就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦生活を相談したいときには。相談先やよく相談されている内容とは

夫婦生活を相談したいときには。相談先やよく相談されている内容とは

夫婦生活の問題を周りには相談できず、ひとりで悩んでいるママはいませんか。誰かに相談したくてもどうしたらよいか分からないママのために、夫婦生活の相談先や相談内容についてまとめてみました。自分に合った相談方法や解決策を見つける参考にしてくださいね。

話しにくい夫婦生活についてはプロに相談

悩みをしっかり聞いてもらえるカウンセラー

自分の悩みを打ち明けることが苦手なママもいるでしょう。とくに夫婦生活については身近な人には話しづらいですよね。

悩みをしっかり聞いてもらいたい、アドバイスが欲しいという場合は、カウンセラーに相談するのがおすすめです。悩みをうまく説明できなくても、プロのカウンセラーなら話を遮ったり、先回りしたりすることはしません。

どんな相談でも否定することなく、気持ちを吐き出させてくれ、頭を整理するお手伝いをしてくれますよ。また、有資格者は守秘義務があり、相談内容が外部に漏れる心配もありません。

夫婦生活が相談できるカウンセラーを選ぶ際は、臨床心理士の資格を持つ心理カウンセラーや夫婦カウンセラーの資格がある人がよいでしょう。

心療内科など心の面を医師に相談

ママがパパと夫婦生活について話し合おうとしても、取り合ってもらえない場合や、考え方や価値観の違いで喧嘩になってしまうことは少なくありません。

夫婦関係に前向きになれない、気持ちが落ち込みやすいなど、心のサポートが必要なときは心療内科の医師に相談する方法もあります。

心療内科を受診するときはすでに夫婦関係が悪化し、精神的なダメージを受けているケースも多いようです。色々な原因が複雑に絡まり合い、どちらか一方だけに原因があるとは限りません。

ママが心療内科で心のケアを受けてもパパが何も変わらなければ、問題は解決しないことがほとんどです。夫婦関係の問題は、パパも受診する、もしくは夫婦揃ってのカウンセリングをすすめられる場合があります。

夫婦生活が無く今後に不安を感じたら弁護士

夫婦生活の悩みを気軽に相談したいときには

ママが拒否している側、されている側によって立場が変わりますが、夫婦生活の無いことが離婚の理由になりえます。夫婦関係が破綻していると認められ、離婚に発展するケースも増えています。

ママが拒否している場合は「離婚されてしまうのではないか」、パパに拒否されているなら「浮気相手がいるのではないか」と悩んでいるかもしれませんね。

夫婦生活が無い場合の影響や今後に不安を感じたら、弁護士に相談しましょう。ママが離婚を避けたいときやパパの浮気の可能性があるときの対応などについて、法的なアドバイスをもらうことができます。

費用が心配なら、無料相談を受けつけている弁護士を探してくださいね。センシティブな問題なので、同性である女性弁護士を選ぶママもいます。

自宅からでも相談できる電話占いやアプリ

小さな子どもがいると、ひとりで外出し気分転換をすることは難しいでしょう。家の中で悶々とし、誰かに話を聞いて欲しいときは、電話占いやアプリなら気軽に利用できます。

「夫婦問題に占い?」と思うかもしれませんが、占い師はたくさんの人から様々な悩みを聞いています。恋愛専門の占い師がいるように、夫婦問題が得意な占い師もいます。パパとの相性を見ながらアドバイスをもらうこともできます。

ほかにも、匿名で相談やチャット占いなどができるアプリもあります。とにかく気軽に相談したいときは便利なツールですよ。

プロのカウンセラーではないので解決に結びつかないときもあるでしょう。しかし、誰かに話を聞いてもらいたいという気持ちは満たされるはずですよ。

子どもが寝てからできる掲示板や匿名サイト

掲示板やサイトの利用は時間を問わずにできます。子どもが寝た後やパパの帰りが遅いときなど、スマホを使えばベッドの中でもできますね。

匿名の掲示板や夫婦の悩みについて話すコミュニティサイトで、たくさんの人が夫婦問題を相談し、アドバイスを受けています。

夫婦生活に関するトピックを読んだり、実際に相談したりすることもできます。人との繋がりを求めコメントをするママもいますが、深入りや人物が特定できる情報を書き込まないよう気をつけてくださいね。

実際に書き込みをしなくても同じような悩みを持つ人の相談を読むだけでも、自分だけではないんだと心強さを感じられますね。また、回答やコメントの中から解決のヒントを得ることができるかもしれません。

夫婦生活を専門にしているNPOや民間団体

夫婦生活をはじめとする、性格の不一致やDVなど、あらゆる夫婦の問題が相談できるNPOや民間団体があります。相談内容に適したカウンセラーや専門家が対応し、法律的なことは弁護士に相談できる団体もあります。

各団体のHPには具体的な相談例がたくさん載っているので、それらを読むだけでも参考になりますよ。また、無料電話相談やWebからの相談を受けつけている団体なら気軽に相談できます。

離婚や親が絡んでいるなど問題が複雑で、電話相談から一歩進んだサービスを受けたい場合は、個人や夫婦での面談、女性の自立支援の手伝いなどを申し込むこともできます。ただし、料金がかかる団体もあるので、予約をする際に確認してくださいね。

夫婦生活についての相談の具体的な内容

パートナーに一方的に断られてしまう

妊娠や出産を機に夫婦生活に消極的になるママは少なくありません。出産後のホルモンバランスの影響で性欲がなくなる、子育てに追われその気になれないなどの、心身の変化が主な原因です。パパはそのような変化を理解できず、不満を募らせてしまいます。

逆に、パパの方が一方的に断るケースもあります。ママを子どもの母親としてしか見られなくなった、仕事が忙しく疲れている、元々淡白だったなど、パパによって理由は様々です。

断られることが続くと自分に自信がなくなり、自分から求める勇気が持てなくなります。「このまま欲求不満を抱えながら生きていくのか」「女、もしくは男としてこのまま終わってしまうのか」と虚しさや寂しさを感じます。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版