就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

11月生まれの男の子に準備しよう!役立つ名付けや必要なものとは

11月生まれの男の子に準備しよう!役立つ名付けや必要なものとは

11月生まれの男の子に季節感を感じる名前を付けたいけどどのような名前がよいか迷っているママに、参考になる名前の例をご紹介します。また、11月生まれの赤ちゃんのために用意しておきたいものや、寒くなる季節に外出デビューすることになる赤ちゃんとの外出時の注意点もまとめました。

11月の出産に向けて準備するものとは?

秋冬生まれに便利なアイテムを準備しよう

11月といえば徐々に寒くなる季節です。赤ちゃんが寒いとかわいそうなので、暖かな肌着やベビーウェアを用意しようと考えているママもいると思います。大人であれば一枚で暖かい服でもよいのですが、赤ちゃんの場合は重ね着が基本となります。

寒くなる季節でも重宝するのは打合せ半袖肌着です。寒いときにはここに長肌着やベビーウェアを重ね着します。赤ちゃんは足の動きが活発なので、足の動きを妨げない裾が広い服を選ぶとよいですよ。さらに寒い時期に向けて暖かなベストなども用意するとよいですね。

赤ちゃんを抱っこしたりひざ掛けとしても使えるラップケットも便利なアイテムです。11月生まれの男の子の場合、中綿入りのキルト生地やパイル生地のものがおすすめです。

秋冬にマストな保湿グッズを用意しよう

赤ちゃんのお肌というと、ゆで卵のように柔らかく滑らかなイメージがありますが、実際にはデリケートで乾燥しがちです。秋冬は空気も乾燥していてカサカサになりやすく、ママでもお肌のトラブルを起こしやすい時期ですよね。赤ちゃんはママよりももっと乾燥しやすくトラブルを起こしやすいのです。

保湿をしっかりと行ってあげることで、薄くデリケートな赤ちゃんのお肌のバリア機能を高めてあげられます。乳児湿疹などの症状がある場合はかかりつけの病院で保湿クリームを処方してもらうと安心ですが、肌トラブルがないときには市販の保湿グッズが使えるので準備しておくとよいですね。

赤ちゃんに使う保湿グッズは、添加物ができるだけ含まれないもので刺激が少ないものを選びます。

秋冬用の新生児服を用意しよう

11月生まれの赤ちゃんの新生児期はちょうど冬の入り口になりますね。屋外は寒いものの、室内は比較的暖かな状態を保っている家も多くなります。必要以上に暖かな新生児服を用意してしまうと、着る機会を失う可能性もあります。

新生児服は生まれて1カ月ほどしか着ませんので、11月生まれの赤ちゃんの場合には、肌着を重ね着させたりベストやスリーパーなどを重ね着させたりしてしのぐのもおすすめです。

生後1カ月くらいから外出する機会も増えてきますが、それまでは室内で過ごすことになるため、新生児期に使いやすいツーウェイオールやベビードレスを用意するとよいですよ。長く使うものではないので、肌触りがよく暖かな素材でできたものを選ぶようにしましょう。

11月生まれの男の子におすすめの名前とは

11月生まれの男の子に人気の名前

11月生まれの有名人や偉人にあやかって名付けをするパパママも多いようです。

・武田信玄
・本田宗一郎
・松下幸之助
・田中将大
・野村将希
・木村拓哉
・小室哲哉
・長瀬智也
・手越祐也

このような人たちが11月生まれです。かなり存在感がありますね。

11月の別名から名前を付けるのもよいですよ。11月は霜月や一陽来復(いちようらいふく)といった異名があります。一陽来復は聞きなれないママもいるかもしれませんが「陰から陽へ気が回っていく」という意味があります。このため、「霜」や「陽」といった漢字を取り入れるのもおすすめです。

・霜真(そうま)
・霜也(そうや)
・陽大(たかひろ)
・陽斗(あきと)

特に「陽」は人気のある漢字ですよ。

秋冬の季節に由来した名前

秋から冬へと移り変わる季節でもある11月ですので、秋や冬という季節に由来する名前もよいですね。

11月の季語としては、野菊や紅葉といった朱色や黄色、橙の色あいの植物の名前があります。また、茶道では立冬の日が炉開きになることから吉祥といった言葉も使われます。「天高く馬肥ゆる秋」といった秋冬らしい言葉もあります。

「朱」「黄」「橙」「祥」「天」「高」「馬」といった漢字を名前に取り入れるのもよいですね。

・朱生(あきお)
・朱皇(すおう)
・黄河(こうが)
・橙己(だいき)
・橙吾(だいご)
・祥太(しょうた)
・祥智(さち)
・晴天(きよたか)
・高広(たかひろ)
・勝高(まさたか)
・拓馬(たくま)

このような名前もあります。

トレンドの漢字一文字の名前

名前というと漢字二文字の名前が多くみられますが、漢字一文字の名前も人気が高くなっています。赤ちゃんグッズを数多く販売している赤ちゃん本舗が行った「2018年上半期赤ちゃん命名・お名前ランキング」をみてみると、2018年上半期に男の子につけた名前の1位は「蓮(れん)」くんだったそうです。

ほかにも4位に「樹(いつき)」くん、6位に「湊(みなと)」くん、11位に「蒼(そう)」くんなどがあります。

では漢字一文字で、なおかつ11月生まれの男の子らしい名前にはどのようなものがあるかご紹介します。

・実(みのる)
・椋(りょう)
・駿(しゅん)
・柚(ゆず)
・楓(かえで)
・穂(すい)

一文字は覚えやすいメリットもありますね。

11月生まれの赤ちゃんに気をつけたいこと

季節の移り変わりに対応しよう

秋から本格的な冬へと季節が移っていく11月は、赤ちゃんグッズも防寒を意識したアイテムを用意しましょう。

ベビーカーを活用したいママの場合は、フットマフを用意しておくと便利です。フットマフは寝袋のような形をした防寒用品で、ベビーカーに座る赤ちゃんを冷たい風から守ってくれますよ。クリップがついていれば、抱っこ紐にも取付けられるため、抱っこで移動するときも活用できます。寒い外でも暖かに過ごせますね。

まだ髪も少ない赤ちゃんの頭を冷やさないために、帽子も2~3個用意するとよいですね。コットン素材のものならあせも吸収してくれるのでよいですよ。外出時は厚めの生地の帽子を用意するか、上着のフードを活用するのもおすすめです。

風邪予防やインフルエンザ対策をしよう

空気が乾燥し気温が下がる季節は、風邪症状を引き起こすRSウィルスやライノウイルス、さらにインフルエンザウイルスなどが活発化する時期です。風邪症状の原因の80~90%はこのようなウイルスで残りの原因は細菌です。

風邪症状を引き起こすウイルスは160種類以上もあるそうです。風邪が治ったと思ってもまた風邪をひいてしまうのは、別のウイルスが体に侵入するためなんですね。

赤ちゃんを風邪やインフルエンザのような感染症から守るためには、赤ちゃんの体にウイルスや細菌が入らないようにする必要があります。この時期はできるだけ人が多いところに外出しないようにします。パパやママが外出先から家にウイルスや細菌を持ち込まないことも大切ですね。

お出かけするときは注意点を守ろう

生後1カ月をすぎ、健診を終えると赤ちゃんも外出ができるようになります。ですが、外出時にはいくつかの注意点があります。

今まで家の中で過ごしていた赤ちゃんにとって、家の外の世界は強い刺激となります。まずは5~10分程度外の空気に触れさせる外気浴からはじめ、少しずつ外の空気に慣れさせ外出時間を伸ばしていきましょう。

風邪やインフルエンザにかからないよう人込みを避けることはもちろんですが、寒すぎる屋外は赤ちゃんにはまだ過酷な環境です。暖かい日中を選び、寒い日は無理に出かけないことも大切ですね。

赤ちゃんの排泄や授乳の間隔も短いため、出かけた先でおむつ交換をする場所があるか、授乳できる場所があるかも事前に確認しておくとよいですよ。

まとめ

11月生まれの赤ちゃんは、これから寒くなる季節にお出かけデビューを迎えることになりますので、外出時の防寒対策をちゃんと考えてあげたいですね。一方で暖かな室内では、体温調節ができるよう重ね着をさせてこまめに様子を見ることが必要です。

秋から冬にかけての生まれとなる11月生まれの男の子には、季節感のある名前をつけるのもよいですよね。名付けのトレンドにもなっている漢字一文字の名前も、秋や冬を感じさせる文字を使ってみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj