就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳をやめるにはどうしたらよい?ママも赤ちゃんもぐっすり眠ろう

添い乳をやめるにはどうしたらよい?ママも赤ちゃんもぐっすり眠ろう

ママが赤ちゃんの体に寄り添って、母乳をあげながら眠る「添い乳」スタイル。ママも一緒に体を休めることができるメリットもありますが、なかなかやめられないというデメリットもありますね。そろそろ添い乳を卒業したいと思っているママのために、その方法をご紹介します。

添い乳による3つの嬉しいメリット

夜の寝かしつけが楽になる

赤ちゃんに母乳をあげていると、そのまま赤ちゃんがウトウトして寝てしまうことがよくあります。ただ、敏感な赤ちゃんはママの乳首が口から離れたとたんに起きてしまうこともあり、ママが離れられなくて困ってしまうことがありますね。

そこで、授乳をしながらママも一緒に横になる「添い乳」を試してみると、寝不足気味のママも赤ちゃんも眠ることができ助かります。ママは授乳のたびに起きあがる必要がなくなりますので、夜のお世話は格段に楽になりますよ。

赤ちゃんは深い眠りに入ると、自然と乳首を口から離しますので、ママがタイミングを見計らって寝場所を変えることもできます。赤ちゃんが泣いたら、またママが横で授乳をはじめるとすぐ眠りにつくようになるでしょう。

赤ちゃんとのコミュニケーションになる

授乳はママと赤ちゃんが密着するので、母子最大のスキンシップともいえます。授乳をしながら眠る「添い乳」は、夜通し赤ちゃんとスキンシップをし、コミュニケーションをとっているといっても過言ではありません。

赤ちゃんは大好きなママの鼓動や息遣いを聞くことで、心から安心して眠ることができます。ママも小さな存在を胸の中に感じて、幸福感を得られるのです。

欧米では生まれてすぐに母子別室で眠ることが普通ですが、日本では居住環境も関係し、親子で並んで眠ることは珍しいことではありません。どちらが正しいということではありませんが、添い乳し、一緒に眠ることは赤ちゃんが小さい今しかできない貴重な経験であることは間違いありません。

体を休めることができるのでママに優しい

赤ちゃんのお世話の中でも授乳は回数も多く、夜中であってもお腹が減れば赤ちゃんは泣いてママを呼びます。そのたびにママは布団から出て、ミルクを用意したり授乳のために赤ちゃんを抱き上げたりしなくてはいけないので、どうしてもママは寝不足になりがちです。

寒い冬などは布団から出るのもつらいですね。そのまま眠れたらどんなに楽だろうと考えてしまいます。

添い乳であれば、赤ちゃんはすでに隣でスタンバイしていますので、ママは乳首を近づけるだけで授乳がはじめられます。楽なポジションをみつければ、ママもそのまま体を休めることができますね。

添い乳最大のメリットは、夜中の授乳によるママの体の負担が少ないことかもしれません。

添い乳による4つの気になるデメリット

赤ちゃんが窒息してしまう可能性がある

メリットもある添い乳ですが、もっとも気を付けたいデメリットが窒息のリスクです。母子が並んで横になり授乳をしていますので、疲れがたまっているママも同時に眠ってしまうことがあります。

ママが添い乳をしながら眠ることが悪いのではありませんが、そこで意識がなくなるとママの体が赤ちゃんに覆いかぶさり赤ちゃんが呼吸できなくなるリスクがあることを覚えておきましょう。胸の大きなママはとくに注意が必要です。

窒息のリスクを減らすために、ママと赤ちゃん双方の添い乳の姿勢に工夫が必要です。

赤ちゃんが虫歯になる可能性がある

添い乳は夜通し赤ちゃんが母乳を吸えるようになっています。とくに離乳食がはじまっている赤ちゃんには虫歯のリスクがあります。

歯が生えていてもメリハリのある授乳タイムでは虫歯のリスクも少ないのですが、添い乳のように口の中に母乳が長時間とどまるような飲み方だと、磨き残した離乳食のカスから虫歯菌が繁殖しやすくなります。添い乳はなかなかやめるのが難しいこともあり「歯が生えてきたからおしまい」とはいかないものなので、歯の健康を考えると添い乳はおすすめできないかもしれませんね。

ママの乳腺炎の原因になる

乳房が固くなり、痛みや発熱などがつらい乳腺炎も、添い乳によって発症するリスクがあります。胸が大きいママは要注意です。

乳腺炎はママの食事内容や体調、体質によっても発症することがありますが、添い乳ではいつも同じ乳房から吸われるため、反対側の乳房に乳腺炎ができてしまうことがあるようです。母乳は乳首を吸われることで分泌量が増えますが、片方は吸われているのに、もう片方が吸われないと母乳が溜まったままになり乳腺炎の原因になります。

ときどき寝返りをして、左右均等に与えるようにしたいですね。

母子ともに睡眠不足になってしまう

添い乳は母子ともによく眠れるような気がします。確かに、寝かしつけには最適ですし、ママが夜中に起き上がる回数は激減します。

ただ、添い乳をしていると赤ちゃんは満腹になる前に寝てしまうので、夜中に何度も起きてママの乳首を探します。ママもそのたびに姿勢や赤ちゃんの様子をチェックしなくてはいけないので、結局母子ともに眠りの浅い状態が続くことになりやすいのです。

「添い乳をやめたら赤ちゃんがまとめてぐっすり眠るようになった」というのはよく聞く話ですが本当ですよ。

添い乳をやめるための3つの方法

寝る前に白湯や麦茶を飲ませる

添い乳は大きくなったから自然にやめられるというものでもないようです。赤ちゃんのママのおっぱいに対する執着はとても大きいので、ママがやめようと思わなければ母乳と同じでやめるタイミングを逃してしまいがちです。

添い乳は授乳スタイルの一つなので、赤ちゃんのお腹を満たすという意味もあります。ですが、だんだんと眠りに入るために添い乳をすることが主流になるので、赤ちゃんは満腹になるまで吸わなくなってきます。

そこで、赤ちゃんを満腹にしてから眠りにつかせる方法を試してみましょう。夜寝かせる前に母乳やミルクをたっぷり飲めば、ぐっすり眠る可能性が増えます。寝る前や夜中に起きたときには、哺乳瓶で白湯や麦茶を飲ませてもよいですね。

絵本や子守歌など入眠の儀式を行う

そろそろ添い乳をやめたいと思ったら、添い乳に代わる入眠の儀式を習慣にしてみましょう。入眠儀式とは、寝る前に同じことを毎日繰り返すことで、赤ちゃん自身に「そろそろ寝る時間なんだな」と理解してもらうために行うものです。

儀式といってもかしこまる必要はなく、絵本の読み聞かせをしたり子守歌を歌ったりといった赤ちゃんの大好きなママとの触れ合いの時間でかまいません。添い乳もママとのスキンシップを求めてのことですので、寝る前の入眠儀式でたっぷりとママの愛情を受け取ることができれば赤ちゃんもすんなり寝てくれるかもしれませんね。

ただし、入眠儀式をしたとしても、赤ちゃんも最初のうちは添い乳を待っていますのでしばらくは我慢比べになりそうです。

日中たくさん遊び夜眠りやすくする

添い乳をしないで寝かしつけをするためには、しばらくママと赤ちゃんの体力勝負が必要です。添い乳をしないと決めたママと、添い乳をしなければ寝たくない赤ちゃんとの戦いとなってきます。

号泣してしまう赤ちゃんに根負けしてしまいそうになるママもいるかもしれませんが、ここはママも知恵を絞って赤ちゃんを日中たくさん遊ばせて眠りにつきやすくしておきましょう。添い乳をしないと寝ないといっても、眠たさが極限までくれば赤ちゃんだってそのまま寝てしまいます。

一度添い乳なしで眠ることができれば、翌日からは一日ごとに添い乳を求めてぐずる時間が減ってきます。ここまでくれば、ママも赤ちゃんもぐっすり眠れるまでもう少しですよ。

まとめ

添い乳をやめる方法は、断乳をする方法と似たような部分が多くあります。どちらもやめると決めたら徹底しないと、結局は赤ちゃんに根負けして元通りになってしまうことがありますね。

ですが、そこまでして赤ちゃんが添い乳を求めているということは、もっとスキンシップをとりたい、ママに甘えたいという気持ちの表れです。どうしてもママがつらくて仕方ないのでなければ、まだやめるときではないのかもしれませんね。

窒息など気を付けなければいけないこともありますが、赤ちゃんとママのタイミングでやめどきをみつけましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018