就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに似合うおしゃれなスーツ!初めてでも失敗しない選び方

子どもに似合うおしゃれなスーツ!初めてでも失敗しない選び方

子どもの入園式や発表会などのイベントが近いけれど、どのような服を購入すればよいのか悩んでいませんか?子どもは成長が早いので、長く着てほしいけどサイズの選び方がわからないというママも多いですよね。今回はキッズスーツのコーディネートや選び方のポイント、イベント後も長く着続けられるコツなどをご紹介します。

初めてのスーツ、選び方のポイントは?

シチュエーションに合ったデザインを選ぼう

結婚式やパーティーなどのお呼ばれや、幼稚園・小学校のお受験など、子どもが初めてスーツを着るシチュエーションはさまざまですよね。

女の子用には、セットアップ、ワンピース、スカート、ジャケット単体のものなど、色々なタイプが販売されています。結婚式やパーティーなど華やかな場所に行くときはワンピースタイプを、お受験などきちんと感を出したいときはジャケットと組み合わせたコーディネートにするとよいですよ。

男の子の定番スタイルは、ジャケット、シャツ、ネクタイ、パンツです。パーティーなどでは、ネクタイを蝶ネクタイにしたり、サスペンダーをつけたりするだけでおしゃれに仕上がりますよ。フォーマルにしたいときはベストを合わせるとよいでしょう。

窮屈でない、子どもが着心地のよい一着を

フォーマルな服を着たときにサイズが大きすぎると見た目がよくありませんよね。かといって窮屈すぎると子どもは動きにくく、着ることを嫌がってしまう場合があります。

子どもの成長は早く、スーツは決して安いものではないため何着も購入することはできませんよね。そのため少し大きめのサイズを買ってしまいがちですが、大きすぎても小さすぎても不格好になってしまいます。

記念写真で自分の子どもだけ着こなしが変だと嫌ですよね。せっかくならきちんと着こなしたいところです。購入するときには、サイズ選びは慎重に行うようにしましょうね。「毎年買い替えるのはちょっと…」というママにはレンタルがおすすめです。レンタルスーツに関しては後ほど詳しくご紹介したいと思います。

子どもは暑がり、素材感にも気をつけて

スーツにもさまざまな素材があります。子どもは大人に比べよく動くため、冬であっても暑くなってくることがあります。そのためスーツの素材は通気性のよいものを選ぶようにしましょう。

冬におすすめの素材は「フライス」です。これは通気性がよく、肌なじみがよいので、普段から暑がりな子どもには特におすすめです。反対に寒がりな子どもや、寒い屋外で過ごすという場合は温かく、保温性の高い「ニットキルト」でできたものを選ぶとよいでしょう。夏は通気性、吸汗性の高い「ガーゼ」でできたものがおすすめです。

素材はタグや品質表示で確認することができます。夏は通気性や吸汗性、冬は保温性などを意識して選ぶようにすると、子どもも快適に過ごすことができますよ。

シーン別に見るフォーマルスーツ

発表会や入園式には清楚なスーツがマッチ

子どもの晴れ舞台でのスーツ選びは悩みますよね。スーツ選びはシーンごとにポイントがあります。

発表会や入学式ではさまざまな人に出会います。特に入園式はこれから新しい生活が始まる日でもあります。担任の先生をはじめ、ほかの子どもたちなど、これからお付き合いしていく人たちに出会いますよね。

初めて出会う人に好感を持たれるためには、清楚な印象を与えるスーツがおすすめです。色は定番カラーのほか、上品に仕上げたいときはベージュやネイビーを取り入れるのもよいですよ。女の子は春らしく、薄いピンクやアイボリーのスーツもよいですね。

あくまでも清楚で上品に仕上げることが大切なので、ビビットカラーはあまり相応しくありません。優しい色合いのコーディネートにしましょう。

結婚式なら華やかな一着でおめかし

結婚式では大人の礼服のマネをして、華やかな印象のスーツを選ぶようにしましょう。

男の子なら蝶ネクタイにジャケットを羽織ってかっこよく、女の子はフリルをあしらったワンピースで可愛く仕上げると、会場の雰囲気も明るくなりますよ。結婚式で子どもの礼服に明確なルールはありません。子どもらしく、特別感のある装いを意識しましょう。

しかし、ルールがないといっても結婚式はフォーマルな場です。そのため、キャラクターがデザインされた服やスニーカーなど、カジュアルな装いはNGです。また、家族で出席する場合には、全員の服装に統一感を持たせるようにしましょう。

あくまで結婚式の主役は新郎新婦です。子どもであっても主役の花嫁が着る「白色」は避けるようにしましょうね。

冠婚葬祭用スーツは実は着回し力抜群

子どもの場合、制服があれば一番適した礼服になります。もし、制服がない場合は、冠婚葬祭で活躍するブラックフォーマルがおすすめです。

実はブラックフォーマルは着回し力が抜群で、冠婚葬祭に限らず、さまざまなシーンで着ることができるます。シーンを選ばず着ることができるので1着は持っておきたいアイテムですね。

女の子はワンピースやジャンパースカート、男の子は白いシャツやパンツ、ジャケットなどです。色は黒やネイビー、ダークグレーのものになります。ただし、光沢のあるものは葬式などでは使用できないため、避けるようにしましょう。

シーンごとにスーツを買い替えるのは大変ですよね。ブラックフォーマルを上手に着まわして、シーンにあったスタイリングを完成させましょう。

男の子のかっこいいスーツコーディネート

定番のジャケットコーデなら失敗知らず

おしゃれなママでも男の子のファッションには悩んでしまいますよね。男の子の定番コーディネートはやはり「ジャケットコーデ」です。冠婚葬祭、どのシーンでも失敗することがなく、1枚持っておくと幅広いシーンで活躍します。

どんなシーンでも使用したいときは、色は黒やネイビーがおすすめです。爽やかで明るい印象にしたいときには、グレーやストライプがデザインされたものがよいですよ。

またチェックなどの柄物のセットアップデザインも子どもなら可愛く着こなせますよ。大人だと難しいコーディネートでも、子どもなら何でも着こなしてくれるので選びがいがありますよ。無地のシンプルなものと、おしゃれなデザインのものとシーンに合わせて使い分けましょうね。

ハーフパンツや半端丈ボトムで差をつけよう

さらにおしゃれ上級者におすすめなアイテムがハーフパンツや半端丈のボトムスです。ハーフパンツの場合、ハイソックスと合わせるのが定番スタイルです。特に子どもが小さいうちはよく似合うコーディネートですよ。

一般的なハーフパンツもよいですが、ふわっと太めのかぼちゃパンツもおすすめです。かぼちゃパンツと生地を合わせて、ジャケットやジレを選ぶとスタイリッシュに決めることができますよ。

今持っているボトムスで差をつけたいというときには、ロールアップに挑戦してみましょう。ロールアップした足首から、ちらっと見える靴下のデザインに気を遣うだけで、ほかの子どもと差をつけることができます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

ジレや蝶ネクタイ、小物でおしゃれに

スーツだけでなく、ジレや蝶ネクタイなどの小物を使って、おしゃれに仕上げるのもよいですね。

シャツとジレの合わせ技は、簡単にフォーマルに見せることができる代表的なコーディネートです。ジャケット違うブランドの商品でも、色を統一させるだけで、セットアップに見えますよ。

また、シャツに蝶ネクタイを合わせると、お呼ばれコーディネートの完成です。きちんと感を出せるだけでなく、子どもらしい可愛さも強調させることができる優秀なアイテムですよ。柄のあるものにするとカジュアルにも仕上げることができます。一つは持っておくとよいかもしれませんね。

ほかにもサスペンダーなどを使用して、ワンランク上のコーディネートに仕上げましょうね。

一目置かれる女の子のスーツ選び

ふんわりワンピースは女の子の特権

女の子のファッションアイテムは種類が多いため、直前まであれこれと悩んでしまうママも多いのではないでしょうか?特に、スカートやワンピースは女の子にしか着られないアイテムですよね。スーツもよいですが、女の子ならふんわり可愛いワンピースがおすすめです。

ワンピースは女の子らしい可愛さだけでなく、清楚な雰囲気も演出することができます。ワンピースは冠婚葬祭だけでなく、お出かけや習いごとの発表会など、幅広いシーンで活躍しますよ。着回しがきくアイテムなので1枚は持っておいてもよいですね。

スーツほどのカッチリ感はありませんが、カジュアルに仕上げたいときにはおすすめのコーディネートです。また、さらっと着られるので子どもも動きやすいですよ。

ジャケットスーツはスカートで個性をプラス

ジャケットスーツの場合はスカートで個性をプラスしましょう。スカートといっても種類がたくさんあって、直前までどんなコーディネートにしようか悩んでしまいますよね。

同じジャケットでもスカートが異なるだけで、雰囲気の違うコーディネートに仕上げることができますよ。例えば、花柄のチュールスカートはドレスのような雰囲気に、チェック柄のプリーツスカートだと、カジュアルな雰囲気になります。

また、スカートを変えるだけで、シーンに合ったスタイルに仕上がるのはうれしいですね。さらに普段使いもできるので、何枚持っていても困りません。可愛いだけでなく、子どもの個性が表現できるようなコーディネートに仕上げることができますよ。

優しい印象のボレロタイプもおすすめ

優しい印象にしたいときにはボレロタイプがおすすめです。ボレロはジャケットよりきっちり感はでないものの、華やかで女の子らしい印象を引き立たせることができます。

ワンピースやドレスと合わせて使うのにおすすめのアイテムです。ワンピースだけではカジュアルすぎるときでも、ボレロを着るだけでフォーマルで清楚な印象にすることができますよ。結婚式やお呼ばれなどにぴったりのスタイルですね。さらに胸元にコサージュをつけると華やかさをアップさせることができますよ。

女の子のスーツ選びにはアイテムが多いからこそ、どれを選んでよいか悩んでしまいますよね。特別な日を素敵な装いで写真に収められるように、子どもの個性を活かした1着を選んでくださいね。

靴下まで隙なし、足下コーディネート

フォーマルシューズもデザイン色々

フォーマルシューズにもデザインが色々ありますよね。主なシューズの素材は革、エナメル、スエードのものがあります。スーツとの相性やシーンのTPOに合ったものを選ぶようにしましょう。

女の子ではストラップシューズ、ローファー、エナメルパンプスが一般的です。男の子ではローファー、キッズモンク、タキシードシューズが主なデザインです。また、このようなシューズは、購入後も長く履き続けられるように、お手入れにも気を遣いましょう。

また、デザインだけでなく、履き心地がよいか、歩きやすいかなどのチェックも忘れないようにしたいですね。履きなれない靴だからこそ、靴擦れをする恐れもあります。子どもの足に合ったものを選ぶようにしましょうね。

白や黒ならスニーカーを取り入れてもOK

子どもの歩きやすさを考えると、普段から履きなれた靴の方がよいですよね。もちろんあまりにも派手なデザインにものは適しませんが、フォーマルな場面でも白や黒色ならスニーカーでも大丈夫ですよ。

もし足元が不安な場合は新品のものやきれいに手入れした状態のものを用意しましょう。特に入園式や卒園式は、通園に使っている普段の靴を履く場合が多いです。シンプルなデザインのものを選んで、スーツを引き立たせるようにしましょうね。

また、ママと一緒にいないときは子どもは自分で着脱する必要があります。自分でもできるように事前に着脱の練習をしたり、マジックテープのデザインのものを選んだりすると子どもも1人になったときに困りませんよ。

靴下はスーツと同系色でまとめよう

スーツを着るときには、足元までバランスよくコーディネートすることが大切です。そのため靴下など細部にも気を遣いたいところですね。靴下はスーツと同系色のものを選ぶと失敗しませんよ。

濃色の場合は黒や紺、薄色の場合は白のソックスが相性抜群です。ブランドのロゴやラインなどがデザインされていないものだと、どんなシーンでも活用することができます。ハーフパンツの場合は、ハイソックスを合わせてもバランスよく仕上がりますよ。

もちろんおしゃれに仕上げたい場合は、ワンポイントのついたものや柄のあるデザインのものでも大丈夫です。ですが、靴下を選ぶときにもシーンごとのTPOにふさわしいものなのかを考えて選ぶようにしましょうね。

購入に悩んだら、レンタルという選択肢も

スーツレンタルのメリットは?

子どもの成長は早く、服を購入してもワンシーズンしか着られなかったということも多いですよね。そのため、スーツもそのたびに買い替えるのは大変ですよね。スーツの購入に悩んだときはレンタルスーツを利用してみてはいかかがでしょうか?

レンタルスーツはサイズの種類も豊富で、ジュニアサイズだけでなくベビーサイズのものもあります。赤ちゃんも着用できるサイズを取り扱っているのはうれしいですね。

実際、レンタルスーツは口コミやレビューの人気も高く、利用者も多くいます。購入しても着る機会が1回きりだと、もったいない気がしますよね。レンタルスーツは購入した場合に比べ、価格も安く抑えることができます。スーツを着る機会が少ない子どもにはおすすめですよ。

靴までセットのレンタルショップも

レンタルショップによってはジャケットからパンツ、靴まで、全コーディネートをセットでレンタルできるも店もあります。1箇所で必要なものがすべて揃うのはうれしいですよね。

購入となると、スーツはスーツ店で、靴は靴屋でと買う場所が異なることがあります。また、気に入ったものがあってもサイズが合わず、ほかのお店に行く必要が出てくるかもしれません。

子どもは買い物が長くなればなるほど途中でぐずついてしまったり、飽きてしまったりしますよね。そうなったらママも買い物どころではなくなり、また後日改めてということも起きてしまいます。

レンタルスーツは試着して、その場で決済することも可能です。購入に迷ったら、レンタルショップも検討してみてくださいね。

汚れに注意、気を遣うデメリット

スーツをレンタルするときには気をつけておきたいこともあります。レンタルスーツは手元に残らず、業者に返すものなので、受け取ったままの状態で返却する必要があります。

もし汚れや破損・紛失してしまった場合には、一部または全額の費用を請求される場合があるため、取り扱いには注意が必要になります。また、このような事態が起きた場合には、自分で対処しようとはせず、すぐに連絡して、返送するようにしましょう。

子どもは行動が予測できないので、汚したり、壊したりするつもりはなくてもトラブルが起きてしまうかもしれません。返送が遅れても、延滞料が発生するので、レンタルスーツを利用する場合には注意事項に同意したうえで、利用するようにしましょうね。

購入派に嬉しいリーズナブルなショップ3選

とにかくデザイン豊富なキャサリンコテージ

スーツを購入しようと思ったママにおすすめのショップをご紹介したいと思います。一つ目は、「キャサリンコテージ」です。ここは、子ども用のドレス・スーツ・ワンピース・タキシード・靴・着物・ランドセルまでベビー・キッズフォーマル全般を取り扱う子どもフォーマル専門店です。

取り扱っている商品のデザインも豊富で、きっとお気に入りの一着を見つけることができますよ。公式HPでは、スーツを着る目的ごとに探すことができるので、スーツ選びが初めてのママにもおすすめです。

2,980円以下のプチプラのドレス・ワンピースも取り扱っており、豊富な品揃えをお手ごろな価格で購入できるのも魅力ですよ。ラッピングサービスも行っているので、プレゼントにもおすすめです。

周りと差がつく個性派も見つかるキラ

周りと差をつけたい、個性的なコーディネートに仕上げたいというママには「キラ」がおすすめです。大人だと着こなしが難しいセットアップでも子どもが着れば、可愛らしいコーディネートになりますよね。

キラではスーツ・ドレスのほかに、セットアップの取り扱いが豊富です。結婚式や発表会など、お祝いごとにはぴったりのブランドです。胸元に蝶ネクタイをつけると、さらにおしゃれに見えますよ。

ドレスにはチュールや刺繍をふんだんに使ったものが多く、手の込んだデザインに仕上がっています。プリンセス系が好きな女の子にはおすすめですよ。写真で見ても劣らないデザインで、ほかの子どもとも引けを取りませんよ。個性派のママにいかかがでしょうか?

単品買いもしやすい安心のベルメゾン

フォーマルファッションの定番といえば「ベルメゾン」ですよね。 シャツやブラウス、カーディガンだけなど、単品で購入したい場合におすすめです。価格もお手ごろで、デザインもシンプルなものが多いのでシーンを選ばず着回しができるのが魅力ですよね。

またフォーマルだけでなく、普段使いできる服やインテリア・雑貨も取り扱っているので、ほかのものとまとめ買いしたり、色々なキャンペーンに応募したりすることもできます。

肌寒くなってきたときや、暖かくなって薄手のシャツが欲しくなったとき、今持っているスーツにもうワンアイテムほしいときなどにおすすめです。一般的なスーツセットや学生服のようなスーツもあるので、1着持っていると困りませんよ。

せっかくのスーツ、長く着るには?

ボトムスはアジャスター付きを選ぶこと

せっかくスーツを購入したなら、できれば長く着たいですよね。長く着るためのポイントはいくつかあります。スーツによっては長く着てもらうために工夫されたデザインのものもあります。

まず、ボトムスはアジャスター付きのものを選ぶようにしましょう。アジャスターとはウエストのサイズを整える「調整機能」があります。子ども服では、よくスカートやズボンのウエスト部分にゴムとボタンがついています。このボタンの位置を変えることで、ウエストのサイズを調節します。

アジャスターが付いているものを選ぶことで、体の成長に合わせて、ウエストをきつくしたり、緩くしたりできます。ウエストのサイズが調整できるだけで、着られる期間も長くなるので、ぜひ選ぶときの参考にしてみてくださいね。

ジャケットは肩に適度なゆとりで長く着る

スーツを長く着てもらおうとして、ついつい大きめのサイズを選びたくなりますよね。ジャケットを長く着てもらうためには、肩に適度なゆとりができるサイズのものを選ぶとよいですよ。

肩幅が大きいものを選ぶと、肩が落ちて不格好になってしまったという経験のあるママも少なくありません。しかし、肩落ちしない程度のゆとりのあるサイズだと、子どもが成長に合わせてサイズが丁度よくなるので、長く着ることができますよ。

ジャケットはシャツやブラウスより少しお高めになるので、あまり着ないままサイズが合わなくなってしまったらもったいないですよね。何度も買い替えられるものではないので、購入するときには試着をして、店員さんときちんとサイズを確認するとよいでしょう。

シンプルデザインのスーツを着回して

場所を気にせず着たい場合には、シンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

男の子の場合、シャツやインナーは白や黒など無地のものを選ぶと普段着としても着回しすることができますよ。女の子の場合はジャケットとセットで販売されているワンピースやスカートをシンプルなデザインにするとちょっとしたお出かけに着ていくことができます。

流行りのものやデザイン性の高いものを選ぶと、普段使いはしにくいですよね。シンプルなデザインや色のものなら、手持ちの服とも合わせやすいので、スーツを着る機会が1度きりでも、その後も普段着として活躍してくれますよ。

「すぐに着られなくなった」ということがないように、ポイントを押さえて購入してくださいね。

まとめ

子どものスーツを選ぶときには、予算に合わせて購入もできますし、レンタルすることもできます。靴や靴下など小物にもこだわって、TPOにあったコーディネートを楽しんでくださいね。

また、子どもの成長は早いのでサイズ選びには悩んでしまいますよね。デザイン性だけでなく、スーツを着るイベントが終わった後のことも考えて、長く着られる一着を選んでくださいね。

子どもの晴れ舞台のために、素敵なスーツを見つける参考にしていただけると嬉しいです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018