就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

胎動はいつから感じるようになるの?激しくなる時期や声かけのコツ

胎動はいつから感じるようになるの?激しくなる時期や声かけのコツ

妊娠週数が進んでくると、少しずつ感じられるようになるのがお腹の赤ちゃんの動き、胎動です。胎動が自覚できるようになるとますます赤ちゃんの誕生が待ち遠しくなりますね。胎動を感じる時期はいつくらいからなのか、胎動が激しくなると起こるマイナートラブルや赤ちゃんへの声かけのコツなどをみてみましょう。

胎動を感じるようになるのはいつから?

一般的には生後5カ月頃から

妊娠週数が進むと、お腹の赤ちゃんの動きが分かるようになります。これを胎動といいますが、胎動を感じることができるのは妊娠5カ月頃からが多いようです。

初めての妊娠の場合、胎動自体がどのようなものなのか分からないという人も多く、妊娠5カ月よりもかなり遅れて自覚できたということもありますし、2人目、3人目となると妊娠5カ月よりも早い段階で胎動に気づくママもいます。最初はお腹の中でガスや便が移動するような感じがしたり、お腹の中からツンツンとノックされているように感じたり胎動の感じ方もさまざまです。

胎動を感じる時期には個人差がありますので、遅くても特に問題はありません。しかし、そろそろかなと意識しておくと胎動に気づきやすくなるかもしれませんね。

胎動を感じる位置はおへその下あたり

妊婦さんが胎動を確認する姿をイメージしてみてください。多くの人がお腹の上の方、胃の下あたりに手を当てている姿を思い浮かべると思います。

しかし、胎動を感じる部分は妊娠週数によって異なります。胎動を感じ始めたくらいの時期は、おへその下や恥骨あたりから、妊娠後期くらいになってやっとお腹の真ん中あたりで胎動を感じることができるようになるのです。

胎動を感じ始める頃は赤ちゃんが過ごすスペースにもまだ余裕があるので、お腹の左の方で動いたり、右に移動したりすることもあります。ときにはグルンと大回転をしているような動きをすることもありますのでママはビックリしてしまうかもしれませんが、赤ちゃんが元気に動いていることはよいことですので色々な動きを楽しみましょう。

個人差があるのでリラックスして待とう

胎動を感じる時期や感じ方はママによって個人差が大きいです。ですので、胎動を感じる目安の時期になっても何も感じない、胎動が少しおかしいかもと不安になりすぎる必要もありません。

仕事をしているママや普段よく体を動かすママは、胎動を感じにくい傾向が高いようです。胎動は寝る前やのんびりと過ごしているタイミングに感じやすいので、リラックスできる時間を作るように意識してみるのもよいかもしれませんね。

ただ、妊娠中はどうしても神経質になりがちです。胎動が遅くて不安になるようであればかかりつけの病院に受診して医師に相談してみましょう。

超音波検査で赤ちゃんがしっかり体を動かす姿を見ることができれば安心できますからね。

胎動が激しくなるのはいつから?

妊娠7カ月頃になると胎動を激しく感じる

妊娠7カ月頃になると、とても激しい胎動を感じるようになります。それまでのポコポコした可愛い動きではなく、グニョングニョンというゆっくりとした動きをすることもあるので、お腹の中で不思議な生きものを飼っているようだというママもいます。

胎動が激しくなると、赤ちゃんが動くたびに尿意を感じるようになったり、ときには痛みを感じてしまったりして一瞬動けなくなることもあるようです。しかしこの時期を過ぎると、赤ちゃんが過ごすスペースが徐々に狭くなり胎動も少しずつ落ち着いてくるため、激しさのピークは7カ月頃といえるでしょう。

胎動は赤ちゃんが生まれる直前まで続きますが、お腹が大きくなればなるほど動きの激しさは落ち着いてきますので活発な胎動も楽しんでくださいね。

パパが胎動を感じることもできる時期に

胎動の感じ始めはママ自身でしか自覚することができないほど小さな動きです。しかし、妊娠7カ月頃になるとママ以外の人でも感じることができるくらいの動きになりますので、ぜひお腹に手を当ててもらってみてくださいね。

ただ、胎動が起きるのはお腹の赤ちゃんの気分次第ですので、なかなかタイミングが合わないこともあるでしょう。また、なぜかパパが手を当てた途端に胎動が止まってしまうということも多いようですが、諦めずに何度もチャレンジしてみてくださいね。

妊娠後期が近づくと、手を当てなくてもお腹がビヨーンと動く姿が見られるようになります。見ているだけでも面白いのでパパ以外の家族に見せてあげるのもおすすめですよ。

ママは早くも寝不足に悩まされることも

最初はポコポコと可愛らしい胎動であったのが、妊娠7カ月頃を境にとても激しいものとなります。胎動に敏感な人だと、あまりに激しい胎動に気をとられてしまい仕事が手につかなくなってしまったり、動きをストップしてしまうこともあるようです。

また、寝ている途中やウトウトしているときにも胎動が気になって起きてしまったり、なかなか寝つけなくなってしまったりするケースも多いようですので、寝不足が続いてしまう恐れもあります。寝不足は妊婦にとって大敵です。

忙しい毎日で体を休める時間の確保が難しいこともありますが、ちょっとした休憩時間を作りお昼寝をしたり、就寝時間を早めたりして十分な睡眠時間を確保するように意識しましょう。

ママは胎動に合わせて声かけをしてみよう

お腹の赤ちゃんへの声かけのコツ

お腹の赤ちゃんは、妊娠5カ月頃から音に反応することができるといわれています。中でもママの声が一番伝わりやすく、安心できる音なのです。

赤ちゃんの胎動を感じることができるときは、赤ちゃんが起きている時間だともいわれていますので胎動が自覚できたタイミングには積極的に声かけをしてみましょう。どんな言葉をかけたらよいか分からないというママもいますが、声かけはどんな内容でも大丈夫です。

朝起きたら「おはよう」、ご飯を食べる前には「いただきます」といったちょっとしたあいさつや、外出するときには、お天気の様子などを話してあげるのも楽しいですね。家族の紹介やその日あった出来ごとなど、ママが話したい話題をどんどん赤ちゃんに聞かせてあげましょう。

キックゲームで遊んでみよう

胎動があるタイミングで赤ちゃんと楽しむことができるゲームがキックゲームです。赤ちゃんがキックをしてきたらママがお腹をポンっと叩き返して反応をみてみましょう。

最初は何も反応がなくても、何度か続けていくうちにキックやパンチをして返事をしてくれることもあるようですよ。ママがここにキックをしてと位置を指定しポンポンとお腹を叩くと、その部分にしっかり反応してくれる赤ちゃんもいるようで面白いですよ。

ただ、中にはまったく反応を示さない赤ちゃんもいますし、全然関係のない動きをする赤ちゃんもいます。赤ちゃんみんなが必ずする動きではありませんので、キックゲームが成功できたらラッキーだという気持ちでチャレンジしてみてくださいね。

パパやきょうだいも一緒に声かけしよう

胎動を感じ始めた頃は、ママ自身でしか胎動を自覚できず、パパやきょうだいにはなかなか実感できないものだと思います。しかし、お腹が大きくなるにつれてママのみならずパパときょうだいも分かるようになりますので、ぜひ家族みんなで赤ちゃんの胎動を感じてみてください。

お腹の中の赤ちゃんは、家族の声や音に反応することがあります。お腹に向かってたくさん声かけをしてあげれば次第にキックやパンチで返事をしてくれるようにもなりますよ。

こまめに声かけをしてあげると、きょうだいも自然と赤ちゃんを迎える気持ちが高まっていきますし、赤ちゃんも出産日を心待ちにしてくれるのではないでしょうか。赤ちゃんにあだ名をつけて声をかけてあげるのも楽しいですよ。

まとめ

胎動は赤ちゃんがお腹の中で順調に成長してくれている証でもあります。ポコポコしたりグニョーンと動いたり、少し不思議な感覚ではありますが、赤ちゃんへの愛情が深まる瞬間だと思います。

胎動を感じる時期はだいたい妊娠5カ月頃からだといわれていますが、個人差も大きいのでたとえ時期が遅くなったとしても安心してくださいね。妊娠7カ月を過ぎると、胎動が激しくなりパパにも分かるようになるでしょう。

こまめに声かけやキックゲームをすると赤ちゃんが返事をしてくれますので、ぜひ家族みんなで胎動を楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR