就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目が欲しい!でも仕事もしたいママの上手な転職のタイミングとは

2人目が欲しい!でも仕事もしたいママの上手な転職のタイミングとは

転職のタイミングと保育園との密接な関係

上の子が保育園退園なんてことも起こり得る

2人目を出産して育休を取得した場合、上の子が保育園を退園しなければならないことがあります。この制度は「育休退園」といって、保育園に子どもを預けて働いている場合であっても、2人目を妊娠・出産して育児休業を取るのであれば、その期間は上の子の面倒を家でみることができる、と考え、上の子は保育園を退園しなければならないというものです。

自治体によってこの制度を設けているかどうかが異なりますが、待機児童が多い地域ではこの制度を設けているところが多いようです。また、0~2歳といった待機児童が多い年齢にだけ適応されることもあるようです。

そのため、育休退園しなければならない場合は、職場復帰後、もしくは2人目妊娠前に転職することをおすすめします。

子どもも仕事も欲しくてもバチは当たらない

子どもも仕事も欲しいなんて贅沢な考えなのかもしれない、と考えているママがいるかもしれませんが、どちらも欲しい、と思ってもバチは当たりません。

しかし、両立をするためにはコツがあります。

まずは、仕事に対する考え方を変えましょう。特に時短で働いているママは、復帰後に思うように仕事が進まず、「自分はもっとできるのに」などとジレンマを抱えることも多くあります。しかし、無理をして残業をすれば、子どもたちに負担をかけてしまうことがあります。そのため、限られた時間の中で最大限の効果が発揮できるような方法を見つけましょう。

また、「お迎えの時間は守る」といった育児に対する自分なりのルールを決めておくと、両立がうまくいくことが多いようです。

ママが大事にしたいことを転職で叶えていい

ママの転職活動には悩みが尽きませんし、ママだからこそ転職の際に大事にしたいことがありますよね。子育てを優先できる職場環境を望む人もいれば、残業がない職場、子育て中のママが多い職場などを望む人もいますし、そのすべてを叶えたいという人もいるでしょう。

しかし、大事にしたいことすべてを叶えることができる職場はなかなか見つからないと思います。そのため、自分はなにを大事にしたいのか、転職でなにを叶えたいのかについて、あらかじめじっくり考え、優先順位をつけておくようにしましょう。

そうすることで、そもそも今の会社で相談すれば叶うものだった、と気づくこともありますし、転職をした後の「こんなはずじゃなかった」を防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?子どもを育てながらの転職活動は、なかなかうまくいかないことが多いと思います。しかし、2人目の妊娠・出産と転職のタイミングを少し考えてみるだけで、案外うまくいくことが多いということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

子育てと仕事との両立は簡単なことではありませんが、子どもがいるからといっていろいろなことを諦める必要はありません。子どもがいるからこその望みを転職をとおして叶えていってくださいね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND