就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに見せたい美しい景色!有名スポットから穴場まで一挙公開

子どもに見せたい美しい景色!有名スポットから穴場まで一挙公開

日本には、美しい景色がたくさんあります。同じ場所でも、季節によって様々な表情を見せてくれるところも、日本の景色のよさの一つですよね。今回は、子どもに見せたい美しい景色を、有名スポットから穴場まで紹介します。美しい景色を見ることは、子どもにとって素晴らしいものを与えてくれますよ。

美しい景色は子どもの心を豊かにする

きれいな景色を見ることで感性が刺激される

美しい景色を見ると、感動したり癒されたり心が洗われたりしますよね。しかし、美しい景色はこれだけでなく、子どもの心を豊かにする効果もあるのです。

子どもは物事に繊細で、よく反応し感じ取る敏感な心を持っています。そのため、子どもにとってきれいな景色を見ることは、大人以上に心が動き感性が刺激されることなのです。「子どものうちは感覚に働きかけることが大切」といわれるように、感性を刺激し育てることは、創造性や意欲など心豊かな人格形成にプラスの影響をもたらします。そして充実した人生へと導いてくれるのです。

きれいな景色は理解するものではなく、感じるもの。「まだ早いかな」と思わず、美しい景色をたくさん見せてあげましょう。

自然に触れることで心がおだやかになる

自然を感じる美しい景色には、見るだけでなく香りを嗅いだり音を聞いたりと、自然に触れることで心がおだやかになる効果もあるのです。

たとえば、花はその色だけではなく香りを嗅ぐことで、安らぎや癒しなど直接感情に働きかけてくれます。また、樹木の香りには抗菌作用のある「フィトンチッド」という物質が含まれており、「精神の安定」「呼吸を正常に整える」「交感神経の緊張を抑える」などの効果があることがわかっています。

小川のせせらぎや波の音、木々のざわめきなどの自然界の音には、人には聞こえない高周波や、高周波の持つ「1/fのゆらぎ」と呼ばれる音のリズムがあります。耳には聞こえなくてもこれらを脳が感知することで、リラックスをもたらしてくれるのです。

感動を共有することで自己肯定感が生まれる

親子で美しい景色を見て感動を共有することは、子どもの自己肯定感を育むとてもよい機会になります。

「自己肯定感」とは、そのままの自分を受け入れ「自分は大切な存在である」と感じられる自尊感情のこと。子どもには「自分を大切に思って欲しい」と親なら誰しも願うことですよね。

そこで、景色を見て「きれいだね」「気分がいいね」など、感動したことを子どもと共有してみましょう。子どもの感想は、親とはまったく違うかもしれません。しかし、子どもがそう感じることには必ず理由があるのです。子どもの考えを否定せず、認めて親も共感してみましょう。そうすることで、「自分の意見を認めてもらえた」という自己肯定感につながるのです。

ママのお悩み・子育ての疑問について動画で楽しく解説♪ №1~15

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

子どもに見せたい景色が綺麗な有名スポット

天空の城「竹田城跡」

ここからは、子どもに見せたい景色が綺麗な有名スポットをいくつか紹介しましょう。まずは、兵庫県朝来市にある天空の城「竹田城跡」です。

「日本のマチュピチュ」とも呼ばれ、標高約353.7mの古城山山頂に築かれた山城。見どころはなんといっても、濃霧が発生したときに見られる雲海に浮かぶ竹田城です。雲海の中の竹田城を見る場合は、向かいの朝来山に登るとよいですよ。山城のためアクセスは大変ですが、苦労して登った後の眺めは格別でしょう。

雲海は9~11月、明け方~午前8時ごろが発生しやすく、自然現象なので残念ながらいつでも見られる訳ではありません。雲海以外にも桜や新緑、紅葉なども美しい場所ですので、四季折々の景色も楽しんでみましょう。

砂の芸術「鳥取砂丘」

次は、あの有名な砂の芸術「鳥取砂丘」です。その歴史は古く10万年といわれ、国の天然記念物であり観光できる砂丘として日本一の広さを誇ります。

四季や時間の違いで砂丘の表情が刻々と変化し、タイミングがよければ風によって作られる自然のアート「風紋」が見られることも。砂丘の頂上から見える日本海は絶景のひとことです。

レストランやお土産売り場のある「砂丘センター」からは、砂丘までのリフトが出ています。木々の中を通って砂丘に向かう景色を楽しむのも、おすすめですよ。また、10月下旬~11月上旬には、鳥取砂丘の最も東側にある「ラッキョウ畑」に紫の花が一面に咲き誇ります。お出かけが開花時期と重なるときは、ぜひ合わせて見に行ってみましょう。

神秘の滝「高千穂峡」

最後は、宮崎県西臼杵郡にある神秘の滝「高千穂峡」です。その昔、阿蘇山の噴火によりできた断崖がそびえ立つ峡谷で、1934年に国の名勝・天然記念物に指定されています。

東西約7kmに渡って続く断崖は、高いところで100m。峡谷内には日本の滝百選に指定された「真名井の滝」もあります。駐車場からは渓谷に沿って整備された遊歩道があり、高千穂峡の全容を見ながらゆっくり散策するのもよいですね。

また、高千穂峡といえば「貸出ボート」が人気です。そびえ立つ断崖と約17mの高さから降り注ぐ真名井の滝を、間近に感じることができます。川の流れも緩やかで、キラキラ光る水しぶきを眺めながら、手漕ぎボートでのんびりと進むのもおすすめですよ。

子どもに見せたい穴場の絶景スポット

32 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND