就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

入園を控えた3歳児の昼寝はどうする?入園先別の家庭での関わり方

入園を控えた3歳児の昼寝はどうする?入園先別の家庭での関わり方

我が子の初めての入園となると、子どもだけでなく、パパやママもドキドキですよね。うまくなじんでくれるかどうか、不安でたまりません。そんなパパやママのために、幼稚園と保育園の生活の違いや、入園までにしておきたいことなどについてまとめます。これを読んで、少しでも心配ごとが軽減されたら嬉しいです。

幼稚園にいく場合の生活のリズムの整え方

幼稚園での1日の過ごし方

幼稚園での1日の過ごし方を見てみましょう。

登園時間は8~9時頃です。まず教室へ入って、出席簿のシールを貼ったり、荷物を所定の位置に置いたり、制服から動きやすい服装に着替えたりする園もあります。その後しばらくは自由遊びをします。

10時頃から、各教室へ戻って、クラスでの活動をします。絵を描いたり、体操したり、集団で遊んだり、工作をしたり、歌を歌ったり様々な活動をします。年長さんでは、文字や数字を学習することもあります。

昼食時間は、12時頃です。おうちから持ってきたお弁当や、幼稚園によっては給食のところもあります。食事後は再び自由遊びをします。

13時頃、クラスに分かれて帰り支度をして、14時前後に降園時間です。バスや保護者の迎えで帰ります。

幼稚園は昼寝の時間がない

スケジュールを見て、お気づきになった方もあるかもしれませんが、幼稚園では、昼寝の時間はありません。幼稚園は、「教育の一環としての預かりを行う施設」なので、保育園とは過ごし方が違ってくるのです。

幼稚園への入園を予定しているならば、入園準備として、昼寝の時間をなくしていく必要があります。最初は時間を短くして、徐々にお昼寝ゼロの日を作っていきます。できれば、幼稚園の降園時間である14時前後ぐらいまでは起きていられるように、体を慣らしておきましょう。

しばらくは、昼寝なしで起きているのがとても辛いと思います。そんなときは、降園時間を過ぎた時刻ぐらいから、ちょっとだけ昼寝をするとよいですよ。そして、夜は、できるだけ早めに寝るようにしましょう。

おうちでも幼稚園を意識して生活しよう

このように、幼稚園入園前には、幼稚園の生活リズムを意識して生活することが大切です。おうちと幼稚園で、時間の使い方に大きなズレがあると、そのことだけで子どもが疲れてしまいます。

午前中、幼稚園では、色々な活動をしていることが多いので、おうちでも、活動的な時間を多く取り入れましょう。公園へ散歩に行ったり、お友だちのおうちへ遊びに行ったりするのもよいですね。雨の日には、室内で絵本の読み聞かせなどもおすすめです。

そして、お昼ご飯の時間は、幼稚園の昼食時間にあわせましょう。初めは、お腹がすく時間とうまくタイミングがあわないかもしれませんが、続けることで、体が慣れてきます。「短い針が12になったら、お昼ご飯ね」と決めておくと、時間の感覚も身につきますよ。

保育園にいく場合の生活のリズムの整え方

保育園での1日の過ごし方

では、保育園はどうでしょう。一般的な日程を紹介します。

登園時間は8~9時頃です。すぐに教室へ入って、出席確認をしたり、荷物を置いたり、制服に着替えたり、その後しばらく自由遊びをしたりするのは、幼稚園と同じです。

10時頃から、各教室へ戻って、クラスでの活動をするのも同じです。活動内容は幼稚園と似ていますが、幼稚園と保育園はカリキュラムが違うので、その保育園独自の活動を入れているところが多いです。

昼食時間も、幼稚園と同じ12時頃ですが、保育園では、この後、昼寝の準備に入ります。昼寝は、13〜15時の、2時間ほどです。

昼寝から目覚めたら、おやつや自由遊びの時間になります。17時頃から帰り支度をして、バスやお迎えの時間にあわせて降園します。

保育園は昼寝の時間がある

保育園には昼寝の時間があります。昼寝の時間は全国一律ではなく、保育園ごとに独自に決めているものなので、それぞれ違いがありますが、一つの目安としては以下のとおりです。

0〜1歳児は、12時半〜15時の2時間半ほどです。2〜3歳児になりますと、13〜15時の2時間、3〜5歳児で、13〜14時の1時間ほどです。だんだん短くなっていくのが分かりますね。

ただし、これは、あくまでもお昼寝時間として設定されている時間帯のことで、寝つきが悪い子どももいれば、時間より早く起きてしまう子ども、中には、転がっているだけで昼寝をしない子どももいます。また、小学校入学前には昼寝をしない、あるいは最初から昼寝の時間が設定されてない保育園もあります。

保育園に入る前のおうちでの過ごし方

保育園に入る前には、幼稚園入園前と同様に、おうちでの過ごし方に気をつけておきましょう。できるだけ、保育園の日程にあわせて過ごすようにしておくと安心です。

午前中に活動的な時間を入れたり、お昼ご飯の時間をあわせたりするのは、幼稚園の入園準備と同じです。一つだけ違うのは、昼寝ができるということです。無理に起こしておく必要はないのですね。

しかし、注意しておきたいのは、昼寝の時間帯です。昼寝ができるのはよいのですが、おうちと保育園で、昼寝の時間が大きくズレていたら、お友だちが寝ているときに起きていて、みんなが遊んでいるときに眠くなることになります。おうちでの昼寝の時間帯が、保育園の昼寝の時間帯と同じになるよう、少しずつ体を慣らしておきましょう。

ママも子どもの生活リズムを意識しよう

昼間は子どもと体をいっぱい動かそう

入園前には、子どもと一緒に、体をいっぱい動かしましょう。天気がよければ、外遊びがおすすめです。外遊びには、入園後に役に立つ、よい影響がたくさんあります。

まずは、体が強くなります。抵抗力がついて、園でも病気にかかりにくくなります。それだけでなく、肺や内臓機能などを強化したり、身体能力をアップさせたり、夜ぐっすり眠れるようになったりします。

脳へのよい影響もありますよ。広い場所で色々考えながら夢中になって遊ぶことで、五感が発達し、集中力がつきます。感性と集中力が育てば、園での色々な活動に積極的に参加できるようになります。

また、お友だちと一緒に外遊びができれば、コミュニケーション能力が鍛えられて、入園後にお友だちを作るのが上手になることでしょう。

夜に寝ることは子どもの成長にかかせない

昼寝に限らず、寝ることは、子どもにとって大切です。特に、夜ぐっすり寝ることは、子どもの成長にかかせない、重要な要素です。

具体的には、子どもの睡眠が、成長ホルモンに大きく影響を与えるということです。成長ホルモンは、寝入ってから 1~2時間の間に最も大量に分泌されますので、そのときにぐっすりと寝ていないと、成長ホルモンの量が少なくなるということになります。十分に睡眠がとれないことが原因で、身長が伸びなくなるという説もあるくらいです。

どうしても寝つきが悪ければ、早起きする習慣をつけましょう。朝からカーテンを開けて部屋を明るくしたり、目覚ましとして子どもの好きな音楽をかけたりするのもよい方法です。朝早く起きれば、自然と、夜早くに眠くなります。

子どもの生活リズムにママがあわせてみよう

おうちでの生活が園の生活リズムにうまくあわせられないときは、ママも、子どもと一緒に生活リズムを作っていきましょう。家族全員の協力があると、さらにうまくいきますよ。

朝は、家族みんな、一斉に起きるようにします。ママが起きていれば、子どもも目が覚めます。

園でおやつがないのならば、ママも当分おやつは我慢です。ひとりで我慢するのが辛ければ、家族にも一緒に我慢してもらいましょう。

食事は、ママも子どもも園での時間にあわせます。食事時間は、生活のリズムを作るための重要な基準になりますので、毎回同じ時間に食べるようにしましょう。

園に昼寝があれば、ママも一緒に昼寝をして、夜、子どもが寝る時間には一斉に家の明かりを消します。これも、家族の協力が必須ですね。

まとめ

入園が近づいてくると、入園のための書類作成など、パパやママにはすることがいっぱいですが、まずは、子どもの生活リズムを整えたいものです。

事前に、園に見学に行ったり、パンフレットを参考にしたりしながら、大まかな生活リズムをつかんでおく必要があります。幼稚園や保育園、地域によって生活リズムは違うので、分からないことがあったら、園に直接聞いてみましょう。

最初は、食事の時間をあわせることから始めるとよいかもしれません。それを基準にして、少しずつ、生活全般のリズムをあわせていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR