就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママが気になる保育園の行事!内容や目的と特別な日の給食を知ろう

ママが気になる保育園の行事!内容や目的と特別な日の給食を知ろう

働くママの強い味方である「保育園」では、季節ごとにさまざまな行事が行われています。保護者の参加が必要なものやそうでないものがありますので、保育園ごとの年間スケジュールを確認することが大切です。主な行事の内容と目的を知って、心構えをしておきましょう。

保育園の行事にはどんなものがあるか知ろう

一般的な保育園の季節ごとの年間行事

保育園ごとの差はありますが、年間を通して開催される主な行事についてまとめました。

4月:入園式、進級式、身体測定
5月:端午の節句、遠足
7月:プール開き、七夕
8月:夏祭り(盆踊り)
9月:引き取り訓練
10月:運動会、発表会
12月:クリスマス
1月:餅つき
2月:節分(豆まき)
3月:ひな祭り、卒園式

ほかにも、個人面談や保護者会などがあり、月に一度お誕生日会が開かれる保育園もあります。食育の観点から、行事食といって季節の行事ごとの特別な給食メニューがふるまわれることもあり、子どもたちが楽しみにしているイベントが多くあります。

こうした行事で保護者の参加が必要なものは、平日の夕方や週末に開催されることが多いようです。

平日の行事で保護者が参加するもの

保育園では、働く保護者に配慮して多くの行事が子どものみで行われるか、保護者参加が望まれるものは平日の夕方や週末に設定されています。そのなかから、平日昼間に保護者参加が必要な行事についてチェックしてみましょう。

まず、年度初めに行われる「入園式」は4月の平日に設定されている保育園がほとんどです。ママもパパも仕事を休んで式に参加する場合が多いかもしれませんね。

普段の園生活が垣間見える「保育参観」や防災訓練の一環として行われる「引き取り訓練」も平日に行われることが多いようです。ただ、ほかの行事についても平日開催であるか、そうでないかは園の方針によって大きく変わりますので、入園を希望する保育園に事前に確認するのがよいでしょう。

園児ではなく保護者がメインの行事もある

数ある保育園行事のなかで、保護者がメインになっている行事といえば「保護者会」「懇談会」と呼ばれるものではないでしょうか。多くの園では入園式が終わってすぐの5月か6月、進級前の2月または3月の年2回行われることが多いですが、園により春に1回だけのところもあります。

入園後の保護者会、懇談会では、年間行事のスケジュールや園からのお知らせ、お願いなどが話されます。進級前の懇談会では、進級に向けての準備内容なども話します。

平日に開催される場合は、お昼寝のはじまる午後1時ごろに集まることが多いようですが、仕事で参加できない場合でも、後から内容を説明してもらえるので安心してください。園によっては土曜日に開催されるところもあります。

保育園の行事の目的や参加するときの服装

すべての行事にはそれぞれのねらいがある

仕事を頑張るママやパパに代わって、子どもの成長を見守ってくれる保育園。ですが、すべて園に任せっきりというわけにはいきませんね。

園で行われるすべての行事には、親と子の関わりや子どもの成長を大事に考えたそれぞれのねらいがあります。端午の節句やひな祭り、餅つきなどは季節の変化や日本の文化を伝承する意味でも大切にしたい行事です。

運動会や発表会は、いつも忙しいパパ、ママが子どもの成長をあらためて実感できるよい機会です。七夕祭りや夏祭りを一緒に楽しむことも絆を深めるひとときになりますね。

入園式や誕生日会は、単調になりがちな生活に節目をつけ、色どりを与えるのに有効です。周りを祝福し、祝福される中で心の成長につながります。

行事が多いときはすべて参加できなくてもOK

保育園の年間スケジュールとにらめっこして、行ける、行けないに頭を悩ませるママも多くいるかもしれません。共働きをしていることが前提で入園できる保育園がほとんどであるにもかかわらず、平日の昼間に行事があると困ってしまいますが、園には園の方針がありますので仕方ありません。

さらに、仕事で参加できないことが多くなると子どもに申し訳ない気持ちになりますね。ですが逆の発想をすれば、多くの行事があるからこそ、どこかで参加できる可能性が増えると考えることもできます。

行事は多く予定されていますが、すべて参加できなくても大丈夫と考えましょう。ただ、子どもにはちゃんと参加できないことを伝えて、理解してもらうようにしたいですね。

参加する行事に合わせた服装を選ぼう

子どもが主役の保育園行事であっても、場違いな服装で悪目立ちしたくありませんね。フォーマルにするべきか、カジュアルで行くべきか、迷ったときに参考にしたい行事別の服装をチェックしましょう。

まず、フォーマルで行くべきなのは「入園式」「卒園式」「発表会」です。子どももきちんとした服装で行くことになりますので、しっかり準備しましょう。逆に「運動会」や「親子遠足」はパンツスタイルなど動きやすいカジュアルな服装がベストです。

迷いがちな「保護者会」「懇談会」は、先生と保護者が集まって簡単な報告をするだけなので、かしこまる必要はありません。会社帰りにスーツや制服で来る人ママもいれば、普段着で参加しているママもいますよ。

保育園の行事の日は給食もいつもとは違う!

給食でも季節や行事を楽しむ保育園が多い

保育園では給食も楽しみな時間ですが、行事ごとの特別メニューが作られることが多くあります。自宅ではなかなか凝った行事食を作ることができなくても、保育園では調理師、栄養士、保育士が相談してメニューを考えてくれるので美味しくて安心な食事が期待できます。

ママが「今日はなにを食べたの?」と聞くことで、いつもと違った特別な給食を話からも楽しむことができますね。食べることは生きるために必要なことですが、それ以上に学べることが多くあります。

行事食から世界のイベントや日本の文化、季節を知ることができ、そこから広がるさまざまな会話や発見も食育の一つです。子どものころから、こうした取り組みをしてくれる保育園はとてもありがたい存在ですね。

行事食でどんなメニューが出るのか知ろう

1年を通して日本にはさまざまなイベントがあり、そこで食べられる特別な食事も豊富にあります。お正月にはおせち料理やお餅を食べることは、日本人には当たり前のことですね。

保育園でも、行事食としておせち料理やお餅がでることがあります。餅つき大会を開催している園では、つきたてのお餅を食べる機会もありますね。

端午の節句では柏餅、ひな祭りではひなあられ、クリスマスにはケーキなど、おやつやデザートがでることもあり、子どもに喜ばれています。最近よく知られるようになった、節分に恵方巻がでる保育園もあるそうですよ。

普段好き嫌いが多い子どもでも、こうした行事食をみんなと一緒に食べることで自然と食べられることも多くあります。

レシピを参考に自宅でも行事食に挑戦しよう

保育園から届くお知らせの中に、給食の献立表があります。そのなかに、今月のメニューとして行事食のレシピが記載されていることはないでしょうか。

これを参考に、普段子どもたちが食べている給食の味を家族で体験してみるのもよいですね。最近では、簡単に見栄えよく作れる子ども向けのレシピをネットからもたくさん検索することができます。

難しいもの、凝ったものを作ることが行事食ではありません。可愛いお皿や型抜きを使って飾り付けをしたり、季節の食材を使ったメニューを親子で考えたり、工夫をしながら食について考える時間を持ってみましょう。

食をとおして、ひな祭りや七夕など季節の行事がより身近に、より具体的に感じることができるとよいですね。

まとめ

保育園は働くパパとママに代わって、子どもの生活を一手に引き受けてくれるありがたい存在ですね。そんな園での生活を普段はなかなか見ることはできませんが、行事をとおして自宅とは違った子どもの側面を発見することができます。

すべての行事に参加することが難しくて申し訳ないなと思っても、子どもはママが考える以上にママの状況や仕事の大変さを理解しているものです。けなげな子どもの気持ちにこたえるためにも、仕事がお休みの日はたっぷりスキンシップを取りたいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018