就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが傘を壊してしまう。壊さないようにできることや傘の選び方

子どもが傘を壊してしまう。壊さないようにできることや傘の選び方

子どもが自分で傘をさせるようになって嬉しいけれど、すぐに傘を壊してしまうのはなぜ?と悩まれる方も多いのではないでしょうか。最初はしかたないと思うけれど、何本も買い替えるとなると困りますよね。もう少し大切に使ってほしいと思うときの伝え方や、子どもに合った傘の選び方など、ちょっとしたコツをご紹介します。

傘を壊す子どもにはどうすればいい?

傘で遊ぶ危険性を教える

傘を壊してしまうことはもちろん困るのですが、まず一番避けたいことは、傘でケガをしてしまうことです。子ども自身がケガをしてしまう可能性もありますし、周囲に迷惑をかけてしまう可能性だってあります。

まずは傘で遊ばないこと。傘で遊ぶとどんな危険があるのかを、わかりやすく子どもに説明することが大切です。

傘を振り回すと、周りの人やモノに当たってしまうかもしれません。もし傘の骨が折れていた場合、それが自分や他人の顔や目に当たると、思わぬ事故につながるおそれもありますね。

どんな危険があるのか、まずは子どもに想像してもらって一緒に考えてみるとよいでしょう。そうすると、子どもにもイメージがつかみやすいかもしれません。

子どもが気に入った傘を使う

自分のお気に入りのものは愛着が持てるし、大切にしたいと思いますよね。子どもだって、気に入ったものは大好きだし、大切に扱おうとします。

そこで、親子で一緒に傘を選んでみてはいかがでしょうか。親が選ぶと、値段や機能性など合理的な買い物ができるかもしれませんが、ここはひとつ、子どもの意見を尊重してみましょう。

子どもがじっくり納得がいくまで選んでもいいですし、ひとめぼれでもいいのです。子どもが、「この傘が大好き!」と思えるものを選ぶことがポイントです。

また、子どもが自分で選んだということが、愛着を持てるひとつの要素にもなります。お気に入りの傘であれば、壊したくない、大切に使いたいという気持ちが自然と芽生えてくるかもしれませんね。

壊すたびに傘をカッコ悪くする

子どもは好奇心が強く楽しいことが大好きなので、大切に使っているつもりでも気がついたら壊れていた、ということもあるでしょう。そんなときは、すぐには新しい傘を買わずにわざとカッコ悪くしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、骨が折れてしまった傘は危険です。また、閉じられないほど変形した傘も使い続けるのには適していません。

しかし、多少見た目がボロボロになる程度なら、あえて新しくしないのもひとつの方法です。子どもは自分の持ち物について友達から褒められると嬉しいし、同じようなものを持ちたいと思うことも多いです。

自分の傘がボロボロで恥ずかしいのに新しくしてもらえないと自覚することにより、傘に対する意識も変わるかもしれません。

壊してしまう子どもの傘選びのポイント

丈夫で軽いグラスファイバー傘

最近の子ども用の傘は色や柄が豊富ですが、素材や機能性もいろいろなので、必要に応じて選ぶことが大切です。子どもが傘をさして歩く距離や地域性なども考慮するとよいでしょう。

素材が高級でしっかりしていても、重いと疲れて負担になります。適度に軽く、それでいて壊れにくい丈夫な傘でしたら、グラスファイバー傘をおすすめします。

グラスファイバーは主に傘のフレームに使われている素材で、ガラス繊維とプラスチックを混ぜて固めることで弾力性を高めます。 風にあおられることで傘骨が曲がって折れてしまうのですが、グラスファイバーだと折れにくく元に戻りやすいのです。

絶対に折れないということではありませんが、丈夫で軽いという特長が嬉しいですね。

骨が多くひっくり返りにくいものを選ぶ

一般的な傘の骨は8本なのですが、もっとたくさんの骨を使用した多骨傘(多間傘)というのがあります。16本骨、24本骨など、骨の数もいろいろです。

多骨傘は支える骨の数が多いので、一般的な8本よりも丈夫になります。特に風が強くて心配な日は、こういった骨が多い傘はひっくり返りにくいため、風の向きに合わせて傘の向きを調節することが難しい子どもにも安心して使えそうですね。

また、骨が多いと開いたときの多角形の角が多くなるので、傘のカバー面積が広くなるという利点があります。同じ直径の傘なら、骨が多い方がやや大きいということになります。

ただし、骨が多いほど重くなりがちです。軽量素材のものを選ぶなど確認しておくとよいでしょう。

壊すこと前提の100均傘

値段が2倍になれば2倍長持ちするかというと、そうはいかないご家庭も多いようです。300円の傘でも1,500円の傘でも、数回使って壊れてしまっては、結局は同じだと思ってしまいますよね。

年齢が上がれば傘の扱い方も上手になっていくものですが、それまでは注意してばかりなのもストレスになります。いっそのこと壊すこと前提の100均傘で乗り切ってはいかがでしょうか。

もちろん、傘を大切に使うことや、壊れた傘の危険性などはそのつど伝えます。安い傘でもオシャレな色や柄が選べたりするので、気に入ってくれるかもしれません。

キレイに使うと気持ちがいいね、壊れたら悲しいね、などと親子で感情を共有しながらストレスフリーで練習していけるといいですね。

傘の使用を諦めて別の雨具を検討する

雨具の基本レインコート

雨の日に使える雨具は、傘だけではありません。基本的なものとしてはレインコートがあります。

レインコートは袖に腕を通すのでずれにくく、動きやすいのが特長です。また、軽くて持ち運びにも便利。

雨風が強い日など傘がうまくさせないときは、レインコートなら安心。両手があくので負担も少なくなります。

人混みの中や、傘をさしたり閉じたり状況が変わるような場合、傘よりもレインコートの方が移動しやすいです。雨でも元気に動き回る子どもにも適しています。

子ども用のレインコートはワクワクするようなオシャレな柄がたくさん。リュックを背負えるように背中にゆとりのあるものや、暗くても安心のリフレクターつきのものなど、機能性もチェックしてくださいね。

着替えやすいポンチョタイプ

コート型のほかに、ポンチョ型があります。ポンチョとは、四角い布の中央の穴に頭を通すタイプの雨具です。

レインコートよりも簡単に着ることができ、下に着る服を選ばないので、小さな子どもには便利なグッズです。また、リュックはもちろん、肩掛けタイプのカバンを掛けたまま着ることもできます。

見た目はてるてる坊主みたいで可愛らしく、通気性がよくて蒸れにくいのも利点です。そのかわり固定感がないので風でめくれやすく、丈が短いので足元が濡れやすいです。

ちょっとした近場の移動や、降ったりやんだりの雨のとき、脱着が簡単なポンチョは何かと重宝しそうですね。子どもが自分で着たり脱いだりするのも、レインコートより簡単です。

雨具を選ぶ際の注意点

雨具を選ぶ際には、見た目のよさも気になるところですが、子どもの年齢や着るシチュエーションによって求めるものが違ってきます。用途に応じて選ぶことが大切です。

まず、どのようなタイプであっても、脱着しやすいものがいいでしょう。着せやすく、脱ぎやすいことがポイントです。

次に、機能としては水をはじく「撥水」と、水を通さない「防水」があります。撥水加工だけのものは、防水よりも浸水を防ぐ力は劣りますが、通気性がよいのが特徴です。一方、防水は生地の裏側まで水を通さない仕様になっていますが、蒸れやすくなります。

ほかに、丈の長さも確認しておくといいですね。リュックやランドセルを背負う場合は、背中にマチがついているタイプを選びましょう。

まとめ

子どもが何度も傘を壊してしまうとそのたびに注意することになり、親子ともにストレスになりがちです。まずは伝え方について工夫してみてはいかがでしょうか。

「傘を振り回したり、折れてしまうと危険だね」「傘が壊れると悲しいね」など、具体的に気持ちを共有しながら子どもと一緒に考えてみると伝わりやすいでしょう。一度に全部は改善できないかもしれませんが、少しずつで大丈夫です。

また、デザインや機能性などいろいろな傘があるので、子どもに合うものを探してみましょう。時と場合によっては傘以外の雨具も便利ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018