就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの泣き声対策をしたい!シチュエーション別の方法をご紹介

子どもの泣き声対策をしたい!シチュエーション別の方法をご紹介

子どもはママに分かってもらいたいときや、自分の欲求が通らないストレスなどから泣くことも多いですよね。外出中はもちろん、自宅でも子どもの泣き声に「周りに迷惑じゃないかな?」と心配になるママもいるかもしれません。ここでは、子どもの泣き声対策はどのようにすればよいのかをシチュエーション別にご紹介します。

年齢別に見る外出中の泣き声対策

0〜1歳は子どもの不快を取り除く

0~1歳ごろは言葉がうまく話せないため、泣いてママに様々なことを訴えますよね。外出中に泣き始めたら、まずはお腹が空いていないか、おむつが汚れていないか、赤ちゃんが暑くて汗をかいていないかなど、不快に感じていないかを確認しましょう。

0~1歳児の場合、不快感を取り除くと泣き止むケースが多いです。外出中に大泣きすると大変なので、定期的に授乳やおむつ交換をするなど、赤ちゃんが快適に過ごせるようにお世話をするとよいですね。

「授乳やおむつ交換をしても泣き止まない」というときは、「ママに抱っこして欲しい」「眠たいのにうまく眠れない」「外出で疲れている」など、精神的な理由から泣いている可能性があるので、抱っこをするなどして赤ちゃんが安心できるようにしましょう。

2〜3歳は気持ちの切り替えを促す

2~3歳児はイヤイヤ期や魔の2歳児ともいわれているように、さっきまで機嫌がよかったのに急に泣き出す、外出先でも大泣きして暴れるなど、ママが手をつけられない状況になって困ることがあるかもしれませんね。

赤ちゃんの時期と比べて自己主張が激しくなりますし、体が大きくなる上に体力もあるので、大泣きされるとどう対処すればよいのか焦ってしまうかもしれませんね。2~3歳の時期は自我が芽生えてくるため、「もっと遊びたい」「あっちに行きたい」など、自分の主張が通らないと突然泣くことが多いです。

2~3歳児には子どもがより興味を持つものを提案し、気持ちの切り替えを促すことが大切です。違うものに興味がいくように、上手に声かけをしましょう。

4〜6歳は気持ちに寄り添う

4~6歳になると、言葉が発達して会話が成立するくらいまでに成長するため、幼いころのように突然泣くことが減ってくるのではないでしょうか。しかし、泣き始めたら声も大きく「早く泣き止んで」とママは焦りますよね。

4~6歳が泣き始めたら、まずは子どもの気持ちに寄り添いましょう。泣いている理由が分かる場合は「もっと遊びたかったよね」「このおもちゃ欲しかったよね」など、子どもの気持ちを代弁したり、スキンシップを取ったりすることで、子どもは「ママが分かってくれた」と少しずつ落ち着きを取り戻します。

理由が分からないときは、優しく接して子どもが落ち着くのを待ってから理由を聞きましょう。まずは、子どもの気持ちに寄り添って安心できるようにすることから始めてくださいね。

ママのお悩み・子育ての疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

自宅での泣き声対策は遮音性を高めよう

防音カーテンで窓からの音漏れを防ぐ

外出先もそうですが、自宅で子どもが泣いた場合も「近所に響いていたらどうしよう」「マンションだから泣き声が気になる」など、周りの目が気になるママは多いのではないでしょうか。子どもが泣くのは仕方がないことなので、泣き声対策をして音漏れを防ぐ必要がありますよね。

そこで効果的といわれているのが、防音カーテンです。防音カーテンは、中高音域に対して特に効果が高いことが分かっています。子どもの泣き声や楽器の演奏音など、比較的高い音だと音漏れを軽減できるでしょう。

音を減らす効果は、50~80%といわれています。ほかに、断熱作用に対しても効果があるようです。夏場は保冷、冬は保温効果があるため、節電にもつながりますね。

防音パネルも音漏れ防止に効果的

音漏れの主な原因は窓ですが、壁が薄い場合も子どもの泣き声が通過して隣に響いてしまいます。

防音パネルは、そのような壁からの音漏れを防止するのに効果的です。壁を叩いたり、床をどんどんしたりしたときに出るような音を防止することはできませんが、子どもの泣き声を吸収して音漏れを軽減してくれます。

できれば壁一面に貼ると効果的です。ただ、安い商品ではないのであまりお金をかけられないという場合は、声の発生源である子どもの顔の高さを中心に貼るとよいでしょう。壁を傷つけることなく貼れるタイプもあるので、賃貸でも安心ですよ。

また、防音パネルには様々なデザインのものがあるので、音漏れ防止の効果だけではなく部屋の模様替えにもおすすめです。

家具を移動するだけでも防音効果あり

「防音カーテンや防音パネルなどの対策をしても、まだ心配」というママは、家具を使った泣き声対策をしてみましょう。「家具を使ってどうやるの?」という疑問も湧くかもしれませんが、隣の部屋との間に障害物があればそれだけで防音効果が高くなります。

例えば、マンションの壁が薄いと隣家の住人の生活音が気になることもありますよね。しかし、分厚い壁で作られているマンションの場合は、それほど気になることはありません。それと同じ仕組みになるように家具を移動して作り出します。

もし移動できるのであれば、食器棚や本棚、タンスといった大きめの家具を隣家の壁側に設置しましょう。面積が大きく奥行きがある家具を設置することで、より防音効果が高まりますよ。

泣き止まなくて困ったときの最終手段3選

子どもが好きな食べ物を用意する

なかなか泣き止まない子どもに対して怒ったり、どんなに優しい言葉をかけたりしても泣き止んでくれない場合もありますよね。そんなときは、子どもが好きな食べ物を用意してみましょう。

「好きな食べ物で釣るようなことをしたらクセになる」と心配に思われるかもしれませんが、たまに使う手段ならそこまでクセになることもないでしょう。子どもに渡す前に「これを食べたら歩いてね」「一つしかないからね」など、何度も欲しがらないように条件を伝えておくのがポイントです。

また、好きな食べ物であっても食べにくいものだと、それでまた子どもの機嫌が悪くなるかもしれません。食べやすい、こぼれにくい、持ちやすいといったものを選びましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版