就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの頭を悩ます教育費貯金。すぐに実践できる方法のご紹介

ママの頭を悩ます教育費貯金。すぐに実践できる方法のご紹介

子育てをしていると、独身時代とはお金の使い方がガラリと変わりますよね。マイホームやマイカー、教育費や老後資金…将来のために貯金したいけれど、何から始めればいいのか頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、すぐにでも実践できる貯金の方法を紹介していきます。

子どもが産まれたらすぐに始められること

お金の貯めやすい時期を知っておこう

お金は、やみくもに貯めようとしてもなかなか貯まらないものです。目標額を設定し、お金の貯めやすい時期を知って、計画的に貯金することが大切です。ではお金の貯めやすい時期とはいつなのでしょうか。

一度目は幼稚園に入る前、生まれてから3歳くらいまでの時期です。共働きで0歳や1歳の頃から保育園に入れている場合は、3歳以降の保育費が安くなったタイミングが貯め時。

二度目は公立小学校在学中です。公立小学校なら授業料はかかりません。習いごとや塾などにかかる以外は、教育費が大幅に少なくなります。公立中学校も学費は無料ですが、一般的に高校受験に向けて塾などの校外学習費が高額になるため、貯め時とはいえないでしょう。

ママが家計から貯めておきたい金額

まずは、毎月のやりくりを見直してみるところから始めてはいかがでしょうか。理想的な毎月の貯金額は、「収入の20%」といわれています。手取り30万円なら、6万円が理想貯金額ということですね。

ちょっと難しいかもしれませんが、常に6万円を貯金するのではなく、貯めやすい時期に多めに貯め、出費の多い時期には少なめに抑える、という調整をするとよいでしょう。貯金はコツコツと継続することがカギになります。無理をして、生活費を圧迫してしまうようでは本末転倒です。

20%が難しいと思う場合、どこまでほかの出費が削れるか、もう一度家計の見直しをしてみましょう。光熱費・通信費・食費・保険料など、無駄がないかよく検討してみてくださいね。

児童手当は手をつけず貯めておこう

子どもが生まれたら、中学校を卒業するまで「児童手当」が受け取れますよね。生活費を管理している口座に振り込まれて、そのまま何となく使ってしまってはいませんか?

児童手当は0~3歳まで15,000円、3歳~中学校卒業まで10,000円が支給されます(ただし、第三子以降は3歳~小学校卒業まで15,000円、所得制限世帯は一律5,000円)。支給される15年間の総額は198万円(誕生月によって誤差あり)とかなり高額です。

ちなみに第三子以降なら15年間の総額は252万円。これは大きいですね。振り込まれるのは年に3回、4カ月分がまとめて支給されます。振り込まれたら、すぐに家計とは別管理にして、手をつけずに貯めておくことをおすすめします。

子どもの教育費を貯めるためのステップ

子どもを1人育てるのにかかる費用を知ろう

子ども1人育てるには、どれくらいの教育費が必要になるのでしょうか。子どもの教育費は、進路によって大きく変わります。

・幼稚園から大学まですべて国公立の場合…約1,000万円
・幼稚園から大学まですべて私立の場合…約2,500万円
・小中学校は公立、幼稚園・高校・大学は私立の場合…約1,500万円

この数字はあくまでも平均ですが、公立か私立かは教育費にも大きく影響することがわかりますね。ちなみに、医科歯科系の大学に進学する場合、学費は大学6年間だけでも2~3,000万円ほどかかるといいます。

さらに、上記のような教育費以外にも生活費などがかかるので、実際にかかる「子育て費用」は、この金額以上に必要になるでしょう。

どんな教育を受けさせたいか話し合おう

子どもにどんな進路をたどってほしいのか、どんな教育を受けさせたいのかは、教育費を貯金し始めるうえでも大変重要なポイントです。夫婦で一度子どもの将来について話し合ってみることをおすすめします。

例えば、幼稚園は近所の私立、小中学校は地域の公立校、高校・大学は本人の意思を尊重して私立でも公立でも行けるように備えておく、といったように、大まかにビジョンを共有しておくとよいですよ。

子どもの将来の選択肢を広げるためにも、できるだけの準備しておきたいところ。ですが、身の丈以上の貯金をした結果、生活費に困るようではいけませんね。教育費を考える際は、貯金のほか、教育ローンや奨学金などについても理解して、無理なく貯蓄していけるように心がけましょう。

教育費の目標額と月々の貯金額を決めよう

大まかな進路のイメージができたら、さっそく貯金の目標金額を決めましょう。まずは、「いつまでにいくら貯めるか」を決め、それを今の子どもの年齢から計算すれば、年間の目標金額が決まります。そして最後に年間目標額を12カ月で割れば、月々の貯金額が見えてくるでしょう。

教育費の支出が一番大きいのは「大学入学前」の18歳頃。受験費用や入学金、初年度の学費などで大きな出費になるでしょう。次年度からも毎年学費納入がありますので、貯金の一つの目標としては「大学入学前」を設定するとよいかもしれません。

目標が明確になれば、不足分はママのやりくりが腕の見せ所です。パパにも協力してもらって、さっそく節約生活をスタートしましょう。

日々の生活から貯金体質ママになろう

先取り貯金ならすぐできて貯められる

貯金初心者のママが、すぐにでも始められる簡単な貯金テクニックは「先取り貯金」です。先取り貯金とは、毎月のお給料が振り込まれたら、必要な生活費などを引き下ろす前に、自動的に貯金用口座に振り込まれるように設定しておく方法です。

一般的なものは「積立預金」や「積立定期預金」ですね。毎月任意の一定金額が、指定口座に振り込まれる仕組みなので、一度手続きしてしまえば、解約しない限り毎月コツコツ貯まっていくという、便利で確実な貯金方法です。

最近では、銀行預金が超低金利なので、「つみたてNISA」など話題の「非課税投資」にまわすのもおすすめです。「あると使ってしまう」というタイプのママにはおすすめなので、ぜひ検討してみてくださいね。

貯まる実感が欲しいなら500円玉貯金

昔ながらの貯金方法ですが、意外とクセになるのが「500円玉貯金」です。ずっしりとした重みを感じると、「貯まってきたな~」という実感がわいて、嬉しくなりますね。

500円玉貯金を教育費として役立つまで貯めるなら、少しコツがいります。お買い物の際、レジでお釣りに500円玉がもらえるように支払って、お財布の中に500円玉があったらすぐに貯金箱に入れるように決めます。そして、1年間貯めたらそれを教育費の貯金口座にまとめるとよいですよ。

ペースはゆっくりかもしれませんが、貯金は辛いものではなく楽しみながらすることも、長続きさせる秘訣です。500円玉貯金なら、子どもと一緒に貯まる実感を味わうことができるので、サブ的な役割の貯金方法としておすすめですよ。

買う前に本当に必要か考える

貯金を計画どおり進めていくには、断固とした意志が必要になります。誘惑に負けず、欲しいものは買う前に本当に必要なのか考えることが大切です。「塵も積もれば山となる」といいますが、「ちょこちょこ買い」は無駄遣いの典型です。

なかなか貯まらない…と思っているママ、100均や見切り品コーナーで、買う必要のないものまで買っていないか、立ち止まってよく考えてみてくださいね!

最近ではフリマアプリや、おしゃれなリユースショップなどで、安くてきれいな中古品もたくさん売られています。新品を購入する前に、ネットで最安値を探し、さらに中古品とも比較して、最適なものを選ぶように工夫してみるとよいですよ。「貯金体質」を目指して、上手に節約していきましょう。

まとめ

子育ては、思った以上にお金がかかりますよね。幼児期ですでに音を上げてしまいそうなママ、これからもっとお金がかかるようになりますよ!必要になったときに焦ることのないように、計画的に貯金を進めていきましょう。

記事を参考に、今日から早速できそうな貯金を始めてみてはいかがでしょうか。貯金は子どもの未来のための投資です。苦しみながら貯めるのではなく、子どもの成長を楽しみにしながら貯めていけたらよいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018