就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの傘での怪我を防ぎたい!安全な取り扱い方と怪我の実例を紹介

子どもの傘での怪我を防ぎたい!安全な取り扱い方と怪我の実例を紹介

梅雨や秋雨のころに活躍する傘は、カラフルな色や柄でゆううつな雨の日の気分を華やかにしてくれます。とくに、小さな子どもが傘を持って歩いている姿はかわいらしくて癒されますよね。しかし、傘は使い方を誤ると思わぬ怪我の原因になることがあります。今回は傘の安全な使い方と選び方、怪我の実例を紹介します。

子どもの持つ傘は危険?怪我実例3選

ジャンプ傘使用時の怪我

ボタンを押すと傘が開くジャンプ傘は、力が弱く腕が短い子どもでも簡単に傘を開くことができる便利なアイテムです。ワンタッチで傘が開く様子が好きな子どもも多いですよね。

しかし、傘に顔を近づけた状態で傘を開いたり、傘を閉じるときに手が滑ったりしたことで急に開いた傘が目に当たるという事故も起こっています。

傘の柄が顔に当たることもあるので、開閉するときは傘に顔を近づけないようにしましょう。傘の先を斜め下に向けて開閉すると安全ですよ。

また、安価な傘はボタンやロック部分が破損しやすく、閉じたときにロックがしっかりかからないことがあります。閉じた傘が突然開くこともあるので、ロックがかかっていることを確認してくださいね。

傘で友達を突いてしまった怪我

子どもは棒状のものを振り回して遊ぶことが好きです。傘を振り回しながら歩いたり、傘で草や木の枝を叩いたりしながら歩く子どもいますよね。

しかし、傘を振り回して遊ぶと周囲の人に傘が当たることがあり、お友達を傷つけてしまうかもしれません。また、傘で遊んでいるうちに興奮してお友達を傘で叩いてしまう、突いて怪我をさせてしまうことがあるかもしれませんね。

正しい傘の持ち方や、傘を振り回して遊ぶことは危険であること、チャンバラごっこなどはしないよう、事前に伝えておきましょう。

また、ケンカなどのときに傘で相手を叩いてしまった、突いてしまった場合は、傘の扱い方だけではなく暴力を振るってはいけないということも伝える必要があります。

大人の傘に当たった怪我

最近、SNSなどで話題になっている「水平持ち」や、買い物袋やバッグと一緒に腕にかける持ち方、バッグなどに引っ掛ける持ち方は、傘の先端が周囲にぶつかる可能性があります。

とくに、大人がそういった傘の持ち方をしていると、傘の先端が子どもの顔の高さと同じくらいになるので危険です。大人が持つ傘に当たって怪我をすることを防ぐため、傘を持った大人にはなるべく近づかないよう伝えておきましょう。

また、ママ自身が普段どんなふうに傘を持っているかもチェックしてくださいね。傘の先が真下を向き、持って歩いたときに先端がぶらぶら揺れない状態が安全です。

肩にかけて使える紐付きの傘袋を使うと、濡れた傘も安全に持つことができて便利ですよ。

子どもが安全に傘を使うために必要なこと

傘を与える適切な時期

子ども用の傘には対象年齢が2歳となっているものもあるため、道具としては2歳から持つことができます。

しかし、2歳では腕力や握力がまだ弱いため、傘を安定して持つことができません。歩き方もまだぎこちなく、バランスを崩しやすい子どもも多く、傘が風であおられたときに一緒に転倒することもあるので、傘を与える時期としては少し早いでしょう。

傘を与えるのは、腕力や周囲の状況を判断する力や、交通ルールも身についた4歳ごろが適切です。

ただし、傘を持つことに慣れていないうちは傘が傾いて濡れてしまうことがあります。慣れるまでは傘とレインコートを併用するか、ママが傘に手を添えて傘が傾かないようお手伝いするとよいですよ。

傘のサイズの正しい選び方

傘にはさまざまなサイズがありますが、子ども用の傘は大人用に比べるとサイズの種類が多くどれを購入すればよいかわかりにくいですよね。

大きい方が濡れなくてよいと考えてしまうかもしれませんが、大きな傘は重量も増えますので、力が弱い小さな子どもは傘を安定して持つことができません。

また、大きな傘で視線がさえぎられる、風であおられて転倒する危険性もありますので、大きな傘を持たせるのではなく、子どもの体に合ったサイズの傘を選んでくださいね。

就学前の子どもの傘は、傘の表示サイズの2倍から+15cmの範囲に子どもの身長が入るものを選ぶとよいでしょう。例えば45cmの傘は、身長90cm~105cmの子どもに最適なサイズです。

見通しや安全性を考慮したデザイン

子どもは大人に比べて身長が低いため視野が狭く、傘をさすと周囲がほとんど見えなくなってしまいます。一部が透明になっているタイプなら視線を完全にふさいでしまわないので安全ですよ。

また、傘の先端にある「石突」や、骨の先端についている「露先」は、傘を持って歩いているときや開閉のときに顔や体にぶつかる可能性があります。細く尖っていると怪我をしやすいので、先が丸くなっているデザインを選ぶとよいでしょう。

雨の日は薄暗くなりますので、遠くからでも目立つ黄色やオレンジなどがおすすめです。黒など暗い色は避けたほうがよいでしょう。

秋冬の夕方や夜間に使う場合は反射テープがついていると安心です。市販の反射ステッカーを貼ってもよいですね。

傘を使うときの約束と雨具の安全な使用方法

傘の開閉、さしているときの約束

子どもが1人で傘を使うとき、怪我をしやすいのが傘の開閉時です。とくにジャンプ傘は勢いよく傘が開くため、傘が顔を引っかいてしまう、バネの力で飛び上がった傘の先端が周囲の人にぶつかるということがあります。

手開き式の傘でもジャンプ式の傘でも、傘を開閉するときは傘の先端を斜め下に向け、顔を近づけないようにしましょう。開閉するときはほかの人から少し離れるとよいですね。

また、傘を閉じるときは「カチッ」と音がしてしっかりロックされるのを確認しましょう。

傘をさしているときは、傘が視線をふさいでしまわないよう注意が必要です。傘の柄を持ち、親骨を肩に軽くかけて持つと傘が前をふさぐ心配もなく、安定して傘を持つことができますよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事