよいですが、シンプルで飽きのこないデザインのおもちゃを選ぶことも、長く使うためのコツです。木製のおもちゃは、シンプルなデザインのものが多く、木のぬくもりが感じられるので、遊ばなくなってもインテリアとして思い出と一緒に部屋に飾れますよ。

適度な重みのある木製おもちゃは、赤ちゃんの手の力をつけるにもよいですし、プラスチックのように冷たくなく、自然の温かみを知ることができます。手からの知育におすすめですよ。

赤ちゃんにぴったりな転がるおもちゃ3選

「くもんのくるくるチャイム」は見飽きない

くるくる回るボールを夢中で見てしまうのが「くもんのくるくるチャイム」です。ボールがポロロンなど音を出して出てきてくれるのも楽しくて、赤ちゃんは何度もボールを転がしてしまいます。

くもんは「乳幼児から楽しく遊びながら学べる知育玩具」を作っていて、日本全国に公文式教室も開いていますね。子どものころに公文式教室に通っていたり、くもんのジグソーパズルをしたりしたママもいるでしょう。

知育を考えているくもんだけあって、作るおもちゃもよく考えられています。ボールを握って穴に入れて、手を離して、くるくる回るのを観察して、音が出る。赤ちゃんが楽しみながら手を使って、観察しながら遊べるようになっています。ボールをしまう収納場所があるのも、ママにとって嬉しいですね。

木の質感があたたかい「くるくるスロープ」

FlyCreatの「くるくるスロープ」は、木製の温かみのあるおもちゃで、車がスロープを順番に降りていくようすを見て遊びます。スロープからはみ出して落ちてしまいそうなのに落ちないので、よくできているなと大人も感心してしまいます。

タイヤがころころ回りながら鳴らす音は、玉を転がして出る音とも違いますし、2台3台と次々車を走らせると、レースをしている気分にもなります。車には1台1台に番号がつけられていて、数字に触れることもできます。少し大きくなっても遊べるおもちゃですよね。

FlyCreatは、ほかにもマグネットを組み立てて遊ぶおもちゃや、モンテッソーリ教育に沿った知育玩具も販売していますので気になるママはチェックしてくださいね。

「コロコロできるおおきなブロック」

その名のとおり大きなブロックを組み立ててボールを転がして遊べる「コロコロできるおおきなブロック」です。ブロックは子どもに大人気のおもちゃで、園でも家でも子どもはブロックで楽しく遊んでいますね。そのブロックに、ボールを転がすレールパーツを付け加えたのが、このコロコロできるおおきなブロックなのです。

お城のように積み上げたブロックに、レールパーツをくっつければお城からボールが転がりだします。トンネルを作ったり段差を作ったり、アイデアでどんどん遊びの幅は広がりますね。タイヤパーツもあるので、車好きな赤ちゃんも満足できますよ。

口コミでも「親子ではまっている」「組み立て方でボールの動きが変わるので知育玩具として最適だ」という声が寄せられています。

まとめ

転がるおもちゃをつかんで離して、繰り返し遊んでいるうちに、赤ちゃんは指先が器用になり、脳も発達していきます。動くおもちゃを追視することで集中力を養うこともできます。

おもちゃを渡すときには、安全であるかを確認して渡してあげましょう。誤飲しないか、危険な素材ではないかをママが自分の目でチェックし、STマークがついているかどうかも確認しましょう。

くるくる回ったり、車が走ったり、自分で組み立てたり、赤ちゃんが喜びそうな転がるおもちゃを選んで、楽しみながら学ばせてあげましょうね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR