就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

初節句のお祝いは何をする?事前準備の方法と当日の動き方をご紹介

初節句のお祝いは何をする?事前準備の方法と当日の動き方をご紹介

初節句といえば、男の子は「端午の節句」、女の子は「桃の節句」ですね。初節句祝いをしなければ、ということは知っていても、どのように準備すればよいのかは分からないものです。特に初めての赤ちゃんだと余計にそうでしょう。そこで、初節句を少しでもスムーズに迎えられる基礎知識をご紹介します。

初節句について基礎知識を身につけよう

初節句はなに?なんのためにするの?

初節句では、生まれてくれた赤ちゃんの生涯の健康と成長、幸せを願い、ともに厄除けも行います。それでは、初節句と通常の子どもの日、ひな祭りとの違いはなんでしょうか?

雛人形や五月人形などを飾り、子どもの厄災を肩代わりして守ってもらうというのは共通です。そのため、これらは毎年飾ることになります。違うのは、お祝いの席を設けて親戚などにお披露目することと、内祝いを贈るところです。

また、初節句祝いの食事は、定番と呼ばれるものが存在します。それぞれの料理には、一つ一つに意味がこめられています。

初節句は、生まれてきた赤ちゃんに対するお祝いなので、長子だけに限らず、第二子、第三子と生まれてきた赤ちゃん1人1人をお祝いします。

初節句はいつのことをいうの?

初節句とは、赤ちゃんが生まれて初めて迎える桃の節句と端午の節句のことを指します。男の子は5月5日の子どもの日、女の子は、3月3日のひな祭りです。

通常は、生まれた日から一番近い5月5日と3月3日にお祝いをしますが、生まれた日が節句の日に近く、準備などが間に合わないという場合は、翌年に延ばしても問題はありません。

生まれたばかりでまだ、赤ちゃんのお世話も慣れておらず大変なママにとって、ここへ初節句の食事会や節句人形の準備が重なると手が回らなくなりますよね。

そうなるよりは、余裕を持ってきちんとお祝いしてあげられる方がよいのではないでしょうか。無理せず慌てず、納得のいく人形選びや事前準備ができるようにしましょう。

節句の由来を含む歴史を知ろう

男児の節句の由来ですが、古来より5月には田植えを担った女性の邪気を祓う「五月忌み」が行われ、菖蒲などで邪気を祓っていました。それと中国の厄払い行事「端午節」が結びつき「端午の節句」となりました。その後、鎌倉時代に武士が台頭し、菖蒲と「尚武」の音を結びつけることにより男児の節句へと変わりました。

桃の節句の由来は、古代中国の「上巳節」が日本へ伝わり、厄災を祓うために「ひとかた」「かたしろ」を川や海へ流す「流し雛」ができました。その後、平安貴族の子女間で、ひとかたや調度品を模したもので遊ぶ「ひいな遊び」が流行ります。

ひとかたが雛人形へと変化し、江戸幕府が女児の節句にすることで「桃の節句」は女の子の行事として定着していきました。

初節句は特別?お祝いの品と金額相場

節句飾りは誰が準備する?

一般的に知られる慣習として節句飾りは、母方実家が準備するというものがあります。その理由として昔は、嫁いだ娘や孫に両親が簡単に会うことができなかった時代背景があります。そこで初節句に母方実家が節句飾りを準備し贈ることにより、父方実家が母方両親を祝いの席に招く形で娘や孫に会う口実を作っていたのです。

しかし現在においては、母方実家が娘や孫に会えないわけでもないので、そのような慣習は薄れていっています。それとともに少子化ということもあり、母方と父方が折半するという方法やパパとママが購入するという形も増えてきています。

また地域によっても違い、名古屋より東では五月人形は父方実家、雛人形は母方実家としているところもあります。

現金は飾りを誰が準備するか次第で変わる

初節句のお祝い金を贈る場合、節句飾りを用意する人がどうしても高額になります。祖父母のお祝い金の相場は、節句飾りを負担すると100,000~300,000円、節句飾りなしでは30,000~300,000円となっています。

節句飾り代を負担・援助すると高くなるのはもちろんですが、祖父母によっては節句飾り代を負担しないかわりに現金で渡したり、高い店での食事代を負担したりする場合もあるようです。

ただ、初節句のお返しは祝宴に来てくださった方にはこれがお返しとなり、招待できなかった方へは内祝いを贈る形になるため、食事代を負担してもらうとその形が崩れることになります。そのためそこは、パパ、ママとおじいちゃん、おばあちゃんの相談となるでしょう。

初節句のお祝いへお返しの仕方

初節句祝いの席に招待したけれど、遠方などの都合で欠席される、または招待していない方からもお祝いをいただいたときなどのお返しはどうすればよいのでしょうか?

まず、贈り物やお祝い金をいただいてから3日以内には、お礼状を出しましょう。お礼状には、お祝いへのお礼と感謝のみしたためます。ほかの用件をあわせて書くと失礼になります。

初節句の祝いの席より早くお祝いをいただいてしまった場合は、取り急ぎお礼状だけを出し、お祝いが終わってから1週間以内に無事に終わった旨を伝える手紙を添え、内祝いのお品を贈るようにしましょう。

お返しを贈る期限の目安は、桃の節句は3月中、端午の節句は5月中です。これは、相手方に届く日ということになります。

初節句のお祝いの人形を手配しよう

男の子は五月人形など飾りを購入しよう

男の子の初節句には何を選ぶべきか悩むママも多いと思います。初節句の飾りで人気があるのが鯉のぼり、鎧兜、五月人形です。

鯉のぼりは、武家の門前や塀に旗幟や吹き流しを立て、外からの災いを防いだことに由来します。鯉のぼりには、立身出世を願う意味もあります。

鎧兜は武具のため、自分の身を護るという意味があります。そのことから、男児を厄災からも護り、健やかな成長と幸せを願います。

人形には、戦国武将姿の子ども大将飾りや金太郎、桃太郎などがあります。歴史上の豪傑の武者人形もあります。共通しているのは、災いや穢れを身代わりとして引き受けてくれるところでしょう。

どれも子どもの幸せを願うものですから、パパ・ママの想いと合うものを選びましょう。

女の子はひな人形を購入しよう

雛人形には、衣装着の雛人形と木目込みの雛人形、陶器や布でできているもの、つるし雛などがあります。

衣装着雛人形とは、一般的にお雛様といわれて多くの人が思い浮かぶ雛人形で、衣装が華やかなのが特徴です。京雛と関東雛では大きさ、人形の持ち物などが違います。

木目込み人形は、木や桐塑でできた胴体に衣装の端を差し込んで制作したものです。以前は、衣装着に比べ少し地味な感じでしたが、最近では衣装着のような着物を着た人形も増えてきて、華やかさが出てきています。大きさは、衣装着よりコンパクトです。

陶器の雛人形は、衣装着や木目込みよりお手頃な価格です。内裏雛が多いですが、なかには段飾りになっているものもあります。手入れが楽なのが特徴です。

それぞれの飾る時期をチェックしよう

五月人形などを飾る時期は、春分の日~4月中旬、遅くても4月29日までには飾りましょう。しまう日に特別な決まりはありません。ただ、縁起をかつぐために「大安」を選ぶ人も多いでしょう。

雛人形を飾る時期は、立春~2月中旬がよいといわれています。一夜飾りは避けた方がよいといわれていますので、遅くても1週間前までには飾りましょう。また、地域により「雨水の日」「大安」に飾ると決まっている場合もあります。

雛人形は、片づけるのが遅くなると婚期が遅れると聞いたことがあるでしょう。片づけにベストな日は「啓蟄の日」といわれていますが、目安としては3月の中旬までにしまいましょう。

出し入れする日として共通なのは、晴れた湿気の少ない日がよいということです。

男の子に贈りたい注目の五月人形

人気の高い武将兜飾り

戦国武将の兜飾りは、その武将によってデザインが違うのが特徴です。パパは知っている人も多いかもしれませんが、「武将の名前は聞いたことあるけれど、どんな兜かまでは分からない」というママは多いのではないでしょうか。

兜飾りの選び方は、武将の名前で決める、兜の好みで決める、どんな武将だったかで決める、ゆかりの地で決めるなど、さまざまです。それぞれの兜は、次のような特徴があります。

伊達政宗は「三日月」の前立て、上杉謙信は「日輪と三日月」の前立て、徳川家康は「シダ」植物の前立て、直江兼続は「愛」の漢字が前立てになっています。

真田幸村は「鹿の角と六文銭」、武田信玄は「鬼の顔と角、ヤクの白毛」をあしらった特徴的な兜になっています。

写真映え間違いなしの着用兜

飾り用兜は12号くらい、子ども着用兜は23~28号くらいの大きさとなります。

ママは収納も考えて小さいものを希望しますが、男の子が大きくなって喜ぶのはやはり「かっこいい、大きい、強そう」というもののようです。初節句のときはあまり関係ありませんが、自分もかぶれる、かぶって写真も撮れるとなれば喜ぶこと間違いなしです。

着用兜にも収納タイプのものがあり、間口65cmくらいです。飾り用は45cmくらいなので、少し大きいかなという感じです。また子どもが着用するのを目的として、できるだけ軽量に作っているものもあります。

着用タイプではありませんが、間口が同じくらいのコンパクト鎧兜は、パパとおじいちゃん、お兄ちゃんが選ぶ場合に人気があります。

収納しやすいコンパクトな五月人形

収納飾りというのは、飾り台と収納箱を兼ねるものをいいます。飾り台の上の部分がふたになっており、開けるとそこに飾りを片づけることができるため、押し入れなどに入れておく場合にもコンパクトに収納することができるのが特徴です。

収納タイプには、兜、子ども大将のものなどがあります、間口30~40cm台のコンパクトなものもあります。

また収納タイプではありませんが、子ども大将飾りは横幅約15cm、兜飾りは横幅約22cm、鎧兜セットが横幅約22cmなど、小さいものもあります。また、鎧兜3段飾りでも横幅24cmほどのコンパクトなものもありますので、収納箱はいらないけれど、小さいものがよい場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

女の子に贈りたい人気のひな人形

飾る場所を選ばないコンパクトな親王飾り

親王飾りとは、男雛と女雛だけの飾りです。段飾りとは違い、チェストや棚の上にも飾ることができます。

衣装着の人形には、さまざまなサイズがあります。小さいものより大きい方が見栄えはよいですが、その分飾り台も大きくなります。

木目込み雛人形は、衣装着よりかなりコンパクトになりますので、スペースが気になる方にはよいでしょう。顔も衣装着と比べるとかわいらしいものが多いです。

また、立ち雛タイプもあり男雛と女雛が立ち姿勢のため、座っているものより場所をとりません。

親王飾りは、何年かかけて三人官女、五人囃子と増やし、豪華にすることもできます。また、次も女の子が生まれたときに、もう1台買うのではなく、人形を増やす形での対応もできるのです。

そのまま遊びたくなるリカちゃんひな人形

小さいころにリカちゃん人形で遊んだことのあるママも多いでしょう。そんなママからすれば「リカちゃんの雛人形」と聞くと、「おもちゃじゃないの?」と思うかもしれませんね。

しかし、この雛人形はリカちゃん人形のタカラトミーと人形の久月のコラボレーション企画の人形なのです。シリアルナンバーがついた限定生産なので、毎年売り切れとなる人気商品です。

商品の種類は、親王飾り、立ち雛、三段飾り、収納飾り、ガラスケース入りとさまざまです。リカちゃんの彼氏は、歴代で色々と変わっていますので、リカちゃん雛人形も購入する年代によっては、男雛役の男の子も変わっているかもしれませんね。

また、日本人形の雛人形は怖いと思うママにも人気があるそうですよ。

2人目には市松人形を買うのもあり

1人目の女の子が生まれたときは迷うことなく雛人形を購入したパパやママも、2人目も女の子の場合、購入するかどうか迷いますよね。

色々な情報を調べていると、厄災を引き受けてくれるものだから1人につき一つ用意しましょうと推奨されているのを目にすることも多いでしょう。でも、現実問題として雛人形を二つというのは、スペースや経済的に無理な場合も少なくありません。

その場合、市松人形を買う家庭も多いです。市松人形も厄災の身代わりを果たしてくれる人形なのです。市松人形は怖いというイメージを持つ人も多いため最近では、おかっぱではなく現代的になっていたり、目も大きく、かわいく作られていたりしますので、興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。

初節句で着せたい人気の男の子の衣装

陣羽織で初節句をお祝いする

陣羽織がどんなものかご存知でしょうか?よく戦国時代を舞台にしたドラマの中で武士が陣中で着ている上着のことです。

月齢が小さいほど、いつもと違う窮屈な服を嫌がったりしますよね?そんなときに陣羽織があるだけで重宝しますよ。陣羽織は、赤ちゃんが着慣れた服の上に羽織らせるだけで、一気に初節句らしくすることができます。

陣羽織は単品だけでなく、もさまざまなセットがあります。桃太郎スタイルのもの、陣羽織と布兜のセット、陣羽織とハチマキのセット、陣羽織と烏帽子のセット、陣羽織と烏帽子・布兜のセット、陣羽織・布兜・烏帽子・刀の4点セットなどです。

また柄も多数ありますので、着せてみたいイメージで探すとよいのではないでしょうか。

お祝いごとがあるたびに使える袴ロンパース

「着物を着せたいけれど、嫌がりそう。せっかくのお祝いで泣いてばかりじゃ困るし」というママには、袴ロンパースはいかがでしょうか?

袴ロンパースは、見た目は袴を着ているようですが、ロンパースなので着脱がしやすく、素材も綿100%を探すこともできるのがよい点でしょう。着脱が簡単ということは、おむつ替えや汚したときの着替えも楽ということです。

袴ロンパースには、着物と袴風、着物と袴と羽織風があります。袴風の方は、わんぱくな感じでもありますが、きちんとした感じも見られます。また、羽織がある方は、黒の羽織だとかしこまった感じ、カラーのものだと華やかな感じとなります。

一つ持っていると、サイズによっては次のお正月などにも使えそうですね。

手作りを用意したい金太郎スタイル

金太郎スタイルの腹掛けの簡単な作り方をご紹介します。

材料は、赤布か赤フェルト、黒布か黒フェルト、シールタイプの黄色フェルト、ひも、手芸用ボンド、針、黒と赤の糸を用意します。

まず、腹掛け本体を作ります。四角の赤布を菱形に置いて、上の部分に黒布で腹掛けの縁を作ります。この二つをくっつけるとき、縫ってもよいですし、面倒なら手芸用ボンドなどで代用できます。

ひもは首の部分2本、お腹の部分の2本を適当な長さ用意し、縫いつけます。

真ん中の「金」の文字は、粘着剤がついた黄色フェルトを使うことで簡単に貼りつけることができます。おおよそのものを作ってもよいですし、パソコンなどで型紙を作りそれを使って金マークを作ってもよいでしょう。

初節句で着せたい人気の女の子の衣装

伝統の着物を着せて記念写真を撮る

初節句用の着物には、着物、被布、十二単風なものなどがあります。初節句用の着物の多くが、1歳ごろの大きさに対応したサイズとなっています。

月齢が小さい子は、着慣れないものを着ること自体を嫌がる可能性もありますので、購入、レンタルどちらにしてもよく考えましょう。しかし、撮影だけと割り切るなら、短時間なんとかして着せて写真を撮るのもよいかもしれません。

赤ちゃん用の着物は、紐1本での対応や3点を結べばよい、上下が分かれているもの、袴はズボンのようにはかせるだけなどママも着せやすく、できるだけ赤ちゃんの負担が少ないようにとの配慮がされています。

赤ちゃんがぐずったとき、撮影後すぐに着せられるかわいい服も用意しておくと安心ですね。

手軽に着せられて可愛い袴ロンパース

袴ロンパースは男の子用同様、女の子にもあります。着物とは違い、小さい月齢の赤ちゃんのサイズから対応しているため、着物はまだ無理だけど、初節句らしさを出したいという場合に最適です。そして、おむつ替えなどが簡単にできるのにかわいいというのは、ママにとっても嬉しいことですよね。

着物と袴風のものから、巫女さん風、平安のお姫様風の長めの羽織つきのものなどかわいらしいものが色々あります。袴や着物も柄、色とも多くの種類がありますので、好みのものを探すのもよいですね。

着物の部分の柄として多いのは、花柄や矢柄、白などです。花といっても小花から大きめの花などがありますので、袴部分の色と合わせて、比べてみると楽しいのではないでしょうか。

ベビードレスで可愛く着飾る

ドレスは比較的、安価なのにかわいいものが多いのが特徴です。女の子が生まれたら、一度はヒラヒラしたかわいらしいドレスを着せてみたいと思うのではないでしょうか。ドレスは、色・デザインとも豊富です。半面、種類が多すぎてどれにしようか迷ってしまうのが悩みかもしれませんね。

ドレスは着せるのも脱がせるのも、おむつ替えも簡単なのが利点です。同じデザインなのに色が違うだけで、かわいらしかったり、上品だったりと雰囲気が変わるのがよいですね。

さまざまな商品があるネットで購入することも多いと思いますが、その場合に気を付けなければならないのは、デザインによって肌に当たる部分が固い、または肌を痛める素材でないかを確認することです。

初節句のお祝いをする際のポイント

祖父母を呼ぶか家族だけかを早めに決める

初節句は喜ばしいものですが、祝いの席の招待者をどうするかは悩みどころですね。パパ・ママ・赤ちゃん・兄姉の家族だけでするのか、祖父母も呼ぶのかです。最近は核家族がほとんどなので、家族のみも多いですが、のちのちのことも考えるとおじいちゃん、おばあちゃんに声をかけるのはよいことかもしれません。

ただ、片方の祖父母にだけ声をかけてしまうことは避けたいものです。招待するなら両家の祖父母、しないなら家族だけでする旨をきちんと伝えましょう。両家に声をかけた上で都合での欠席の場合は、仕方のないことです。

また、家族だけか祖父母も呼ぶかは、夫婦で早めにきちんと話し合いましょう。認識を統一しておかないと揉める原因となりますので、注意が必要です。

レストランの場合はお店選びに気を付けて

赤ちゃんもいるのに、初節句の祝い膳を揃えるのは負担と考えるママも多いのではないでしょうか。その場合、外食と決めたなら、まず日程・人数・予算を決めるところから始めましょう。日程は2、3個に絞っておきます。

そして、希望のお店に個室があるかを確認します。どんなによいお店でも個室がない場合は、ほかのお客様の迷惑になってしまう恐れがあるからです。

個室は、赤ちゃんが疲れたときに座布団を敷いて寝かせたり、自由に動きたがったりしたときに助かる座敷が望ましいでしょう。

お店にもきちんと初節句であることを伝えておきましょう。お店によっては、小さい子は遠慮してほしい場合もありますし、伝えることでお店も事前にそれ相応の対応ができるからです。

自宅でする場合は料理を決めて事前準備を

自宅でお祝いをする場合、料理をどうするかが悩みどころですね。自宅だからと、すべてを手作りしなければならないわけではありません。仕出しやケータリングの利用、一部を発注するという方法もあります。

自宅で準備する際のおすすめはちらし寿司です。ちらし寿司の素を利用すれば簡単に作ることができますし、端午の節句の鯛、鰤、鰹などの魚料理はお店に頼んでおけば完璧です。

どの範囲を自分で用意するのか、自分で作るならどんな料理をどれくらい作るかを早めに考えておきましょう。家族のみの場合はそれほど悩みませんが、招待の範囲が広がれば広がるほど事前準備が必要になります。小さい子が複数いる場合はもっと大変になりますから、無理をしない範囲で決めましょう。

まとめ

初節句は、赤ちゃんの健やかな成長と幸せを願うものです。厄災は、雛人形や五月人形に肩代わりしてもらい、ずっと病気もせず、事故にも遭わず、大きくなってもらいたいものです。

赤ちゃんに記憶はなくても、綺麗な着物やドレスを着せてもらって雛人形の前で座っていたり、陣羽織や袴を着ていたりする姿を写真に残しておくことは、子どもが成長してそれを見たときにも嬉しいことでしょう。

ママ、パパにとっても大切な行事です。子どもが成長してアルバムを見返したとき、その思い出は幸せな瞬間の一つとして鮮やかによみがえるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018